2010年11月30日

唯一の友達がSPCAに捕らわれる

ロワーハット(Lower Hutt)に住むごくまれな遺伝子異常を持つ少年が飼っていた犬をSPCAが差し押さえ保護していることが話題になっている。

ブルックリン・グリフェンズ(Brooklyn Griffen's)君のお母さんは、自分の車を売り払い、キャバリエ・キングチャールズ・スパニエル(cavalier King Charles spaniel puppy)の子犬を、9歳になる息子へ一年前に買ってあげた。


ウェリントンで列車が大幅遅延

昨日月曜日の4:30pmに故障が発生し、一時間ほどの遅延が発生。ジョンソンヴィウル行きの列車以外のすべての乗客が駅で立ち往生することになった。

故障が起きたのがラッシュアワーピーク時のため、残念ながら(前回の事故では用意された)代替交通機関としてのバスが用意されることはなかったが、列車は5:30pmから故障の原因を突き止めることなく(強制)運行を始め、これにより、遅延していたスケジュールすべて通常へ戻すことができたとのこと。

別の記事を参照すると、その原因はコンピュータシステムによる信号とポイント制御に不具合があったものとみられている。

ちなみにこの列車を運行している会社がトランツ・メトロ(Tranz Metro)で、一日に約35,000人の乗客を運んでいる。現在$500mを投入し、ウェリントン地域の列車網を改善している。

ネタ元:http://www.radionz.co.nz/news/regional/62932/rail-problems-delay-thousands-in-capital

ロワーハットで不発弾騒ぎ

ロワーハット(Lower Huttt)に住む男性が、彼の家の下から砲弾状の金属物を発見し、一時非難する騒ぎがあった。

現場は一時騒然となり、2:45pmから立ち入り禁止、陸軍のエキスパートが除去にあたった。

エキスパートによるとその砲弾は、海軍で使用されていた20パウンドの装甲穿孔砲弾だった(naval 20 pounder armour piercing shells )とのこと。なので、本物の砲弾で間違いではない。幸い生きている状態ではなかったので、爆発の可能性はなかったらしい。

おそらくこんな感じの砲弾だったのではないかと思います(あくまで参考です)。


もしこのような金属物を見つけたら触らず警察へ。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4398247/Residents-evacuated-after-shells-found

AMPとAXAが合併へ

A$13b(NZ$17b)の合併になるとのこと。AMPは生命保険2番手の位置を堅持するのにとてもよい合併になると述べている。

従業員の統合がオーストラリア、ニュージーランド共にすでに進められている。従業員数(統合後)が672人、顧客管理(アドバイザー)が705人在籍している。覚書まで。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/industries/4402362/AMP-AXA-to-merge-NZ-businesses

ウェリントン空港に緊急事態が発生

ウェリントン(Wellington)発ダニーデン(Dunedin)行NZ5043便が飛び立ったその直後にコックピットから煙のような異臭があり、そのままウェリントン空港に引き返す事故が発生した。

運行会社はエアニュージーランド傘下にあるMount Cook Airlineで、機体は、66シートのATR Twin-Propeller Plane、59人の乗客を乗せていた。空港には9台の消防車と救急隊が待機したが出動はなかった模様。現在機体はチェックされ問題がなければ次のフライトに使われるとのこと。

プロペラ機のほうが事故が少ないといわれているので安心して乗っているが、あの機体の古さは大丈夫なのか時折心配になってくることがある。深刻な故障でないことを祈りたい。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4402921/Landing-plane-sparks-Wellington-alert

2010年11月29日

オークランド空港の誘導灯故障

土曜日の夜8:10pmにオークランド空港の誘導灯が故障、そのまま8時間もの間復帰できなかったため、数千人の旅行者と18ものフライト(17国際線+1国内線)に影響が出ていたが、今日から本格的な復旧作業が実施され修復した模様。

原因は落雷による電線の故障と見られているが、詳細を明らかにするためまもなく調査が行われるとのこと。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4400691/Auckland-airport-runway-lights-cable-work-begins

想像妊娠で猫に授乳する犬

シャイラ(またはシーラ、Shyla)はチワワとフォックス(chihuahua-foxy-cross)との雑種で、彼女は一度も子犬を身ごもったことがないのにも関わらず、毎年数匹の子猫に授乳しているそうです。


動物病院で働きSPCAのボランティアをしている、オーナーのアンジェラ・マックフォール(Angela McFall)さんによると、シャイラは3年前に想像妊娠をしてから、毎年一度だけ決まった時期に母乳がでるようになったとのこと。

"彼女がそれに気づいているのか? 彼女は一度も子犬を身ごもったことがないし、授乳させているそれが子猫であっても子犬であっても、その違いはわからないと思うわ。"と、マックフォールさんは述べた。

ニュージーランドでは、いつもクリスマス時期にペットを贈り物にしないように警告が出されている。それにも関わらず、心無い持ち主が彼らを野に放ったり、SPCA(動物虐待防止協会:Society for the Prevention of Cruelty to Animals)に持ち込んだり、その毎年保護されるペット数が減少したということを聞いたことがない。彼女が所属するSouthIsland SPCAでは、シーズンの始まりにも関わらず、すでに満杯になっているとのこと。

満杯で行き所のなくなった彼らが行き着くところは天国しかない。誰も飼うなとはいえない。事情が変わることもあるしそれを避けることができないことだってある。でも飼うなら責任を持って最後まで養うべきだし、それができないならせめて里親を探してほしいと強く思う。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/cutestuff/4400012/Maternal-dog-raises-kitten-litters

10月のオーストラリア行き最大に

Total seasonally adjusted permanent and long term (PLT) departures of 6,610 in October was up from 6,200 in September, and 4,680 in October 2009.

2010年10月にニュージーランドを長期または永久に出国した人々は6,610人にのぼり、これは2009年9月の6,200人、10月の4,680人を大きく上回った。

However, permanent arrivals of migrants also rose, meaning net permanent and long term migration to New Zealand continued to trend upward in October.

しかしながら、ニュージーランドに永住目的で入国する移民が増えており、長期的にみれば10月において継続的に増加傾向であることが確認された。

Seasonally adjusted figures show a net 680 permanent and long term migrants arrived in October, and although this was down from 1,030 in September, Statistics New Zealand's trend series for the figures continued to rise from a low in May this year.

長期または永住目的で入国した移民は10月で680人で、これは9月の1030人から減少に転じているが、今年5月からの統計では引き続き増加傾向を示している。この減少は、ニュージーランドからオーストラリアへ移動した人数分が減少しているのに等しい。

There were 3,031 permanent or long-term (PLT) departures from New Zealand to Australia during the month, up from 1,851 in October 2009, figures show. There were 2,681 New Zealand residents who left to live in Australia, up from 1,573 in October 2009 but down from 3,279 in the peak outflow month of October 2008.

2009年10月に長期または永住目的でオーストラリアへ向かった人数は1,851人で、2010年10月では3,031人へ大きく増加している。そのうち2,681人がニュージーランド居住だった人々で、1,573人から増加している。2008年10月には3,279人がオーストラリアへ移住している。

(中略)

最近ずっと同じ傾向が続いており、近いうちにニュージーランド経済に具体的に好ましい動きがない限り、今後もしばらくはオーストラリアへの移動は増えるかもしれない。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=10689301

2010年11月28日

NZ経済誌が選ぶ2010の車

2010年の最優秀車は:

BMW 5 Series

でした。


選考車種: Mercedes E-Class, Jaguar XJ, Audi A8 他

下馬評も高くメディアの扱いも際立っていたAudi A8は、ニュージーランド市場に投入されたモデルが唯一ディーゼルエンジンのみ。なので、もし海外市場に投入されているガソリン車もそのモデルバリエーションに入っていればもしかするとAudiがトップを取れたような気もします。ただ、BMWは以前からニュージーランドでは人気が高く常勝車なので結果を見ても違和感はあまりなさそうです。どちらの車も最近街でよくみかける車にもなりつつありますが、若干BMWのほうが台数が多いように感じられるので、人々の嗜好はやはりBMWのほうかもしれません。

ネタ元:http://www.nbr.co.nz/article/nbr-car-year-awards-2010-133762

2010年11月27日

500人の遺族が現場へ

お別れを伝えるため10台以上の白いバスが友人・知人を含む遺族約500人を29人が眠るパイク・リバー炭鉱へ連れ立った。詳細は控えるが、記事の内容を見る限り、誰一人として現実を受け入れられていない状況が伺える。


あのクライストチャーチ地震でさえ死者がでなかった、だから今度も大丈夫だと思っていた人々はたくさんいたと思う。少なくとも事故発生から3日までは楽観視していた向きさえあった。ただし、今回は条件が悪すぎた。再爆発を想定してはいたが、何の手立てもできずにそれを許してしまった。このあたりの対応や遅延に関して非難している遺族の方々もいる。気持ちはわからないでもない(注:近代設備のある鉱山であれば、このようなことは起こらなかった可能性も指摘されている)。

現場は昨日の3回目の爆発で、その望みがほとんど絶望へと押しやられている。ただし、被害者の家族でなくとも、彼らを”救出”しない限り終わらない出来事であり、少なくとも、最後の状況だけは知りたいと思う人々がほとんどだと思う。しかしながら、いまなお引火の危険性がなくならないため、”救出”は行えない、とのこと(24時間以内に有毒ガスの除去はできるものとみられている)。

(1回目よりも爆発の規模が大きかったと報告されている)2回目の爆発があったとき、その時たまたまSkynewsを観ていて、しばらくするとメルボルンの鉱山エキスパートが、まだ誰か生きている可能性はある、と言っていた。彼の真意をはかりかねるが、いま思えば絶望するにはまだ早いといいたかったのかもしれない。

そのあと首相のジョン・キーが声明を出していた。涙声で語る彼のスピーチを聞いていると、その損害はニュージーランドにとってかなり大きいものだと実感せざるを得なかった。政府は遺族へACCを通してできる限りのサポートをすると明言していました。これがその時の映像です。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/pike-river-mine-disaster/4398039/Families-make-sad-trip-to-mine

2010年11月26日

22万ドルの麻薬を運ぶお婆さん

Thousands of dollars worth of methamphetamine was flown to Wellington in the padlocked suitcase of a 54-year-old grandmother who planned to deal it from her state house in Johnsonville.

