2010年9月28日

海外からの投資基準を細分化

政府は海外投資家による大規模の農地などの売買の基準を引き締めたようです。この背景には中国からの農場買収が少なからず影響しています。

The Government has tightened foreign investment rules around the potential sale of big chunks of farmland to overseas buyers in response to public concerns over the bid for Crafar farms.

Announcing the results of a long awaited review of the overseas investment rules and legislation, finance minister Bill English said the Government had decided against changes to the Overseas Investment Act but had introduced "extra flexibility" to consider a wider range of issues including large-scale ownership of farmland.

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/personal-investment/news/article.cfm?c_id=71&objectid=10676419

気になるのはこの記事。


"Overall, the measures I'm announcing today strike an appropriate balance. They increase ministerial flexibility to consider a wide range of issues when assessing overseas investments in sensitive land, while at the same time they provide extra clarity and certainty for potential investors and the Overseas Investment Office."

大きな疑問がここにある。それはどの土地がセンシティブでどの土地がそうでないのか?昨日のTVをみていると、政治記者が”この点はまったくわからない”と述べていた。

現時点においては、もし投資しようとしている土地がセンシティブかどうかは、政府の意向でどうにでもなると解釈されてもおかしくはない。ただ、ここに現政府が抱えているジレンマが隠されているように思える。

海外からの投資はのどから手が出るほどほしいが、その投資に口出しができる状態にしていないと”乗っ取られ”てしまい、おそらくはそこから得られる利益(税金を含め)がコントロールできなくなることを憂慮している。ここで述べられている”適切なバランス”は、おそらくは投資環境を自由にすればするほど資金の流れは活発になるが、得られる収入がそれに見合うのか、そして就労関係にも影響を及ぼすので慎重にならざるを得ない状況だと思われる。

0 件のコメント:

コメントを投稿