2011年1月26日

借金が週$250mから$300mへ

この記事の続きになります。わずかな期間でここまで借金が増えています。気になるのはファイナンスのビル・イングリッシュが話す楽観論において確固たる根拠がなく陰りが見え始めたことです。彼が語る数字にはかなり無理があり誰がその奇跡を信じるのか疑問です。

The amount the Government has to borrow each week has jumped from $250 million a week to $300 million a week, to cover the blowout in the cash deficit to $15.6 billion.

吹き飛んだ$15.6の現金赤字損失を埋めるために、政府が借りている借金が毎週$250ミリオンだったのが、$300ミリオンへ急激に増加することになった。

But Finance Minister Bill English says that the operating deficit will halve next year and that the books were still on track to get back into surplus no later than 2015-16.

しかしファイナンス大臣ビル・イングリッシュは運営赤字は来年には半分になる、そして会計は当初の予定どおりに2015-16年よりも遅れることなく余剰分を回収する、と述べた。

"We will certainly be looking for opportunities to get back to surplus sooner," he said.

私たちは余剰分をすぐに元に戻す機会を探している、彼は述べた。

Mr English put the blowout down to a lower tax revenue because of a "more subdued" recovery than expected and the one-off costs of the Canterbury earthquake and the leaky homes package.

イングリッシュ氏は損失分を低い税収へ置いている、なぜなら予想したよりも景気回復が見られず、カンタベリー地震や水漏れ家への補償などの一時金が赤字の原因になっている。

Treasury's forecast for GDP growth in the current year has been downgraded from 3.2 per cent in the May Budget to 2.2 per cent.

国庫の今年のGDP予測は5月期の予算において3.2%から2.2%へ下げられている。。

Mr English said the Government would continue to limit new operating spending to $1.12 billion a year.

イングリッシュ氏は政府は継続して新しい運営支出を年間で$1.12まで制限すると述べた。

The figures reinforced the reality that there would be no spend-up in election year.

統計は選挙の年に(政府が)予算が思い通りに使うことができない現実を強く裏付けている。

"There cannot be a lolly scramble in 2011. No amount of wishful thinking can make that possible."

2011年には残された予算の取り合いはない。甘い考えを持っている限りそれが可能になることはない。

Mr English steered away from suggestions the Government would embark on wholesale spending cuts, such as reversing the decision to continue with interest-free student loans.

イングリッシュ氏は政府が金利なしの学生ローンなどの大規模な支出のカットに乗り出す提案などを検討から遠ざかった(舵を切りなおした)。

Mr English's emphasis yesterday was on lifting the performance of public service and government entities such as Housing New Zealand Corporation and the Ministry of Education.

昨日イングリッシュ氏は、ハウジングニュージーランドコーポレーションや教育省などの政府組織の公共サービスパフォーマンスを議題にあげることを重要視している。

He detailed the Crown's $223 billion in assets including roads, schools, housing, national parks, airlines, railways, and its $128 billion of liabilities, such as ACC and the Government Super Fund.

彼はクラウンの$223ビリオンの資産の詳細、道路、学校、住宅、国立公園、航空事業、鉄道事業、そしてACCや政府のスーパーファンドなど、$128ビリオンの負債を公開した。

The assets were expected to grow by $33 billion over the next five years. He said state-owned enterprises, valued collectively at $52 billion, were "a very small proportion of the family silver".

資産は向こう5年間で$33ビリオン成長するものと予測されていた。彼は政府が所有している企業、まとめて$52ビリオンの価値、これらはとても小さい資産にしかならない、と述べた。

"And we need to be using the whole silver set much more effectively."

そして私たちはすべての資産を効果的に使う必要がある。

He cited the fact that the Ministry of Education had 244 closed schools, teacher houses or vacant sites worth $96 million. They could sold to be used for new schools or better housing or defence equipment.

彼は教育省が244もの閉鎖した学校、教師の家または$96の価値のある使われていない建物などを持っていたことを挙げた。彼らは新しい学校として使う建物、またはいい建物を探すか、または防衛施設などを売ることになる。

"This is about a major shift in the public sector respecting public capital, treating it with respect, using it effectively particularly because when they waste it, we've got to go and borrow more from the same people who are lending to Spain and Portugal and they are going to be asking harder and harder questions."

これは公共のセクターの資本において主要な動きで、特に無駄がないように使用されなければならない。私たちは同じ人からもっとお金を借りなければならないが、彼はスペインやボルトガルへも貸し付けており、彼らが私たちにどんどん難しい質問をしている(要約すれば、政府が所有するものに価値があるならそれを売るなりして資金を作ることを後押しされている。貸付のために、それらの条件を満たす必要があるものと思われる)。

State agencies would be expected to show they were using their capital base "fully and effectively before being granted additional capital".

州機関は追加の資本金が認可される前に、資本金ベースをもとに無駄なく効果的に使っていることを見せることを予測している。

Labour's associate finance spokesman David Parker said it was time for National to take responsibility for the deterioration in the books.

労働党アソシエイトファイナンススポークスマンディヴィッド・パーカーは、国民党政権が会計の荒廃について責任をとる時期が来ている、と述べた。

"They have blamed the former Labour Government, they've blamed the Canterbury earthquake, they've blamed a decline in tax take, which they say is unexpected - but they haven't blamed themselves."

彼らは前政権労働党を非難している、彼らはカンタベリー地震を非難している、彼らは税収入が下がったことを非難している、彼らは言う、それらはすべて予期されたものではなかった。しかし彼らは彼ら自身を非難していない。


政府が赤字になると直接の被害を被るのは公共サービスの低下や増税など国民であり市民なので、これからニュージーランドに移住を考えている人は(しばらくの間は)就職や居住の難しさを理解したうえで行動することが必要になると思う。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/politics/news/article.cfm?c_id=280&objectid=10701961

0 件のコメント:

コメントを投稿