ジョンソンヴィルにある政府補助の家に住む54歳のお婆さんが数千ドルにものぼるメタンフェタミンをスーツケースに詰め込み、飛行機を使ってウェリントンへ運ぼうとしてたところ逮捕された。


2010年11月25日

性的暴行容疑者が死亡

この記事の続きです。旅行者を拉致、性的暴行の容疑で12月7日に裁判が予定されていた容疑者が拘留されていた場所で死亡したとのこと。

警察は死因を明らかにしておらず、それ以上のコメントを拒否している。

何か事情がありそうなので、覚書まで。

The 33-year-old man, who died in custody overnight at a Waikato correctional facilty, is understood to have previous convictions for abduction.

Police said they were not seeking anyone in relation to the death and the matter had been reported to the Coroner. A police spokesman declined to comment further.

The man appeared in the Hamilton District Court last week charged with abducting and sexually assaulting men in the city. He was granted name suppression at the time.

He faced 10 sex charges including two counts of abduction, five counts of sexual violation and one of indecent assault.

The man was due to reappear in court on December 7. News of his death came as a third complainant today came forward in relation to another alleged attack in the city on November 1.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/crime/4359056/Male-sex-accused-found-dead

医療事故の増加

公立病院での医療ミスが増加しており、1年前の308件から374件に、そのうち127件がそのミスにより死亡している。

Auckland DHB - Baby taken from hospital without approval. Social worker had failed to identify risks in an adoption case.

オークランドDHB - 許可なしで乳児が退院。ソーシャルワーカーは親族であるかどうかの認証を怠った。

Auckland - Patient died from meningococcal blood poisoning. Case wrongly thought at first to be viral, rather than bacterial. Patient left waiting too long, insufficient recordings were made of vital signs and treatment delayed.

オークランド - 患者は髄膜炎菌性敗血で死亡。バクテリアよりも致命的なものであると間違って考えられていた。患者はかなり待たされた挙句、その治療が遅れ致命的な症状がみられたため不十分な記録をつくる原因となった。

Auckland - Wrong sperm was used for donor insemination because an unused sperm container had not been discarded and the label was not detected as being incorrect. No pregnancy resulted.

オークランド - 間違った精子が人工授精のドナーへ使用された。使用されない精子を保管していたコンテナが除かれていなかったこととラベルなどの表示がなく不正確だった。妊娠の結果はなかった。

Auckland - "Grossly inadequate" ventilation of intensive care patient during an MRI scan. Subsequent death was unrelated.

オークランド - 集中治療の患者がMRIスキャンのさいに行われた換気が著しく不適切。その後に続く患者の死亡には関連がない。

Auckland - Mother with baby accidentally fell asleep in parent room, suffocating the baby. Breastfeeding chairs and "safe sleeping" signs have been installed.

オークランド - 母親と乳児がペアレントルームでうっかり眠りに落ちてしまい、乳児が窒息する危険にさらされた。母乳を与えるための椅子が用意され、安全に眠りましょう、というサインが部屋につけられた。

Counties Manukau - Abdominal lacerations from protruding metal on a commode toilet chair. Patient required surgery. Old commode chairs fixed.

カウンティズマヌカウ - 移動式のトイレ椅子にあった金属突起物で異常な裂傷により損傷、患者は手術が必要となる。古い移動式のトイレ椅子は修理された。

Counties Manukau - Baby died after delay in identifying fetal distress during labour. Systems errors subsequently rectified, including the fact that a fetal monitoring machine's alarm was switched off by automatic default without staff knowing.

カウンティズマヌカウ - 分娩時に胎児仮死であるかどうかの証明が遅れたあとで乳児が死亡。患者の様子をモニターし(通常は)スタッフに異常を知らせるシステムのアラームがスタッフが知ることなく自動かつデフォルトで消されていた。この要因を含むシステムエラーによる事故と修正された。

Bay of Plenty - Patient inhaled stomach contents when anaesthetic given and subsequently died. Attributed to lack of communication leading to a naso-gastric tube not being inserted before the patient was anaesthetised.

ベイオブプレンティ - 患者が麻酔がかけられている状態で胃の内容物を吸い込んだため死亡。コミュニケーションの欠如が原因だと考えられている。麻酔医が麻酔をかける前に患者は胃へのチューブが挿入されていなかった。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/health/news/article.cfm?c_id=204&objectid=10688349

2010年11月24日

複数の警察官が虚偽書類に関与

残念ながら他の記事のインパクトが大きすぎてこの記事はあまり大きく報じられていないが、これは以前テレビでも取り上げられた事件で、17歳と警察車両が衝突事故を起こし、警察車両に明らかな過失があるにも関わらず、事故調査書を偽装し17歳の少年へその罪を着せていた事件の続報で、今回オタゴ警察にもうひとりの警察官がその事故調査書の偽装の関与を認めたことが明らかになった。彼らが内部やっていたことは物凄く悪質で、国家権力の乱用であり相応の刑を付すべき事件である。7ヶ月の自宅謹慎ではその罰は少なすぎる。

A former Central Otago policewoman has been sentenced to seven month's home detention for wilfully attempting to pervert the course of justice in an investigation into a car crash involving another officer.

オタゴ警察に努めていた警察官は、事故調査の虚偽に関わる容疑において7ヶ月の自宅謹慎を言い渡された。

Dairne Olwen Cassidy, 40, a former constable, was sentenced in Alexandra District Court today after earlier admitting the charge, the Otago Daily Times reported.

40歳で巡査官だったDairne Olwen Cassidyはオタゴ地方裁判所で有罪判決を受けた。

Cassidy was in charge of the investigation into the collision between Senior Constable Neil Ford and Shane Cribb, then 17, near Alexandra in 2005.

彼女は2005年に起きた、同僚のシニア警察官Neil Fordと17歳のShane Cribbが運転していた車両との事故調書において容疑が掛けられていた。

Ford claimed Mr Cribb was to blame for the accident and the teenager was convicted of careless driving causing injury. However, it later transpired he had lied to a court about how the accident happened and Mr Cribb was cleared of blame.

Fordは裁判所でウソの供述をし、過失は不注意な運転をしていたShane Cribbにあると主張し非難していた。そのあと、本人の出した調書記録と目撃者の証言から嘘がばれてしまい、Shane Cribbへ罪がないことが明らかになった。

Cassidy saw Ford's statement on the crash, which was quite different to what he said when she was the first officer on the scene.

Cassidyはその事故現場の光景と、Fordが出した事故調書がまったく違うものであることを見た最初の人物だった。

Ford, 56, was jailed for two years and four months in September for perjury.

56歳のFordは偽証罪により2年と4ヶ月の禁固刑により刑務所に収監されている。

Cassidy's lawyer Bill Dawkins said his client was "deeply ashamed" of the impact her actions had on Mr Cribb, her family and friends, the wider Alexandra community and on herself.

Cassidyの弁護士は彼女がその少年に対し行った行動において、少年と、彼の家族や友達、そしてアレキサンドラ(Alexandra)社会へ、く反省していると述べた。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10688359

視聴者はヘンリーを求めていない

たくさんのニュージーランドのメディアが、ポール・ヘンリーが去ったあとのブレックファストの視聴者が激減していると報道していたのを今回TVNZが全面的に否定している。

TVNZのスポークスマンは、事の発端は11月7日付日曜日のヘラルド新聞で、ヘンリーの写真がトップページに飾られブレックファストの視聴率が急落した、と報じたものがその原因だと述べた。

TVNZが示したチャートによると、ヘンリーがそれを発言する前の週の視聴率が3.6%で、彼の退職騒動のあった週には4.8%、そしてそのあとの4週間の平均は4.3%から4.6%の間を推移している。(つまり失言に騒動により視聴率が上下しただけで彼のパーソナリティなどの影響ではないと暗に否定している)


さらっとみて不自然だなと思ったのは、別にこれにわざわざ時間を割いてまで否定しなくてもいいと思う。人々の注目が上がれば視聴率も上がるし、興味がなくなればそれまで。なので、もしかするヘンリーを擁護する言論の自由を主張するメディア側とヘンリーに責任を押し付けそれに制限を加えようとするTVNZの対立にも見えなくはない。この辺の背景は当ブログのこちらを参照にしてみて下さい(ポール・ヘンリーからの意見なのでかなりバイアスはかかっています)。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/entertainment/tv/4360765/Viewers-didn-t-follow-Henry-TVNZ

2010年11月23日

ロシア・ベラルーシ・カザフとの自由貿易

Free trade negotiations with Russia, Belarus and Kazakhstan are another step forward in securing the country's trading future, says New Zealand International Business Forum executive director Stephen Jacobi.

国際ビジネスフォーラムの代表Stephen Jacobiは、ロシア、ベラルーシ、そしてカザフスタンとの自由貿易協定は、もう一歩前進した将来のニュージーランドの取引を確実にするものだ、と述べた。

Negotiations on a free trade agreement would start early next year.

この自由貿易の交渉は来年の初めに開始される予定である。

"Russia along with its Customs Union partners are emerging markets for New Zealand but there is ample scope to increase New Zealand exports of food and agricultural products and to promote two-way trade and investment," Jacobi said.

