2011年1月12日

2058年にタバコがなくなるNZ

シティグループが喫煙について調査した結果が公表されています。気がついたところを簡単に。


Smoking could "virtually disappear" in New Zealand and many other developed countries within half a century, according to research by a major investment bank.

主要な投資銀行の調査によると、ニュージーランドそしてその他の先進国においても半世紀には喫煙は事実上消滅するだろう、と述べている。

But Citigroup reckons the habit could be almost wiped out in Australia in as little as 20 years.

しかし、シティグループはオーストラリアにおいて20年もたたないうちに喫煙の習慣はほとんどなくなるものと考えている。

Smoking prevalence is 17 per cent in Australia and 19-20 per cent in New Zealand, depending on the data source, although Citigroup puts the NZ rate at 18 per cent.

オーストラリアの喫煙率は17%で、ニュージーランドの喫煙率は19~20%、データの参照元にもよるが、シティグループではニュージーランドの喫煙率を18%にしている。

But even if New Zealand has gone smokefree by 2061, the epidemic of smoking-related disease and premature deaths for many smokers will linger.

しかし、たとえニュージーランドが2061年に完全な禁煙国になったとしても、喫煙が関連した病気の流行や喫煙者の早死などは、しばらくは続くものと思われる。

"The deaths stop 20 to 50 years after smoking ends," Christchurch public health researcher Dr Murray Laugesen said.

(喫煙が原因の)死亡がなくなるのは、喫煙の習慣がなくなってから20年から50年ほどかかるだろう、とクライストチャーチパブリックヘルス調査員、ドクター・マレイ・ラウジェセン(Dr Murray Laugesen)は述べた。

He said the Health Ministry estimated before the Government announced its tobacco tax increases last April that New Zealand smoking prevalence would drop to 9 per cent by 2051. He calculated that the tax rises could shave off a further 3 percentage points.

保健省が去年の4月にタバコ税を上げる前に試算したところ、ニュージーランドの喫煙率は2051年には9%まで下がるものとみていた。彼は、タバコ税は(喫煙率を)さらに3%減少させるだろうと試算した。

Tobacco control groups were predicting before the tax announcement that on the current rate of decline in smoking, it would take 70 years for NZ to become smokefree.

タバココントールグループが、タバコ税が公表される前に予測していたのは、(そのまま)現在の喫煙率の減少であれば、ニュージーランドが完全な禁煙国になるのに70年はかかるものとみていた。

But following the announcement - and Parliament's Maori affairs committee recommending in November tough new policies with the aim of NZ's becoming smokefree by 2025 - they are much more hopeful.

しかしその次に出された告知において - 議会とマオリ施策委員会は、去年の11月にニュージーランドは2025年に禁煙国になるという厳しく新しい政策を推奨した - 彼らはもっと望みを抱いている。

"We have the vision that it can be done by 2020," said Prudence Stone, director of the Smokefree Coalition.

私たちには2020年までに禁煙国になれるという展望がある、合同スモークフリーのディレクターPrudence Stoneは述べた。

Citigroup said the percentage of smokers was declining throughout the developed world, "more or less in a straight line in most markets. If these trends continue, then by 2050 many important tobacco markets will have gone to zero smoking".

シティグループは先進国において喫煙率は下がっており、たくさんの市場でそれは確実(または、まっすぐに)に減少している、と述べた。もしこの傾向が続くならば、2050年には重要なタバコの市場はゼロになるだろう。

(中略)

シティグループが予測する喫煙が終わる国とその達成年は:

スウェーデン - 2028


オーストラリア - 2030

アイスランド - 2033

英国 - 2040

アメリカ合衆国 - 2046

ニュージーランド - 2058

イタリア - 2091

フランス - 2118

ギリシャ - 2231

ドイツ - 2280

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10698966

0 件のコメント:

コメントを投稿