2010年9月13日

Whitebaiter rescued twice

Whitebaitという日本でいうシラスの漁をNZでは個人で手軽に楽しむことができるため、よく河口付近で大きな網をもってシラスを捕っている人々を見かける。

A whitebaiter swept out to sea and rescued by Coastguard this morning, also had to be pulled out of the river yesterday, police say. The man, thought to be in his 50s, was spotted floating down the Ngaruroro River in Clive, Hawke's Bay, this morning by another whitebaiter and spent about an hour in the water before being pulled unharmed from the sea by Coastguard.

  
このほど2名ほど川から海へ流され、このうちの50頃の男性は一時間ほど漂流したのちコーストガードに救出された模様。網を持ち、魚を探すべくずっと顔を下向きにしたまま網をすくっていると平衡感覚がおかしくなり、川の流れがわからなくなることがあるので、漁をしている人は注意されたし。

0 件のコメント:

コメントを投稿