ロシアとその周辺国(の税関)ではニュージーランドのための市場があるが、そこにはニュージーランド食品の輸出と農産物を増大させる豊富な展望があり、2国間の取引と投資がある、とJacobiは述べた。

長期化するNZの経済停滞

The economic recovery in New Zealand could be a "prolonged process" but the medium-term outlook is favourable, according to Reserve Bank governor Alan Bollard.

準備銀行のアラン・ボラード(Alan Bollard)によると、中期予測では好ましい面もみられるが、ニュージーランドの経済回復は長期に渡るかもしれない、と述べた。

Speaking to the Deloitte tax conference in Auckland today, Dr Bollard said the recent global financial crisis was not as harmful as the 1930s Great Depression, but from that "we learnt that recovery to economic normality can be a slow, fragile and uncertain process, with temporary set-backs and aftershocks."

オークランドで開催されたDeloitte tax会議上で、アラン・ボラードは、今回の世界金融危機は1930年代に起こった世界恐慌と比べるとそれほどの悪影響はないと前置きしたあと、私たちは、一時的な妨げと後遺症とともに、回復から平常に向かうのは遅く、脆く、そして不確かな推移となることを学んだ、と述べた。


2010年11月22日

不信を募らせるポール・ヘンリー

Former Breakfast host Paul Henry says TVNZ encouraged him to be provocative - but then treated him unreasonably when his on-air comments sparked a public backlash and led to his resignation.

ブレックファストのホストを務めていたポール・ヘンリー(Paul Henry)は、(挑発するような)自身のふるまいはTVNZから奨められていたと述べた - しかし彼がTVの生放送で述べたコメントに対し大衆の反発があった時、(彼が思うほどTVNZは彼を擁護することなく)不必要に彼をまごつかせ、彼を退職に導くことになってしまった。

2010年11月21日

アディ・ギルの事故報告書について

この件で何度もこのブログに足を運ばれた方、お待たせしました。今回は調査報告書なので速報にする必要もないと思い、ほかのメディアがどのように報じるかそれを確認できるまで待っていました。事情を察し頂ければと思います。

早速ですが、Maritime New Zealandにその報告書があります。

Release of investigation report


調査報告書に興味がない方でもここから読み始めると状況が簡単に理解できると思います。ページ下にFAQが用意されており、おそらくほとんどのメディアはここを参照しているようです。推測ですが、ベスーンさえもこの調査報告書すべてに目を通しているとは思えません。彼の言動を見る限り、彼もこのFAQと自分の供述くらいしか確認してないように感じられます。

突入先を間違えた突撃武装警官

ここ最近の警察が実施している麻薬摘発の勢いには物凄いものがある。あちこちで武装警官が火気類(銃やランチャー)や宝石類、大麻やコカインなど相当数押収している。なので、基本的に彼らの計画は綿密で優秀である。


2010年11月20日

続報:ウエストコーストの炭鉱で爆発

要約します。タスマン警察司令長官の最高責任者であるGary Knowlesが現在この救出の指揮をとっており、彼によると爆発により鉱山内部にある換気扇が損傷なく完全に機能しているかどうか、そして鉱山内に可燃性のガスがあるかどうかを確認し、すべてにおいて安全性が確保されない限り、いかなる行動も起こすことができない、と述べている。内部の様子はまったく把握されておらず、もし爆発がもう一度起こったさいの二次災害の被害がまったく想定できていないことを意味している(内部にいる人々がどこにいるのかも把握できていない。なので、少なくとも引火の可能性がゼロにならない限りいかなる道具も使えない)。

現在、メタンガス、エタンガス、そして一酸化炭素の濃度等の検査が実施されている。ただし、サンプルの採取量が少なく兆候も見られず、結論を得るまでには至っていない。

オーストラリアからも12人の鉱山救出専門家が派遣される予定。


"When you see the scenes of the blast above the ventilation system it's worry. We are just as keen to get information as anyone. Rugby draws its players from the mining industry and so I wouldn't be surprised if there are more affected,'' he said.

Superintendent Gary Knowles, the Tasman Police District Commander who is leading the rescue effort, told a press conference this afternoon that rescuers were ready to go as soon as the environment changes.

Safety was "paramount" to the rescue operation. "We're not going to put 16 men underground and risk their lives," he said.

"We don't work on gut feelings. We work on facts … it's a case of safety first. I'm an eternal optimist that we are going to go down there and find these guys and bring them out."

Pike River chief executive Peter Whittall said air quality tests from this morning were inconclusive with no trends visible yet as not enough samples had been done to be conclusive. Levels of methane, ethane and carbon monoxide were being tested.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4365223/Rescuers-wait-on-final-all-clear-to-enter-mine

セレピソス氏がCLOSEUPに出演

ひとことでいえば、今の富裕層の経済状況の厳しさとニュージーランドのスポーツクラブの現状がはっきりと理解できると思います。めちゃめちゃ長いです。まぁどちらかというと本人が読みたくて最後まで読んでいたのでそのまま単発で訳して見ました。ところどころ隠語が使われているので、その辺は適当にまとめてみました。

Phoenix owner Terry Serepisos says his football club is not broke, and neither is he.

フェニックスのオーナーであるテリー・セレピソス氏は、彼のサッカークラブも彼自身も破産していないと述べた。

2010年11月19日

Peter Huljichが訴追へ

証券審議会はHuljich Wealth Managementとピーター・ハリッチ(Peter Huljich)へ刑事告発を行った。もし有罪であれば、ピーター・ハリッチ(Peter Huljich)へ最高で禁錮3ヶ月と$300,000の罰金刑が言い渡されることになる。ちなみに彼は今年の3月にすでに会社(Huljich Wealth Management)を去っている。


物凄く簡単に説明すると、損失の埋め合わせをごまかすために自分の個人資金をバランスシートにそっと忍ばせ逃げ切ろうとしたところ服飾決算がばれてしまったという話です(細かい話は飛ばしてます)。ちなみにこの会計にはKiwisaverが絡んでいます(Huljich KiwiSaver Scheme)。

キウイフルーツ被害:19日付

記事元によってちょっと内容にばらつきが見られるので、わかりやすくまとめているところから報告します。


A total of 51 orchards are confirmed to have the bacterial disease, up from 37 on Thursday.

PSAの被害報告件数の合計は今日で51件が確認され、木曜日(昨日)に確認された37件からさらに増える結果となった

Kiwifruit Growers Inc president Peter Ombler says Friday night's meeting of the Kiwifruit Industry Advisory Council in Tauranga is likely to be contentious.

キウイフルーツの生産団体の代表Peter Omblerは、金曜日の夜にタウランガで行われるキウイフルーツ産業審議会とのミーティングでは(もしかすると)論争になるかもしれない、と述べた。

Most growers have voted in favour of an aggressive approach, and a $50 million dollar industry-government package to help affected orchardists.

ほとんどの生産者は積極的な申し入れに票を投じており、ニュージーランド政府が支給する$50mの資金は被害にあっているたくさんの果樹園を助けになると考えている(注:他の記事では$25mが政府からの支給で、もう$25mがZespriからの支給という内容もある)

But some affected growers warn the money will not go far enough, and others are worried about potentially healthy vines being destroyed.

しかしいくつかの被害にあっている生産者はその資金ではまったく足りていないと警告しており、他の生産者はいまある健康なキウイフルーツの樹(蔓)が(感染の影響から)廃棄しなければならない可能性について心配している。

Mr Ombler says, however, immediate action is needed and a definitive plan will be decided on Friday night.

Ombler氏は、迅速な対応が必要だったが、金曜日の夜には(それらを払拭する)最も確実な計画が決定されるだろう、と述べた。

ネタ元:http://www.radionz.co.nz/news/rural/62221/kiwifruit-industry-leaders-to-decide-on-plan

ウエストコーストの炭鉱で爆発事故

追加: 人数の訂正。27人ではなく29人であることが確認された。最新記事はこちらから。

ウエストコーストの炭坑で爆発事故が発生した(原因は不明。もしメタンガスによるものであればもっと爆発が大きいのではないかという指摘がある)。爆発が起こったのが19日3:30pmで、当初名札等で管理されていた36名がそこで働いていると考えられていたが、詳細はいまのところはっきりしてない。


現在救出されたのが2名、29名(うち16人がパイク・リバーの社員で、13人が地元の契約社員)がいまだに1500mの地下に閉じ込めらている模様。パイク・リバー(Pike River)のチーフエグゼクティブのPeter Whittalは今のところ死亡者等の報告は受けていないと述べている。

6台の救急車、20名の救急隊員、そして3機のヘリコプターが既に派遣され待機している。またクライストチャーチからも追加のサポートが準備されている模様。

さらっと記事全体を読んでみたところちょっと散発的な内容になっているので、落ち着いてからまた確認します。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4365223/Explosion-traps-miners-on-West-Coast

歴史的な建造物が解体へ

124年の歴史を誇るオークランドにあるパレース・ホテル(The Palace Hotel)が、ひび割れなどの建物の損傷により安全性に問題が見られるため、昨日解体された。



このホテルはスカイ・シティ(Sky City)の向かいにあり(交差点の反対側)、また大きなバス停の近くにあったので、オークランドに住んでいた人の多くは一度は見たことがある建物ではないかなと思います。たしか1階はバーでスロットマシンがいくつか並んでいて、昼間から飲んで賑やかなひとときがそこにあったことを記憶しています。

2010年11月18日

オークランドで自転車事故

昨日オークランドのタマキドライブ(水族館がある海沿いの通り)で27歳のJane Mary Bishopさんが自転車で走行していたところ、前方の車のドアが急に開き、それを回避するために車道へ出たところ後ろからきたトラックに引かれ即死した。

警察は調査をするとともに、車を利用する人々へ車道沿いに駐車している車のドアを開けるときには十分後方に注意するよう警告している。


ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/police-name-cyclist-killed-tamaki-drive-3902080

2010年11月17日

キウイフルーツ被害:17日付

追加:夕刻5時過ぎの記事で、南島でもPSA感染の疑いが報告されました(参照1参照2)。詳細はまた改めて。

The disease threatening the $1.5 billion export kiwifruit industry has now been found in 25 Te Puke orchards and four new cases have been confirmed outside this area, dashing hopes it can be contained to the Bay of Plenty.

