2010年9月23日

ニュージーランド経済は好調?

景気予報官は、6月から指摘されていた成長率に陰りが見えるが、ニュージーランド経済はリカバリーを示しており、
4半期の調査では(2011年度3月末にプラスになるよう)いまだ楽観的な立場を期待している。すでに述べたように、ニュージーランドのGDPは予想より悪化している。

Forecasters expect the New Zealand economy to continue recovering, but optimism about the rate of growth has waned since June, according to a quarterly survey. Gross domestic product (GDP) is expected to grow by 2.8 per cent in the year ended March 2011, according to the average of 10 forecasts compiled by the New Zealand Institute of Economic Research.

ネタ元:http://news.smh.com.au/breaking-news-business/nzs-economic-outlook-still-positive-20100921-15kz7.html

この記事で気になるのは、以下のところ。

The unemployment rate is not expected to improve for nearly two years, with a 6.2 per cent rate predicted next year following the latest rise in unemployment to 6.8 per cent from 6 per cent.

ここ2年ほど失業率に改善の兆しはなく来年が6.2%、最新の情報では6%から6.8%へ増加している。

The rate is expected to improve to 5.3 per cent in the March 2013 year as the economic recovery picks up momentum.

おそらく2013年3月中には失業率が5.3%に経済が上向きになるにつれ改善されるものと予測している。

The outlook is also negative for the trade balance as imports outpace exports, and the current account balance is forecast to worsen again.

展望では輸入が輸出をしのいでおり(収入が少ない)、現在の会計が再度悪くなる見通しになっている。インフレ率が3%以下に抑えられているので、まだ庶民はしのげるが、10月に実施されるGSTの増税(12.5%から15%)が、来年度の会計にどれだけ影響を与えるのか、とても気になる。

0 件のコメント:

コメントを投稿