2010年9月25日

経済回復について意見が異なる政府

FinanceのBill Englishが会見で述べたものです。何かすっきりしない感は否めません。

"GDP figures today show the economy is continuing to recover - although it remains clear that this recovery will be bumpy at times," English said.

GDPが経済の回復をしめしている、ただしこの回復基調は浮き沈みの激しいものになると述べた。


"The latest quarterly growth was below expectations, but it reflects the patchy nature of this recovery. Total domestic spending fell slightly. By contrast, export volumes have increased 7% from their lows of 2008 and they had their second strongest quarter on record.

最新の4半期の成長は予想より下がっていたが、これは不完全な回復を反映したものではない。国内消費合計はわずかに下がっている。それはさておき、輸出額は低調だった2008よりも7%上昇しており、この4半期に2番目にいい業績を上げている。

"This trend towards saving and exporting more, and spending and borrowing less, is what New Zealand needs to build stronger long-term growth."

この傾向は貯蓄や輸出の増加、消費と借り入れの減少に向かうものであり、これこそがニュージーランドが長期的に成長するために必要としているものである。

English said the government's tax package next week will further help the economy.

Englishは来週から実施される政府支援の税法案が経済をさらに助けるだろうと述べた。

"The tax changes will boost New Zealand's longer-term growth prospects by tilting the economy towards savings, investment and exports and away from borrowing, housing speculation and consumption.

税の改定が、お金の流れを不動産投資や消費から、貯蓄、投資や輸出へ手向けることにより、ニュージーランドの長期的な経済成長を後押しするだろう。

CTU says growth figure "a shocker"

GDP成長率は衝撃であるとCTUはいう。

However, the CTU said the growth in GDP should be a call to further action by the government.

ただしGDP内における成長については政府の今後の行動次第だと述べた。

"The result underlines concerns that the recovery is stalling," said CTU Economist and Policy Director Bill Rosenberg.

結果が想定より下がったのは回復が失速しているからだと、CTUの経済担当のBill Rosenbergは述べている。

"It is not good news for employment growth and for reducing the high level of unemployment. The government should be looking at further measures to boost activity in the economy and support for people who have lost their jobs. The Reserve Bank should continue to resist rises in interest rates."

それは雇用の伸びと高失業率の減少にとっていいニュースではない。政府は経済を活性化させるためにさらなる方策等を探し、失業者を支援すべき。準備銀行は金利の利率をあげないよう耐え続けるべきである。

The CTU said the earthquake in Christchurch occurred after the period reported, and its immediate effect will be a further reduction in economic activity.

CTUはこのレポートが示す期間はクライストチャーチ地震が起こる前であるため、(震災の復興による負債から)さらなる減少が経済活動に影響すると述べた。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/business-news/english-cites-growth-despite-poor-gdp-3798669

CTUはあまりたいしたことを言っていないが、遠まわしにそれは違うと指摘している。

去年Bill Englishが真顔で述べた"現在の政府が抱える負債を返済するのに20年かかる"がちょっと記憶にひっかかっており、今回彼が述べたことが少し詭弁に聞こえる。端的にいえば、レポート内で見栄えのいいところだけ抜き取って説明している感が否めない。貯蓄と投資の文字がならんでいることから、金融で収入を補いたいのが暗に伝わってくる。

現に、いまのニュージーランド経済はとても楽観できる状況ではなく、投資を引き上げる企業が少なくない(だから今回法人税を下げた)。もっといえば、短期的に利益を生む投資先が今のニュージーランドにはないので、もうしばらくは今の低調な経済回復が続くものとみられる。

0 件のコメント:

コメントを投稿