$1.5bのキウイフルーツ輸出産業を脅かしている病気が、テ・プケ(Te Puke)にある25の果樹園で確認され、ベイオブプレンティ(Bay of Plenty)地域以外にも新しい被害報告がされている。

Biosecurity New Zealand says PSA has been found on two orchards in the Napier-Hastings area, and on two properties in the BoP towns of Edgecumbe and Whakatane.

止まらない湖の水質汚染

最新の情報では、南島の湖における水の品質はほとんど向上されていないことが明らかになった。この水質悪化の原因といわれている農家(酪農を含む)が非難に立たされている。



2010年11月16日

ちょっとひとこと

基本的に法治国家なので訴追は必要かもしれない。裁判資料を公の場に漏洩するのは本来好ましいことではない(注:機密資料という表現は妥当ではない。政府が国内法で裁くと明言している以上、国の機密であるかどうかを考える必要のないあの映像は、あくまでひとつの裁判資料であるという理解が正しい)。

だが今回はその前提に少し疑問が残る。事態があまりに複雑怪奇になりすぎていてどこから紐解けばいいのかはっきりしないが、ひとことでいえば、その動画を流出した罪を唯一問うことができる絶対必要条件は、まず偽装船長を法廷に立たせ、その罪を裁いたあとでないと筋が通らない。もしこれなしで海保の人物を罰するなら、その前にまずこの前提をはっきりさせるべきである。

もし偽装船長を無罪にするのなら、その裁判のために用意された裁判資料は意味をもたず、動画を流出させた人物にも同じように証拠不十分で起訴猶予を考慮する余地は十分にあるはずである。人を罰することも大事だがそれ以上に人を救うために法律が存在することを忘れるべきではない。

モーゲージセールによる利益圧迫

この記事が興味深いのは、モーゲージが増えることにより今の不動産価格が下がる可能性を指摘している。一般的にモーゲージセールは未払いのローンが乗っかっているので、その金利の支払いをカバーする被害を最小限に抑えるため早めに売りさばく必要がある。


$145mを処理したEQC

クライストチャーチ地震において、EQCが支払った金額が$145mになることが明らかになった。申請された件数は11万件以上で、いまでも数百の申請が南島と北島南部から毎日EQCに送られている。

EQCは毎日平均800軒の家を評価、申請を処理している。ニュージーランドの歴史の中で、今回の地震は、たった一度の被害で支払われた損害保険が最高になると述べている。覚書まで。

ネタ元:http://www.radionz.co.nz/news/canterbury-earthquake/61242/eqc-pays-out-$145-million-for-quake-damage

2週間以内に親友二人が事故死

親友である10代の二人の少女が、ひとりは農場でファームバイクの転倒で、もうひとりは友人の車に同乗し事故、共に他界した。ふたつの事故は同じ週に起こっている。

で、最新記事を確認すると、ファームバイクの転倒で他界した少女がクモにかまれたためファームバイクの操作を誤り転倒したのではないかといわれている。

このクモはtrapdoor spiderトタテグモ)で、事故現場で見つかったのは3cm程度の大きさだった。現在、このクモは捕獲されクモの専門家に調査を依頼している。死因がバイクの転倒事故なのか、クモが原因だったのか、どの記事をみてもはっきりしていなかったので、覚書まで。

The deaths of two teenage girls, best friends, only two weeks apart has left a West Coast town mourning for their families. Renee Eileen Tori McNelis, 17, of Westport died when her quad bike overturned on a hilly part of a Landcorp farm at Cape Foulwind, 10 minutes south of the town, yesterday. She had driven the quad bike, towing a trailer-load of fertiliser, to a remote part of the farm at 11am. She was found by her co-workers about 2.30pm, pinned under the vehicle, and died at the scene. Her best friend, Harmony Wihongi, 16, also of Westport, was killed in a car accident at Labour weekend. Harmony was thrown from the vehicle after its allegedly drunken 16-year-old male driver lost control and drove off the road. She died at the scene.
The girls attended Buller High School together. It is not the first drama for either of the girls' families this year. Renee's sister, Jessica McNelis, is serving a home detention sentence after running over and killing James Hill, 21, in Westport in February. He was lying on the road, but she failed to stop. Meanwhile Harmony's brother, Monday Wihongi, 24, last month pleaded guilty to charges including drink-driving, threatening with a weapon, failing to answer police bail and cultivation of cannabis. Most Westport residents contacted today did not want to comment on the accidents.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4325136/Best-friends-die-within-weeks-of-each-other

IRDに追われるテリー・セレピソス

テリー・セレピソス(Terry Serepisos)。ちなみにこの方不動産開発事業で名を馳せているが、その他にもいくつものビジネスを持つかなりの著名人でその名を知らない人はウェリントンにはいない(それでも知らない人はウェブで検索して見てください)。日本で言うと、楽天の三木谷さんに近いかもしれない。


この彼に$3.58mにものぼる未払いの税金があり、IRD(国税局)は彼が所有するウェリントンフェニックス(Wellington Phoenix:サッカーチーム)を含む5つの会社を清算しようとしているとのこと。その未払い税金の合計金額が$3.58m。とりあえず16日(今日)早朝の記事なので、覚書まで。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4347735/IRD-chases-Serepisos-for-3-5m

2010年11月15日

キウイフルーツ被害:15日付

数字と気になった所だけだけ手短に。

LATEST: Thirteen Bay of Plenty kiwifruit orchards covering 500 hectares have now been confirmed as having the potentially devastating bacterial disease PSA.

ベイオブプレンティ(Bay of Plenty)にある500ヘクタールを占める、13件のキウイフルーツ果樹園がPSAの被害にあることが確認された。


(中略)

It is 10 days since the alarm went up after leaf spotting was noticed in a Te Puke orchard, but industry leaders say they want the best information before finalising a plan of attack to avoid over-reacting and destroying too many vines, or under-reacting.

テ・プケ(Te Puke)の果樹園で葉に斑点がみられたあとに出された警告から今日で10日目。キウイフルーツ産業を統括している(ZespriとMinistry of  Agriculture and Forestry, Bio-security New Zealand(通称MAF)も含まれると思われる)は、大騒ぎするよりも前に最善の情報で対応するといってはいるが、いまの成り行きはたくさんの樹木(蔓)を壊している、または反応が(期待していたよりは)低調である。

But Kiwifruit Growers Inc president Peter Ombler agrees the situation is "urgent".

しかし、キウイフルーツ協会の代表はこの状況は(早く解決すべき)急務であるとその意を表明している。

Sixteen orchards are now quarantined, compared to 11 yesterday.

昨日の11件に対し、今日は16件の果樹園が隔離されている。

The increase in confirmations from eight at the weekend is not because the disease is spreading quickly but because dozens of test results from 9000 random leaf samples are arriving back daily.

なぜなら病気はすばやく広がっているので、8件から確認された増加分は週末に確認されたものではない。しかしながら、テストのために送られてくる症状が見られる葉は毎日9000枚にものぼる。

Around 93 orchards have been tested. There are 3077 registered kiwifruit orchards in New Zealand.

現在93件の果樹園がテストされている。ニュージーランド国内で、3077件ものキウイフルーツ農家が登録されている。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/farming/4345832/Kiwifruit-disease-spreads

カンタス航空のコックピットに煙

199人の乗客を乗せたQF17便11:11AMシドニー発ブエノスアイレス行きが、約一時間後に電気系統のトラブルによりコックピット内に煙が発生、そのままシドニーへ引き返す事故が発生した。煙は計器類から出ていた模様。

機体はボーイング747-400型で、1:22PMに無事シドニーに着陸した。

(中略)

代わりの飛行機がすでに用意されており、シドニーを5:00PM(NZ 7:00PM)に飛び立つ予定。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/travel/australia/4346951/Qantas-plane-forced-to-turn-back-mid-flight

監視されるダウンロード状況

オタゴ新聞にわかりやすいまとめがあったのでアップ。

COPYRIGHT AMENDMENT BILL

• You download material that breaches copyright. Copyright holders inform ISPs, who issue you with a detection notice, which expires in nine months.

あなたが著作権を侵害しているものをダウンロード(したときに適用される)。著作権を持つ権利者は9ヶ月有効の検出通知をISPを通じて送付できる。

• You keep downloading material. You get issued with a warning notice, which expires in nine months.

あなたが継続的に著作権を侵害しているものをダウンロード(したときに適用される)。9ヶ月有効の警告通知が送付される。

• If you keep downloading and receive an enforcement notice, you will go before the Copyright Tribunal, which can order a fine of up to $15,000.

それでももしあなたがダウンロードを続けると、$15,000までの罰金が適用される著作権裁判へ送られるその前に、強制執行の通知が送付される。

• If the tribunal is thought to be inadequate, the copyright owner can apply to a district court to suspend the internet account for six months, but only after the Commerce Minister approves by order-in-council. The court can still decline on the grounds it would be manifestly unjust.

