2010年9月17日

ちょっと明るい話題を。

ニュージーランドは主に地理的なことも含め世界で一番安全かつ平和な国です。日本人がイメージするスイスに住むことよりも全然安全といっても過言ではないようです(行ったことはありません(笑)でもヨーロッパを知る人から言わせると常識らしいです)。

ウソかホントか、ニュージーランドに観光目的ではなく、移住目的(またはその準備等)でいらっしゃる日本人が増えているらしいです。日本人の移住先にはカナダ、東南アジアも候補にあがっているようですが、気候や治安その他を考えると、NZかAUSの選択になることが多いようです。AUSの永住権はNZのそれと比べて厳しいので、NZへの移住が増えている要因だと思います。

かなり無責任なことをいわせてもらえば、日本の退職金をそのまま持ち込めばまだなんとか土地つき一戸建て3LDKガレージつきは確実に手に入れられるんじゃないかと思います(注:当然ながら退職金の金額によります)。なので、わりと簡単に新しい生活を始められます。

スキーが好きな人はクイーンズタウン、スキーもいいがもう少し街に住みたいひとはクライストチャーチ(いまちょっと大変ですが)、アウトドアが好きなひとはロトルア、海風を感じながら街に住みたい人はウェリントン、温かい気候と身近な海そして多国籍を満喫したい人はオークランドで、こんな感じで住む都市によって赴きがかなりかわってきます。

で、お勧めしたいのはニュージーランドを移住先に考えられている方はなるべく多くの都市を回ってみてから決断されてみてはいかがでしょうか?地方都市もいいところがあり、コロマンデルやタウランガ、ホークスベイ、ポリルア、ダニーデンも夏はわりと過ごしやすいです。他にも住み良いところはたくさんあります。そのへんはのちほど。

0 件のコメント:

コメントを投稿