2010年9月14日

クライストチャーチ地震:詐欺師に注意

FairGoあたりでとんでもないビルダーをよく見ているのでそう思うのか、やはりでてきたという感は否めない。Trade関連の人々はある意味セールストークがひとつの武器なので、対応を間違えると詐欺師かそうでないのか最初に見分けるのは難しいかもしれない。

Cantabrians are being warned to watch out for fraudsters when Earthquake Commission (EQC) assessors call on owners of damaged homes this week.

損害を受けた家のオーナーに対し、EQCが詐欺師に注意するよう警告しました。



Gerry Brownlee, the minister in charge of reconstruction, said today homeowners should make sure the person they were talking to was genuine.

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/quake-day-10-warning-over-fraudsters-3774368

Gerry Brownleeは、ホームオーナーたちは誰と何を話していたのかしっかり確認をすべきだと注意を促している。

"They may knock on your door in many cases but they may contact you by phone," he said.

ほとんどがドア越しに接触を試みるが電話でも接触してくる。

"If someone contacts you by phone, don't give them your EQC number, ask them what your EQC number is. If they can't give it to you, hang up"

もし誰かが電話で接触してきた場合、絶対にあなたのEQC番号を彼らへ渡してはいけない、そして彼らが持つEQC番号を聞きだすこと。もし彼らがそれを拒むならば、電話をすぐにきってほしい。

該当する人は注意して下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