もし法廷でそれが不適切だと判断された場合、著作権の権利者は地方裁判所を通して容疑者のインターネットを6ヶ月間停止することができるが、商業大臣がカウンシルによって立件されたその容疑を承認しないと実行できない。もし裁判所はそれが明らかな不正行為でないと認定した場合(においていつでも)棄却することができる。

ネタ元:http://www.odt.co.nz/news/technology/135359/bill-revises-penalties-pirates

10歳の酔っ払いを確保

金曜日の夜10時ごろに、ダーガヴィルという小さな町のリヴァー通り(River Rd)で警察がパトロール中に酩酊していた年少グループを発見。グループは4人で、15,16,22歳と10歳の少年で、警察が発見したときこの10歳の少年は白目をむくなど緊急を要する状況だっため、すぐに救急員のところへ送られた。

この少年の母親は病気のため少年も面倒がみることができなかったため、彼は釈放後その夜は叔母ところへ身を引き取られた。

ちなみに彼ら4人はバーボンとコーラRTDsを飲んでいたとのこと。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/auckland/northland/dargaville-districts/4323571/10-year-old-found-drunk

ゴミ箱に死体が - デマ

西オークランドで、死体がスキップビン(大きなプラスチック製のゴミ箱)で運ばれたと通報があり、ごみを回収していた収集所は一時騒然となったが、この通報はデマだった模様。

Reports of a body in a rubbish skip that sparked a West Auckland police alert were a hoax, police say. The hoax appears to have begun at Henderson High School. The school declined to discuss it.

デマの出所がヘンダーソン(Henderson)高校から火種がついたといわれているが、高校側はこれについて話し合いを拒否している。

Police arrived this morning at the Waitakere Refuse and Recycling Transfer Station saying that they were investigating a rubbish skip that they had been told contained a body.

警察がワイタケレのごみの仕分け場に到着、彼らは死体がゴミ箱で運ばれたと通報を受け調査していた。

A council official said as the skip was heading to the Redvale dump north of Auckland, and was one of a number carrying 22 tonnes of rubbish, all of them would have to be searched.

そのゴミはちょうどオークランドの北部へ運ばれるところで、捜索しなければならないそのゴミは22トンもの量があった。

Police at the scene say it is now been treated as a hoax.

警察は調査結果から、この通報はデマであると断定した。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4253463/Body-dumping-hoax

2010年11月14日

ホームズがBreakfastのホストに?

ベテランブロードキャスターのポール・ホームズ(Paul Holmes)は、人種差別発言で退職を余儀なくされたポール・ヘンリー(Paul Henry)がホストをつとめていた朝の番組Breakfastの後任のホストとしてTVNZから打診を受けていたらしい。


この記事元であるサンテースタータイムズ(Sunday Star Times)は、現在ホームズがホストを務める日曜日の政治ショー"Q+A"や、土曜日の朝のラジオ "Newstalk ZB"に出演する多忙な彼がこのオファーを受ける可能性は低いのではないかと推測している。

2010年11月13日

キウイフルーツ被害:13日付

まだちょっと落ち着いてはいませんが、今日の13:21の記事から簡単に。
(注:状況が刻々と変化していますので、時系列を確認ののち、最新の情報を参照されることをお勧めします。)

A fourth orchard has been confirmed with the kiwifruit vine-killing disease PSA, Zespri's latest figures show.

Zespriの最新の情報より、4番目の果樹園にキウイフルーツPSAの感染が確認された。

The orchard is also in Te Puke, Bay of Plenty, along with the first three confirmed cases.

果樹園は、最初に感染が確認された3つの場所に沿ったテ・プケ(Te Puke)、ベイオブプレンティ(Bay of Plenty)内にある。

Another two orchards in Te Puke have been quarantined, bringing the total in quarantine to eight.

テ・プケ(Te Puke)にある別の2つの果樹園が隔離されており、全部で8つの果樹園が隔離されている。

The Ministry of Agriculture and Forestry (MAF) is currently investigating 82 orchards, as hundreds of orchardists make contact including 298 who say they are clear of symptoms and 169 with photos of possible symptoms.

MAFは現在82件の果樹園を調査中で、それに伴い多数の果樹園が報告しており、そのうち298件がPSAではないと回答、169件がPSAの疑いのある写真を報告している(兆候であって詳細はまだ確認されていない)。

However, there have so far been no confirmed cases outside Te Puke so far.

現在のところ、テ・プケ(Te Puke)以外のところではPSAの確認はされていない模様。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4342496/Fourth-canker-affected-orchard-found

APECで高評価されるNZ経済

日本の横浜で開催されている今年のAPECで、ニュージーランドは自由で開放された経済を実施している国として参加国の中で3位にランクされた。

これはニュージーランドでは輸入品にかかる関税がわずかで、安いテレビや靴、服などが買えること、そして輸入品に対しそれほどの障壁がないことを意味している。


2010年11月12日

NZ旅行業界が日本をターゲットに

ニュージーランド政府とエアーニュージーランドが10年前のピーク時と比べると約半数にまで落ち込んでいる日本からの(裕福な)旅行者を呼び戻すために$1.2mの予算を使いニュージーランド旅行を促進する広告などを計画している。

同時に日本で大手のJTBが日本からのフライトを現在の14便から60便へ増やすよう計画している。JTBは860ものネットワークがあり、日本の旅行業界で25%のシェアを持っている。



キウイフルーツの被害が拡大

この記事の続報です。この件について当ブログにかなりのアクセスを頂いていますが、ぜひこちらZespri PSAで詳細を確認してみてください。また、ニュージーランドの検疫はMAFが担当しているため、ここの情報が一番正確で確実です。

MAF - Kiwi Fruit Vine Disease (ニュージーランド検疫局からの情報です)

Zespri PSA (この会社がキウイフルーツの大手です)


国鳥キウイのリハビリ動画!!!

キウイが動く姿を見たことがない人はぜひ。

(ちょっと古いですが)この動画は今年の7月に撮影されたもので、Massey University(マッシーまたはマッセイ大学)でキウイがリハビリをする様子を公開したものです。最初はちょっと無茶していますが、だんだん普通に歩けるようになるキウイがとても微笑ましいです。

Piwi the kiwi steps out



ネタ元:http://www.stuff.co.nz/life-style/cutestuff/cutestuff-videos/3966661

2010年11月11日

日本へ市場開放を迫るニュージー

首相のジョン・キーは明日横浜で始まるAPECの会合の主催者へ率直な意見を述べている

日本は世界でも保護された国のひとつであるが、自由貿易の交渉において Trans Pacific Partnership への参加に興味を示している。

首相は、日本はニュージーランドの農産物を受け入れるように市場を解放すべきであり、もしそれができないのならば自由貿易の席に着くのは歓迎されない、と述べた。

ペン型カメラでシャワー室盗撮

追加: 最新の記事では、 名前も出され有罪判決が下され、1年間の禁固刑が言い渡されたようです。

*******
46歳のIT業に従事する(匿名を認められた)男性が、ペン型のスパイカメラを使って12歳から17歳の少女の着替えやシャワーを浴びている姿を撮影し、16もの公にできない映像を作っていた容疑でロトルア地方裁判所に現れた。彼は容疑を否認し、23日に改めて法廷に立つ模様。

ニュージーランドでこの類の記事はあまりみかけない。なので、誰もシャワー室を調べることもないと思われるので、もし公共の場(ビーチにあるシャワーなど)を利用するときは注意をしたほうが賢明かもしれない。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/pen-camera-used-spy-girls-in-shower-3888127

注意:ハミルトンで性的暴行事件

ハミルトン警察は性的な暴行で逮捕した33歳の男性に余罪があるとみており、調査を続けている.

この容疑者は先月22歳の男性をミル通り(Mill Street)で攻撃した容疑で逮捕されていたが、先週の金曜日にクラウデランズ(Claudelands)周辺でヒッチハイカーの2人組の男性を拉致し性的な暴行を加えたため(再)逮捕された。

容疑者は4件の性的暴行と2件の拉致、そして2件の犯罪を完遂するために加害者を麻痺させた罪(おそらく暴行を加えて失神させた状態でコトに及んだものと思われる)の容疑で(水曜日に)ハミルトン地方裁判所にその姿を現した。

標題のとおり、警察はこの容疑者に余罪があるとみて(さらなる訴追をするため)被害者に名乗り出てほしいと述べている。

Safety tips from New Zealand



重ねて注意してほしいのは、この犯罪の被害者は女性ではなく男性なので、もしこの手の犯罪者に遭遇したら完全にアウトです。異論はあろうかと思いますが、ニュージーランドで真夜中や早朝にひとりで出歩いたり、無計画なヒッチハイクはもうやめるべきだと強くお勧めします。

そのほとんどは、被害者が旅行者であるため、そしてその移動を続けるために、警察に届けないまま出国してしまう被害者が少なからずいるといわれています(特に未遂の場合)。なので、一般的にはその犯罪件数は少ないものと見られていますが実情ははっきりしていません(少なくとも警察に記録がないとその数や被害状況等を公表できない)。

この事件だと、単独犯で男性2人を押さえ込むことができるとなると、それはかなり危険で被害にあってしまったらトラウマだけではすまされないような状況に陥る可能性が非常に高いと思われます(殴られて失神して起きて恐怖に満ちたその状況を理解するのは極めて難しい。警察に届けられるかどうかはその時の被害者の精神状態による)。

警察はいつも事件になりそうなところに近づくなと注意していますが(それが突発的な事件であっても)、これが初期対応ではきわめて正しく、むやみに知らない人とは関わらないのも事件に巻き込まれないための自己防衛のひとつになります。

ネタ元:http://www.radionz.co.nz/news/national/61533/man-charged-with-sexual-assault-of-three-men

2010年11月10日

キウイフルーツにバクテリア被害

追加:12日付の最新記事はこちらから。

MAF - Kiwi Fruit Vine Disease (ニュージーランド検疫局からの情報です)

Zespri PSA (この会社がキウイフルーツの大手です)

