2010年9月27日

増え続ける肥満幼児

学校へ上がる前の幼児の肥満が増えているようです。保険専門家は、肥満幼児がおそろしいほどの数になっており、政府はこの傾向に対し、何もしていないと述べています。

肥満幼児または過体重は全国で13,000人、
うち1200がカンタベリーで報告されています。

In total, 13,000 children weighed in as overweight or obese, including 1200 from Canterbury.

Only 0.4 per cent of the most obese children were referred for help with their weight – 32 in Canterbury and 293 nationwide. Parents were instead given information about healthy eating and healthy activity.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/health/4166967/Number-of-obese-Kiwi-children-scary

わずか0.4%のうち、そのほとんどの肥満児が自分の体重に助けがいるとのこと。その数、カンタベリーで32人、全国で293人。保護者からは食生活や運動についての情報は得られなかった模様。

あと目を引いたのはこの記事。

New Zealand is the third-fattest country in the developed world, a new report says. More than half of the New Zealand adult population is overweight, while 27 per cent would be considered obese, the report said.

OECDのデータから、ニュージーランドに住む成人約半数が過体重でそのうち27%が肥満に相当するとのこと。これはOECD諸国の中で堂々3位の肥満国家である。

おそらく国がすこしだけ豊かになったのも原因のひとつだと思うが、ジャンクフードが増え続ける半面、まともな調理野菜を売らない市場も考えものだと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