2011年1月26日

就職支援に$20mを支給

政府へ就職支援補助を申請する人々の増加とその認可された補助の金額において明らかな増加傾向が見られます。

Ministry of Social Development data supplied under the Official Information Act show grants more than doubled from around $9 million in 2005-06 to almost $22 million last year.

オフィシャルインフォメーション法(公的情報開示法)により社会開発省が公開したデータによると、2005-06に支給していた補助金の額が$9ミリオンだったのが昨年には$22ミリオンに2倍以上に増えていることが明らかになった。

Ministry head Peter Hughes said the increase "reflects the increase in unemployment-related benefit numbers over the same period as a result of the economic climate".

大臣のPeter Hughesは、失業者関連の補助が増大している時期と経済が低迷している時期がほぼ同じく反映されていると、述べた。

But grants made to help people back to work jumped even more than unemployment - from 56,132 in 2005-06 to 110,299 last year, while unemployment benefits increased only from 38,796 to 67,084 in the four years to last month.

しかし人々を失業から働くことへ助ける補助は失業者よりもっと増えている - (支給された補助は)2005-06には56,132件だったものが去年には110,299件に増大しており、失業手当は先月までの過去4年間で38,796件から67,084件までしか増えていない。

The grants are available on a means-tested basis for people moving off sickness and sole parent benefits, students and non-beneficiaries, as well as people coming off the unemployment benefit.

補助は収入や状況に基づいたもので、病気や一人親補助から復帰する人々、学生、補助を受けていない人々、同様に失業手当を受給している人々へ支払われる。

The increase also reflects a policy change by the Labour Government which lifted the maximum grants to any individual from $500 to $1500 a year from May 2007.

補助の増大は、労働党によって2007年5月から個人へ支払われる補助のポリシーにおいて年間最大支給額が$500から$1500へ変えられたことも反映されている。

The average grant went from $169 in 2007 to $194 the next year and has levelled off since then.

2007年の補助の平均は$169で次の年には$194へ増加しており、そこから横ばい状態になっている。

Beneficiary advocate Kay Brereton said the most common grants were for presentable clothes and shoes to wear to job interviews.

受給賛同者Kay Breretonは、ほとんどの典型的な補助は(身なりを整えるために)就職面接に必要な靴や服のために支払われている、と述べた。

"If you've spent any time on the benefit, you don't necessarily have tidy clothes and shoes that suit job interviews," she said. "Sometimes it's tools and equipment and safety gear. At quite a lot of places you have to bring your own hard hat and boots and safety equipment."

しばらく受給を受けていると面接に必要な綺麗な服や靴などは必要ないかもしれない、彼女は述べた。それは道具や安全装具のときもある。少なくない場所において、固い帽子や長靴、安全装備を自分で用意して持参しなければならない。

Job-search grants of up to $300 in a year can also be made for childcare, transport, an interpreter and for tattoo removal if referred by a doctor. But Ms Brereton said she did not see many grants for these purposes.

求職補助は年間$300まで支給され、子供の世話、移動、通訳、そして、もし医者から同意を得られるなら刺青を除去する費用にも充てることができる。しかし、補助はそれらの目的にはあまり使われていない、と述べた。

"I don't think tattoo removal gets used all that much."

私は刺青を除去する補助はほとんど申請されていないと思う。

Grants for job-search increased from 6576 in 2005-06 to 27,664 last year.

求職のための補助は2005-06年の6576件から昨年には27,664件へ増加した。

Larger grants up to the full $1500 annual limit are available for the costs of taking up a definite job offer, including tools and equipment, moving house, initial childcare costs and initial transport costs such as registration and a warrant of fitness if a vehicle is essential for the job.

年間最大額の$1500は、明確な仕事を得るために、道具や装備をそろえたり、引越しや子供の世話や、もし仕事に必要と認められた場合は移動に使う車両の登録や車検の費用にも使うことができる。

However, the grant cannot be used to pay for actual vehicle repairs or to buy a car. Work and Income can lend beneficiaries up to $400 for vehicle repairs under a separate policy, but requires repayment. It does not give grants or loans to buy a car.

しかしながら、補助は車両の修理は購入には使うことができない。ワークアンドインカムは他のポリシーを適用し補助受給者へ車両の修理代金として$400まで貸与できるがそれは返金しなければならない。それは車を買うためのローンや補助とはならない。

Grants made to take up job offers account for almost all the increase in costs between 2005-06 and last year, trebling from $4.5 million to $14 million.

ジョブオファーを得るための補助のコストは2005-06年から昨年までに増加しており、その額は$4.5ミリオンから$14ミリオンへ3倍近く増えている。

The 37,063 grants made to take up job offers in 2005-06 appear to have assisted only half of the 75,591 working-age beneficiaries who moved off benefits into paid work in that year.

2005-06年のジョブオファーを得るための補助は37,063件あり、その年に75,591人の労働年齢の約半分の人々が受給者から労働者へ移行している。

Full data for 2010 are not yet available, but the 49,868 grants made to take up job offers in the year to June 2009 appear to have assisted 90 per cent of the 55,155 working-age people who moved off benefits into paid work that year.

2010年のすべてのデータは明らかになっていないが、2009年6月から過去1年に49,868件のジョブオファーの補助が申請されており、55,155人の90%にあたる労働年齢の人々を受給者から労働者へ移行させた。

Ms Brereton said most people who found fulltime jobs through Work and Income were told about the grants, but many who found work independently were still unaware of them.

Breretonさんは、フルタイムの仕事を見つけたほとんどの人々がワークアンドインカムを通して補助について聞かされていたが、個人で仕事を探していた、たくさんの人々はそれに気がついていない、と述べた。

She said there was also a growing problem of people who could find only casual or part-time work. The grants are only available for jobs of at least 30 hours a week unless there is no fulltime work available or people have reasons why they cannot work fulltime, such as childcare or disability.

彼女は、パートタイムやカジュアルの仕事しか見つけられない人々が問題になっていると述べた。補助は身体障害や子供の世話などによりフルタイムで働けない理由がない限り、少なくとも週30時間以上の仕事にしか適用されない。

"I have a client at the moment who is in temporary work.

私に一時的な雇用にある顧客を世話している。

"If he could get more tools and equipment he could get more work, but they don't want to give him a transition to work grant because it's only temporary work," Ms Brereton said.

もし彼にもっと道具や装備があれば彼はもっと仕事が得られるだろう、しかし補助は一時的な仕事をまかなう額しか支給されていない、Breretonさんは述べた。

"A lot of industry is using labour-hire firms. They are not employed permanently, only on a when-work-is-available basis. So they are not treated terribly consistently."

たくさんの産業は派遣業を使っている。彼らは継続的に雇用されておらず仕事があるときだけ働いている。彼らは継続的な相応の扱いを受けてはいない。


ニュージーランドでも製造業などで派遣業が幅を利かせていて、この業種の収入が少しずつ問題になりつつある。同時に、特にIT業界では単発のコントラクトがかなり増えている。どちらもたいした収入にはならない。一度収入の低い世界に入ってしまうとそこからなかなか抜けだせなくなってしまうのは、世界中どこでも同じかもしれない。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/politics/news/article.cfm?c_id=280&objectid=10701834

0 件のコメント:

コメントを投稿