死亡乳児のパスポートの続き

前回の記事と詳細はこちらから。ちなみに当ブログの予想が的中しました。

で、このMPだったDavid Garrett氏は2002年にトンガで暴行の記録があったがこれをひた隠しにしていて、 弁護士になった1992年から一切の犯罪歴がないと裁判所で述べたらしく、、これが今回ウソであることがばれた模様。有罪判決を免れるためにこのような供述を行ったらしいが、もう堕ちるとこまで堕ちた感がある。

続報がでればまたアップします。

ネタ元:http://www.newstalkzb.co.nz/newsdetail1.asp?storyid=185150

2010年11月9日

ゲイを告白したAlison Mau

もっと正確にいえば"両方(bisexual)"だそうです。すでに知っている人は多いと思いますが、今年の2月にこれのウーマンズデイの雑誌記事がでていて(参照1参照2)、今回これを公の場で認めた形となっています。


まあ、なんとなくそんな自由な雰囲気と男前な印象がこの方にはあると思います。ちょっと背景を知らなかったので判る範囲でざっと訳してみました。

2010年11月8日

バスの中でのセクハラ注意

ウエストオークランドからシティ行きのバスにセクハラ容疑者がいるようです。

ワイタケレ警察は、ヘンダーソン(Henderson)からの朝早いバスに乗る女性らに暴行している男性客がいるかもしれないので、被害者は名乗り出てほしいと述べている。

スポークスマンによると、数人の乗客が、容疑者の手が女性乗客の太ももあたりにあることを目撃している。その事件は、朝6:45分から7:15分の間で、バスがパロミノドライブ(Palomino Drive)からエドモントン(Edomonton)とテアタツロード(Te Atatu Roads)を経由してシティに向かうバスの中で起きた。

容疑者は外見がインディアンで25歳前後、通常は朝7:15分のバスを使っており、被害者の国籍はさまざまで20代から30代の女性。

スポークスマンは、、容疑者の不適切な振る舞いにより、たくさんの女性が被害にあっているかもしれない(だから被害者の人は犯人逮捕のため名乗り出てほしい)と述べている。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/sex-pest-bus-prompts-warning-3883620

香港ビジネスウーマンが法廷で涙

これちょっと前まで追っていた件で、何かありそうなのでメモだけおいておいた。しばらくしてこの投資に詐欺の疑いがあるとのことで、重大詐欺局(または重大不正監視局)に持ち込まれそのあとに高等破産(審査)裁判所で審議中。

未請求のタックスリターン

このIRDのウェブサイトに自分の名前があれば、その名前の横に記載されている金額の返金がIRDから得られるはずです。去年1年間で$1.7mもの税金が人々へ返金されているそうなので確認だけはしたほうがいいと思われます。

IRD Unclaimed Money

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4307256/IRD-holding-55m-of-unclaimed-cash

ジェットスターにも同じ事故が?

簡単に。10月19日JQ150便クライストチャーチ発のジェットスターが運行するA320の機体に爆発による揺れがあったと乗客から報告されている。この出来事はシドニーから45分のところで発生、最初の音が発生したとき、右側のエンジンから火が上がっていたのを目撃した乗客もいた。ところが、オーストラリア運輸安全局はこれを調査しないと決定。

"私自身その時に見ることができたのは煙だけ"

"乗客のひとりが涙を拭きながら取り乱し他の乗客が彼女をなだめようとしていた"

この爆発による機体の揺れ件に関して何が起こったのか、またなぜ着陸も荒かったのか一切の説明がなかった。

(中略)

ジェットスターのスポークスマンは、この件についてエンジンの製造者とともに調査を行っているとのこと。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/travel/new-zealand/4318165/Decision-over-explosion-angers

2010年11月7日

震災被害空き家で泥棒が急増

最初に、いまだにクライストチャーチの地震は続いている。M4からM5あたりの地震・余震が毎日のように記録・報道されており、そこに住まわれている人々が気の毒でならない。以前この震災後の騒動の最中に泥棒が増えていると書いたが、いまも地震により損傷し空き家になっている家宅を対象にした泥棒が増えている。

地震後3週間で322件の泥棒被害が報告されており、これは過去5年間の平均よりも22%も上昇している。このうち35件(11%)はホットウォータシリンダー(お湯を貯めて置くタンク)などを含む金属物が狙われた。これらは建材の一部で転売が容易であることが主な理由。あとこれらが盗まれる推測される理由は、水やガスの供給を元栓で止めているので、ガス器具や銅配管などは、そのまま配管を切るなり接続を外せばそのまま簡単に持ち出せるのも要因のひとつだと思われる。

震災後17人もの人々が泥棒または金属類の受け取り(転売・取引等)で逮捕されている。

もしあやしい人物が空き家周辺でうろついていたらぜひ警察へ報告を。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/crime/4315446/Thieves-target-vacant-damaged-homes

2010年11月6日

カンタス機長の機内放送

NBRを読んでいると興味深い記事を見つけたので追加。今回事故機となったエアバスA380には2種類のエンジンがあり、ひとつはRolls Royce製、もうひとつはEngine Alliance GP7200製(General Electric と Pratt & Whitney の50/50ジョイントベンチャー)。

2010年11月5日

世界で3番目に住みやすい国

The Human Development Report 2010 (HDR)が国連より公表され、ニュージーランドが169カ国中3位にランクされた。ちなみに、このUNのDevelopment Programmeのアドミニスターはニュージーランド前首相のヘレン・クラーク(彼女の就任がランクに影響があったかどうかは定かではない)。

ランクの採点は、公衆衛生、教育や収入などを組み合わせ総合評価し、理解しやすくするために0と1の間に分布するように採点している。評価の区分は4グループに分けられている:Very High(とても高い), High(高い), Medium(中間), Low(低い)。

ニュージーランドは2009年は20位だったが、今年はノルウェイ(1位)、オーストラリア(2位)の次に続いた。採点は1980年から2010年の間に0.5%、0.786から0.907へ上昇しており、Very Highのグループに位置している。

ニュージーランドの平均寿命は80.6年、平均学習期間が12.5年、ひとり当たりの総所得が$25,438(NZ$32,046)。

しかし今回のデータと昨年のデータはそれぞれ違う計算方法などが使われており、単純比較することはできないと警告されている。2010年の資料では、1年毎ではなく5年毎のデータを採用している。

他の上位の国々は:アメリカ合衆国(4位)、アイルランド(5位)、リヒテンシュタイン(6位)、オランダ(7位)、カナダ(8位)、スウェーデン(9位)、そしてドイツ(10位)。

他の下位の国々は:モザンビーク(165位)、ブルンジ(166位)、ニジェール(167位)、コンゴ共和国(168位)、ジンバブエ(169位)が最下位となっている。

(中略)

報告書は世界における40年の変化を物語っている。平均寿命は59歳から70歳へ、小中学校への進学率は55%から70%へ、一人当たりのGDPはUS$10,000(NZ$12,587)へ2倍以上も増えている。

ヘレン・クラークは、報告書が人々が以前よりも健康で豊かになり教育を受けることができていること、すべての傾向が肯定的でない一方で、たくさんの国々が逆境の中にあっても人々の生活を改善することができることを示している。これはそれぞれの国々の代表へ国際社会への参加を継続することを奨励するものである、と述べた。

ちなみに10位以下は:

11.Japan (日本)
12.South Korea (韓国)
13.Switzerland (スイス)
14.France (フランス)
15.Istael (イスラエル)

大きく改善した国上位10位は:

1.Oman (オマーン)
2.China (中国)
3.Nepal (ネパール)
4.Indonesia (インドネシア)
5.Soudi Arabia (サウジアラビア)
6.Lao PDR (ラオス人民民主共和国)
7.Tunisia (チュニジア)
8.South Korea (韓国」)
9.Algeria (アルジェリア)
10.Morocco (モロッコ)

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/nz-named-third-best-country-live-in-world-3879296

ヒラリークリントンの訪問について

テレビをみていてふたつだけ気になったことがあるのでメモ。

ひとつは夕方6時のメインキャスターが、アメリカはオーストラリアほどニュージーランドと協力関係にはないとたびたび発言していたこと。ニュージーランドは政治的にはアメリカへそれほどは依存していない事実は理解できなくはないが、もう少し暖かい報道をしてもいいと思う。日本での海外ニュースの多くはアメリカのメディアが絡んだものが多いが、ここニュージーランドは(ハリウッド以外の)アメリカのニュースをほとんど報道しない。BBCはアリだが、CNNやABCからのネタは皆無に等しい(衛星放送、SKYを除く)。

もうひとつは、ずっとヒラリーの表情を追ってみたが、どこか硬い。とにかく硬い。年老いたそれではなくどことなくぎこちなく、余所者の雰囲気がそこはかとなく漂っていた。でも今日改めてみたら少しだけ和らいでいたので少し疲れていたのかもしれない。あくまで直感だが、公には出せない何かを隠しているようにも感じる。このヒラリーさんはかなりの才女であるが、イギリスのサッチャーさんのような冷酷さがなく調子者で正直なところがあるように見受けられ、それが裏目にでていたのではないかとも思える。それを織り込んでもうひとつ裏をかいていたのならば只者ではない。

首相のジョン・キーもクリントンの名前から、彼女を大統領と間違えた発言をしていたので、その存在感というか、穿った見方をすればそのオーラには何か違和感を感じていたのではないかと思える。覚書まで。

ヘイスティングで少女が暴行される

今日の朝11:40AM頃に、10代後半の少女がクイーンストリートを歩いていると、小さなMBXに乗った褐色肌の20歳前後のマオリ系の少年に呼びかけられた。

少女は少年とまったく面識がなくとまどっていると、少年はいきなり彼女を暴行し、そのあとも彼女をつけまわして数回暴行した。そして彼女が抵抗を試みたとき、少年は彼女の服を掴み、裏路地に引き込もうと試みた。そのあと、レベルスポーツの近くで、また彼女に暴行したとのこと。

警察は目撃者がその時間にいなかったかどうか呼びかけている。

英文で読むとちょっとドライで状況がいまひとつ掴めない。なので、もしかするとまわりの人はいたずらか友達どうしでじゃれあっているようにみえたのではないか、とも思える(事件発生時刻は夜ではなくお昼前なのに、なぜ少女は暴行されて時点でどこかのお店に助けを求めなかったのか?このあたりがちょっと不審に思われる)。以前ヘイスティングへ行ったときは町並みはかなり綺麗になっていて、カメラが商店街の上にあったような記憶があるが、あれはダミーなのか?

