2010年9月28日

The Hobbitでストか?

Peter Jackson (ピータージャクソン) 監督のThe Hobbitで揉め事が起きているようです。いろんなとこで書かれていて(ハリウッドゴシップにもある)どれが核心なのかちょっとややこしい。

New Zealand film industry bodies are backing Sir Peter Jackson's crusade against the Australian union calling for industrial action targeting his film adaption of J.R.R. Tolkien's The Hobbit.

ネタ元:http://tvnz.co.nz/entertainment-news/jackson-s-crusade-gets-nz-industry-backing-3804240

問題は、俳優達と契約条件で折り合いがついておらず、
もしかするとストの可能性があるということ。このThe HobbitはNew Zealand Actor's Equityが管理しており、この団体はオーストラリアのThe Media, Entertainment and Arts Alliance (MEAA)の傘下または提携団体とのこと。

端的にいえば、交渉権なしのコントラクトは違法で(背景には団体によりコントラクトがあるなしにより優遇等あり)、俳優側はそれに対してストを起こすことも辞さないといっている模様。ピータージャクソン監督は別にここですべてを撮らなくてもよそで撮るからいいみたいなことをいっているらしい(このへん記事元で違いあり)。

明日にも話し合いが持たれるとのこと。なので、詳細がはっきりすればまたアップします。

0 件のコメント:

コメントを投稿