2010年9月25日

尖閣諸島についてひとこと

あくまで推論だが、おそらく政府がいいたいのは、もともと領土の問題でも外交の問題でもないので、国内で適用される法律を元に地検が判断してもなんら問題はない、むしろ大きく騒ぎ立てるほうが(中国が望んでいる)領土問題と混同する結果となり、間違った対応だと諭しているように思える。

政府がその地検の判断を十分に尊重し曲げていないのであれば、おそらくそれは正しいのかもしれない。前原外相のコメントをみて、まったく策がないとも思えない印象を受けた。

もしそうだとすると、同じような船が同じ海域に進入した場合、また拿捕しないといけない、またはするべきだと思う。もしそれが、同じように公務執行妨害を犯した場合、処分保留になるとしても。

だから現政権が今回の判断に正当性があると信じるならば、尖閣諸島の違法操業をすべて摘発するなど前向きな行動をとるべき。今回は大目に見たが、これからは厳しく取り締まると行動で示せばいい。

しばらく動向を注視したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