なので、地方の小さな街であっても、日中大通りを歩いていて暴行を受ける可能性があるのでそれなりに気をつけたほうがいいと思われる。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/dominion-post/news/4308761/Hastings-girl-followed-assaulted

列車が50歳代の男性と衝突

今朝8時前に、ウェリントン行きの列車がポリルアの直前で人身事故にあった模様。列車の運転手にカウンセリングをオファーしているのでおそらくは投身だと思われる。

この事故により警察が調査している間、列車の運行停止が余儀なくされた。そのため、300人の乗客はバスに乗り換えウェリントンに向かうことになった。

Kiwirailのスポークスマンはここに居合わせたすべての人々や被害者の友人や家族にとっても悲しい出来事だとコメントしている。

別の記事をみていると衝突のさいに発生した生々しい音と、引きずる音が列車内に響いたとの証言があった。なので、今回の事故を機に列車に乗れない人が出てくると思う。また先月の初旬に列車同士が衝突したこともあるので、列車を利用する人々の不安はむしろ増えつつある。Kiwirailがさらなる安全性を確実なものにしない限り、年々公共輸送の利用者が増えるオークランドのようになるにはそれなに時間が必要かもしれない。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10685317

$40mで一新するイエローページ

イエローページが新しいサービスを始めるためのソフトウェア開発に$40mの投資を行うとのこと。内容は、オンラインでのディレクトリで、セルフーサービスというアプリケーション。この開発にGoogleが新しいパートナーとして加わるかどうかは明言を避けている。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/industries/4305488/Yellow-Pages-system-spend

失業率低下は景気回復なのか?

NZ統計局の最新のデータでは、過去3ヶ月と比較してその失業率は6.9%から6.4%へ改善され、労働人口2.19mの1%にあたる23,000人もの人々が職を得ていると報告している。

同時に季節別での統計をみると、失業者は6.1%にあたる150,000人で、10,000人減少している。4半期前の性別で比較すると、女性の失業率が6.8%から7.2%へ上昇し、男性の失業率は6.9%から5.7%へ減少している。

社会保障大臣のポール・ベネットと雇用大臣のケイト・ウィルキンソンは、これは15ヶ月連続で経済が成長しているためビジネスが雇用を増やし始めた結果。しかしながら、やらなければならないことがたくさんあるのは明らかで、政府が厳しい雇用情勢を改善することを約束しなければならない、と述べた

労働党の社会保障代表は、この失業率が減少したことを伝えるニュースは好ましいが、昨年と比べると失業率は高く、失業者の数に改善は見られない。

"失業率がわずかに減っている間、職を失っている人々の数は去年とまったく変わっていない。これはいまだに経済が失速していることを示しており大臣が主張している経済が回復している兆候ではない"、と述べた。

(中略)

ニュージーランドではいまだに243,000人もの人々が無職で、政府が認識している完全失業は150,000人もいる。雇用されている人々のうち、110,000人の人々がパートタイムの仕事についており、もっと労働時間を必要としている。私たちが知っているのは、回復において労働環境は停滞している。問題は、これが回復なのかどうか、雇用が改善されるまでどのくらい停滞するのか、私たちにはわからない、と述べた。

いま世界中で同じことが起こっているように思えてならない。ひとことでいえば、主に製造業など大きな資本が雇用コストの比較的安価な後進国やアジアなどに集中、投資もここを中心に行われており、世界に均等に分布すべき資本がうまくいき渡っていないように思う。この状況が続くと、内需の小さいニュージーランドはその収入を輸出に頼らなければならず、現在この業界がNZドル高に悩ませられている(日本の円高と似ている)。さらにもっとこれが続くと、ニュージーランドからオーストラリアへ仕事を求めて人々の流入が活発化することも指摘されている。

追加:同じ日にまったく同じことを考えている人がここにいました。その偶然にちょっと驚いています。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/politics-news/unemployment-drop-small-consolation-says-labour-3878755

40万人のKiwiがオーストラリアへ

2国間の収入の格差が原因で、むこう15年で40万人のKiwiがオーストラリアへ移動するだろうとタスクフォースの代表であるドン・ブラッシュ(Don Brash)が述べている。

OECDのリポートでは2国間の収入の差は35%から42%へ拡大している。

(中略)

2010年11月4日

マイクロソフト社員なりすまし詐欺

2日間で60件もの電話を使ったなりすまし詐欺が報告されており、ウェリントンに住む人々へ警告がでている。

警察によるとその詐欺は、マイクロソフト社員を語りコンピュータがウイルスに感染しているかもしれないので直すのを手伝うと説明、そしてそのコンピュータのパスワードを聞き出すという手口。昨日50件の苦情、今日は10件の苦情が警察に寄せられている。苦情は、カピティ(Kapiti)、ハットバレー(Hutt Valley)、ウェリントン(Wellington)に住む人々から報告されている。

一応Scam Watch website(詐欺などをモニターし公表しているウェブサイト)を通して消費者対策省にすでに報告済みとのこと。おそらくは手口から考えても素人の犯行で、再犯の可能性も低いように思う。ひまつぶしのいたずらのような気がしないでもない。ちょっと気になったのはもしかするとコンピュータ所持に関連する顧客情報が売買・譲渡または漏洩されている可能性があるので、もし上記の地域にお住まいの方がいれば、電話での詐欺に注意を。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/dominion-post/news/wellington/4309153/Wellington-phone-scam-warning

オークランドの不動産が不調

10月の販売戸数が561件で過去20ヶ月で最低を記録した。

9月の平均価格が$524,004、これは8月の平均価格$511,000よりも上昇したが、去年の10月と比べると3.8%下がっている。

バーフットアンドトンプソンの新規物件が1396件で9月よりも16%も上昇、全体で5861件で先月よりも5.2%上昇している。10月の平均賃貸価格は、$10上昇して$417、これは7月よりも$9も上昇、昨年の同じ時期は$403だった。この$417は697件で算出したもので、9月から20件しか減っていない。賃貸が不足しているため、値段は上がりつつあると述べた。

ゴールドマンサックスは家の販売価格における季節による調整を9月から10%下げ去年よりも36%も下げている。固定ローンの金利が下がっても回復にはそれほどの影響は得られていないと述べている。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4302996/Auckland-house-sales-struggling

著作権の改訂について

記事では詳細の記載がありませんが、おそらくサーバーサイドだけでなく、クライアントサイドも罰せられることになり、YouTubeなどへ動画を違法にアップするのも含まれている可能性があります。なので、これが本格的に運用されると共有ファイルやオンラインストレージなどに紛らわしいファイルを保管されている方は注意が必要かもしれません。

追加:この法案の原文を見つけました。PDFはこちらから。ウェブサイトの最初のページだけコピーして下に張っておきます。興味のある方はどうぞ。こいつを訳せば話は早いですが(笑)、いまちょっと多忙で手がつけられません。なので、挑戦するにはいいネタなので、ぜひ訳してみてください。

その法律案はCopyright (Infringing File Sharing) Amendment Billで、ごく簡単にいえば違法なファイルシェアリングが発覚したさい、3回の警告が送付されるがその警告を無視した場合、著作権による裁判権によって罰せられることになる。この裁判は地方裁判所で行われ、

給料と賃金の増加率について

政府関連の職種を含めると、結論からいえば2010年度9月期で1.6%ほどの増加率で、6月締め(3期目)の年率ではまったく増加していない。これは1994年から統計を始めて最低の増加率とのこと。

簡単にいえば、この傾向は昇給をなくしてベースを据え置いている職場がかなり増えていることを意味している。このままもし金利が上がると、長期のローンを組んでいる人はある程度影響があるかもしれない(準備銀行は先月末OCRの上げを見送ったのでしばらくは大丈夫だと思われる)。余分な収入が見込めないとなると、消費が冷え込む可能性がある。むしろこっちのほうが深刻かもしれない。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4298485/Pay-rates-static

2010年11月3日

夫に14箇所も刺された女性が回復

モリンズビルに近いタフナ郊外の集落で、昨日26歳の女性が14箇所も刺されワイカト病院に入院していたが、なんとか回復しているとのこと。

最初に警察が現場に駆けつけると、被害者の夫が、警察に不審者が侵入してきて彼女にジュエリーを要求、彼女を刺して逃走したと供述していた。ところが被害者の女性が、救急車で運ばれているときに夫が犯人だと告げたため事件が発覚。その後まもなく彼は傷害罪と重傷害で逮捕された。

家庭内暴力は被害報告がない限り警察が行動を起こすことができないため、もし何か気になることがあれば警察まで連絡を。

ウェブサイトはこちらから。http://www.areyouok.org.nz/


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/crime/4304296/Surgery-for-woman-allegedly-stabbed-14-times

禁煙法と禁酒法との相違

大手のタバコ会社であるブリテッシュアメリカンが、アメリカがかつて1930年代に実施した禁酒法がうまく機能しなかったことから、ニュージーランドでも完全な禁煙にはならないだろうと述べている。

