2011年1月9日

20年間も屋外で過ごした不法滞在者

72歳になるドイツ人が不法滞在のままニュージーランド各地をラウンドしていたようです。なので、50歳からふらついていたことになるので筋金入りの不法滞在者であることは間違いないように思います(写真はイメージです)。


With a tent and an airbed packed into his old silver Mercedes-Benz, and a kayak strapped on top, overstayer Jurgen Karl Ahrens made the New Zealand outdoors his home.

不法滞在者Jurgen Karl Ahrensは、古いシルバーのメルセデスベンツにエアベッドとテントを詰め込み、カヤックを屋根にひもでくくりつけ、ニュージーランドの野外を自分の住処にしていた。

For 20 years, the 72-year-old German avoided authorities and deportation back to his home country because he was always on the move.

72歳になるドイツ人は20年間も常に動き続けていたため、当局と彼の母国への強制退去を避けていた(または、回避することができていた)。

Often police would turn up to a sighting not long after Ahrens had left.

しばしば警察は、Ahrensが去ったずっと後に、目撃(場所)に来ていた。

This week, Ahrens' luck ran out when he was finally sent home.

今週、最終的に彼が母国へ送られたとき、Ahrensの運が尽きた。

Wanted for questioning over an assault in Fox Glacier in 2004, he had been spotted by a member of the public at Aoraki-Mt Cook National Park and was arrested by police as he was about to go out kayaking on the Tasman Glacier.

2004年のフォックスグレーシャーでの暴行事件の指名手配で、彼はアオラキマウントクック国立自然公園の一般人として目をつけられていて、タスマングレーシャーのカヤックから立ち去ろうとしたところを警察に逮捕された。

"He had been in the hills for a couple of days when we picked him up, so he was unshaven and pretty scruffy looking," said Constable Joe Rush, a Twizel policeman who dealt with Ahrens.

彼が保護された時、彼丘の上に数日間住んでいたため、彼は無精ひげを生やし見た目はだらしなかった、Ahrensの事情聴取を担当した警察官ジョー・ラッシュは述べた。

"He said he used to take his sleeping bag and just go walking and sleep under the stars somewhere. He had a great general knowledge of the South Island - he must have been to every little nook and cranny. He was actually quite interesting to talk to."

彼は、寝袋を抱えて歩き、星の下でどこでも眠っていたと話していた。彼はかなり南島に精通していた - 彼は南島にあらゆる場所、隅から隅まで経験者でなければ知らないようなことも知っており、彼と話すことはとても興味深いものだった。

Mr Rush said police initially wanted to talk to Ahrens only about the 2004 assault complaint. "We did some inquiries with Immigration about his status, and that started to open up a can of worms, really."

ラッシュ氏は、警察は、最初は2004年の暴行容疑についてのみAhrensと話をしたかっただけだ、と述べた。私たちは移民局と彼のステータスについていくつかの問い合わせをしていた、そして厄介な問題を解決しようとしていただけ、それだけだった。

When Ahrens dealt with people over the years he used another name - he said it was because he got tired of people being unable to pronounce or spell his real name. He had a New Zealand driver's licence in his real name.

Ahrensは人々と交流するときは別の名前を使っていた。(偽名を使った理由は)彼は、人々が彼の名前を発音できない、または綴れないことに疲れていた、と述べていた。彼はニュージーランドの運転免許証を実名で取得していた。

"He was a very polite gentleman. He was no problem whatsoever to deal with," Mr Rush said.

彼はとても礼儀正しい紳士だった。彼はいかなる状況においてもまったく問題がなかった、とラッシュ氏は述べた。

Ahrens claimed to have spent some time living in a flat in Christchurch, but police could not find proof of this.

Ahrensはクライストチャーチ市内のフラットでしばらく暮らしていたと供述しているが、警察はこの証言に対して証拠を見つけていない。

"He said he travelled a lot. He had a tent and an airbed, and he just goes everywhere, from what he said to us. He spent a lot of time in Department of Conservation areas, just exploring New Zealand," Mr Rush said.

彼はいろんなところへ旅していたと話していた。(彼が私たちに話したことから)彼はテントとエアベッドを持ち、彼はどこでも行っていた。彼は保存局の管轄する場所で時間を費やしていた、ニュージーランドを探検するように、ラッシュ氏は述べた。

Ahrens told police he coped financially by collecting the German pension.

Ahrensはドイツ刑務所の取立てによって経済的にうまくいった、と警察へ話している(強制送還なので旅費をドイツ刑務所が立て替えていることからの意だと思われる)。

Immigration New Zealand would not discuss the Ahrens case, but said its upgraded systems had led to the number of overstayers falling 29 per cent since 2004.

ニュージーランド移民局はAhrensの件について議論をしなかったが、更新されたシステムにより不法滞在者の数が2004年から29%も減少している、と述べた。

In the year to June 30 last year, 2087 overstayers left the country as the result of Immigration NZ action.

去年の6月30日までの過去1年間、2087人の不法滞在者がNZ移民局の法的措置によりニュージーランドを去っている。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/travel/news/article.cfm?c_id=7&objectid=10698491

0 件のコメント:

コメントを投稿