またタバコを禁止することにより、違法な薬物の普及へ追い風となり、ギャングや犯罪組織の大きな資金源になるだろうと指摘している(注:これはアメリカのマフィアが禁酒法を巧みに利用し、裏のルートで税金のかからないスコッチなどをヨーロッパからアメリカへ密輸することにより利益を獲得、その膨大な資金で政治家などに多額の献金などを行い様々なくビジネスを展開し、瞬く間にその組織が拡大したことを指摘している)。


すでに書いたように、他の薬物の流入を防がないと、禁煙法が禁酒法と同じく、違法ドラッグの市場を開拓し、実のない名前だけで終わる可能性も否定はできない。

ネタ元:http://www.newstalkzb.co.nz/newsdetail1.asp?storyid=185090

急進的な禁煙計画を公表

現在の喫煙率を向こう10年間で半分に、そして15年以内に禁煙国家となる禁煙計画が議員より公表された。

これはたばこを店頭に陳列したり、普通のタバコや自分で巻きタバコを何の表示もない入れ物にいれることを禁じるほか、車内の喫煙(搭乗者の権利)も含まれる。

ニュージーランド禁煙協会はこれを2025年までに完了することを目指しており、彼らは人々から混沌とした反応を得ているが、反喫煙ロビーはこの計画はちゃんとした手順を踏めば確実に受け入れられることができるだろうと述べた。

私たちは50年以上もの間、かなり深刻にタバコによって健康を脅かされ続けており、喫煙者の2人に1人が喫煙によって亡くなっている。ちょっと対応が遅れた感はあるが、政府が推奨しタバコをニュージーランドから無くす管理をすることは好ましいことだと述べた。

タバコは過激な商品であり、毎年5,000人もの人々を殺している。

長い間ニュージーランドの職場は喫煙になっているが、もし車内に搭乗者がいる場合においても禁煙が適用されるこになる。


あまりに長いのでちょっと気になったところだけ挙げてみたが、禁煙ロビーが言う通りこの完全禁煙はおそらくは可能だと思う。タバコの値段はすでに高値で、この10年で2倍になっており量を吸える価格ではなくなっている(50gの巻きタバコが$42、20pkが$13、25pkが$16くらい)。

ただ、この流れで非常に気になるのは、ここ最近、街でみかける喫煙者は老人よりも若年層に多くみられ、それと同じくらい合法ドラッグや大麻が蔓延してきてるように思える。大麻であればタバコよりも安く入手できたりするので、このあたりがとても気がかりで、もし可能なら薬物を完全に根絶しないと彼らの嗜好が(タバコから大麻へ)かわるだけで、それを助長することにもなりかねない。

いずれにせよ、害と煙にしかならないものにお金を払うのは個人の勝手だが、この流れが今後強化されるなら、喫煙者に対しての公共サービスにも少なからず影響があるかもしれない(公立の病院等の有料等)。医療保険はすでに喫煙者と非喫煙者の保険料や契約に違いがあるが、これも今後大きく変更されるものと予想される。

ニュージーランドに住み続けるならば、喫煙はやめたほうが誰の迷惑にもならないのでお勧めです(元ヘビースモーカーより)。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/politics-news/mps-unveil-radical-anti-smoking-plan-3877075

AMP NZの利益$8.2mが消失

AMP NZの利益がちょっと下がってきているようです。昨年の利益$14.69だったのが、本年度では$8.2mも少ない$6.49m。ユニットごとの所得でも5.6%、1.52セントも下げで、税引きの配当がユニットごとに1.47セントになっています。覚書まで。

AMP NZ Office Trust profit slumps $8.2m Jazial Crossley | Friday October 29, 2010
In the three months to September listed AMP NZ Office Trust reported its net profit had fallen to $6.49 million compared to $14.69 in the same period a year earlier. Earnings per unit also suffered, dropping 5.6% to 1.52 cents a unit. The net dividend paid to shareholders was 1.47 cents a unit.


ネタ元:http://www.nbr.co.nz/article/amp-nz-office-trust-profit-slumps-82m-132349

2010年11月2日

労働党党首が交通費等を公開へ

公務にまつわる移動について無駄な経費を使っていないかどうかを問いかけたもので、国民党の党首であり首相のジョン・キーもこれに賛同し他の議員にも任意で開示するよう(強制ではない)、来週にも詳細を明らかにすると述べている。いまたくさんの国々が税金に無駄がないかどうか躍起になっている風潮があり、ニュージーランドにもまったく同じ傾向が見られる。

Labour leader Phil Goff has flouted a ruling by Speaker Lockwood Smith that MP's expenses should be kept secret by disclosing details of his MPs travel

労働党党首Phil Goffが国民党のMP Lockwood Smithによって提案されているMPの経費を秘匿にするというルールを無視するように、労働党の議員らの移動経費の詳細を公開した。

Releasing the information today, Mr Goff said he believed MP expenses should be transparent and made public and did not agree that some costs should be withheld.

フィル・ゴフは、MP(国会議員)の経費は公共に対し透明でなければならないし、いくつかの費用を公表しないのにも同意しないと述べた。

"We all need to be accountable for the expenses we incur as we do our jobs as MPs.

私たちは、国会議員の仕事にかかる経費のすべてを説明する義務がある。

"That's why I'm releasing our full costs today. These show that international travel, spousal travel and personal domestic travel accounts for 8 per cent of Labour's total travel and accommodation expenses."

そのために私たちはすべての経費を今日開示した。これらは、労働党のすべての移動経費の8%にあたるもので(個人の事務所等もあるので一部になっている)、国外、配偶者と個人での国内旅行を示している。

(中略)


Highest expenses from Labour MP:
労働党国会議員の経費(額が大きい順から)

$34,633 - Phil Goff (労働党党首)
$28,566 - Shane Jones
$28,029 - Clayton Cosgrove
$27,830 - Ross Robertson
$25,878 - Damien O'Connor
$25,117 - George Hawkins
$24,140 - Kelvin Davis
$22,829 - Nanaia Mahuta
$21,788 - Parekura Horomia
$21,534 - Maryan Street

国内・国外すべての移動費の総額とのことだが、最初これをみたときあまりに経費がかかっていないのに驚いた。ガソリン代だけでも結構かかるのに、飛行機代を含んでいるにしては少ない。よく言えば、あまり無駄にお金を使っていないように見えるが、基本的に地元での活動に主眼がおかれているようにも思える。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/politics/4299776/Labour-leader-releases-MPs-spending

クレイフィッシュの調理方法について

TVONEの夕刻にMasterchef New Zealand(マスターシェフニュージーランド)という、料理の鉄人のような(ちょっと古いかも)料理の腕を競う番組があり、あるシェフがクレイフィッシュ(伊勢海老のような大きなザリガニ)を調理するのに、煮えたぎったお湯の中に生きたまま入れていたところ、人々からあまりに残酷な調理方法だと指摘され、相当数のクレームが放送倫理協会へ寄せられた。

これをTVONEのもうひとつの人気番組であるCLOSEUPでどのような調理方法が適切なのか検証したところ、クレイフィッシュをいったん冷凍庫にいれてクレイフィッシュを眠らせてから、沸騰したお湯の中にいれるのが妥当ではないか、という結論が得られた。

ところが視聴者はそのどちらの方法も不適切で、眠っていようが生きている動物を沸騰したお湯の中に入れるのは非人道的で残酷であると反論。

放送倫理協会はこの反論に対し、この調理方法はニュージーランドではごく一般的な調理方法であると回答。

ウェリントンのシェフは、放送倫理協会の回答に理解を示したものの、調理方法としては不適切だと指摘した。

彼らはニュージーランドのその調理方法(熱湯にクレイフィッシュを入れて茹でる方法)を受け入れているが、これは変えるべきであり、それの何が問題かを考えるとき、もしあなたがお湯にいれられたら、その熱さでじたばたするのと同じことだ、と述べた。彼は1980年代にシェフの見習いだった頃、クレイフィッシュをひねって二つに外していた悪夢のような調理方法を体験していた。彼が考えるクレイフィッシュの一番適切な調理方法は、冷蔵庫でいったん冷やしたあとにナイフでしめる方法。これだと、15~20秒しかかからないと述べた。

SPAC(動物虐待防止協会)のスポークスマンも、熱湯を使ってクレイフィッシュを調理することは受け入れられないと述べている。


この手の論争はいろいろなところで耳にすることがある。どうしても気になるのは、なぜそこまで気遣いをしてまでそれを食べるのか?だったらそれを食するのをやめてベジタリアンにでもなればいいのにと思うが、なぜか多くのベジタリアンはシーフードを食べる。矛盾がないとはとても思えない。

2010年11月1日

世界で一番COOLな首都ウェリントン

旅行ガイドブックでは世界で最大規模を誇るLonely Planetが選ぶ旅行すべき世界の都市で、総合ではニューヨーク、タンジール、テル・アビブに次ぐ4番目に、首都ではロンドン、ローマ、そしてパリを差し置いて、ウェリントンがトップを飾った。

In the sixth edition, released today, the publication refers to Wellington under the banner of "coolest little capital in the world".

今日発行された第6版このガイドの中で、(バナーを使って)ウェリントンを世界で一番素晴らしい小さな首都だと紹介している。

払われていない罰金が$720m

New Zealanders owe nearly $720m in unpaid fines, new figures show.

最新の統計で、ニュージーランドの人々は$720mもの未払いの罰金を負っていることが明らかになった。

Of that, Cantabrians owe more than $16.5 million in unpaid fines. In total, 8662 people in Canterbury owed $16,522,234 in fines and reparations as of September 30, Justice Ministry figures showed.

カンタベリー地方だけで8662人の人々が$16,522,234もの未払いがあると、法務大臣は述べた。