2011年1月14日

スーパーファンドが減益

お隣のオーストラリアの洪水の速報で流されてしまった感のあるとても大事なニュースです。この基金は今後のニュージーランドの将来を左右しかねない国内最大のファンドで、これが失速することになると政府はさらなる収入不足に陥ることになります。気がついたところだけ簡単に。

The New Zealand Superannuation Fund's reported a fall in investment earnings in November, after a significant decline in global fixed income markets sapped returns. 

ニュージーランド老齢退職年金は、昨年の世界的の固定収入市場が著しく減少し利益が吸い取られたあと、11月の投資の収入が落ち込んだことを公表した。

The so-called Cullen Fund, named for its architect Labour Finance Minister Michael Cullen, saw returns decline by 0.38 per cent loss in November, with assets now at $17.4 billion.

それはカレンファンドと呼ばれ、労働党の財務担当大臣マイケル・カレンの名前から命名され、そのファンドにおいて11月に0.38%の投資収入が減少し、現在の資産は$17.4ビリオンになっている。

The monthly fall, which comes after three months of consecutive gains, still leaves annual returns in good shape, with earnings for the 2011 financial year at 12.1 per cent.

その月の減少は3ヶ月連続で利益が続いたあとに起きており2011年度の年間の収益に換算すると12.1%でいまだに良い傾向にある。

The losses in the month were exacerbated by a shuffle of its investment structure.

その月に起きた損失は投資体制の改造によって悪化した。

The fund, which was established to partially fund the universal pensions of an ageing population, increased its holdings of international fixed income to $1.7 billion, or to 9.7 per cent of total fund size, from 7.5 per cent in October.

ファンドは一部世界中の老齢人口の年金で、国際固定収入が$1.7b、またはファンド全体で10月に7.5%から9.7%へ増加した。

The other notable movement over the month was the collapse of its cash, collateral and foreign exchanges hedges, which declined owing to unrealised losses to negative $393.5 million, a turnaround of $522.1 million on October's $128.6 million positive balance.

他の注目に値する動きは現金が崩壊していた、担保と外国為替のリスク分散で、未回収の損失の負債が$393.5m、10月の$128.6mのプラスのバランスから$522.1mの反転だった。

Since its inception in 2003, the fund has under-performed against target by 1.47 percentage points, with an absolute return of 6.85 per cent. The fund's primary investment target is to exceed, before tax, the return on Treasury bills by an average of at least 2.5 per cent per annum over rolling 20-year periods.

2003年の発端から、ファンドは6.85%の絶対利益を得ながらも目標の1.47%ポイントに達しなかった。ファンドの主要な投資対象は、税前で、20年の期間以上も少なくとも平均2.5%によって国庫の支払いを上回る必要がある。

Auckland International Airport Ltd. remained the fund's biggest local holding in November at 1.6 per cent of total value, followed by Fletcher Building Ltd. and Contact Energy Ltd. at 0.7 per cent and 0.5 per cent respectively.Australian toll road company Transurban Holdings was still the largest international stock in the fund at 1.6 per cent of total value, followed by ConnectEast Group, the operator of Melbourne's EastLink motorway, which rose to 1.2 per cent of total holdings from 1.1 per cent in October.

オークランド国際空港LTDが国内で最大のファンドで11月には全体の1.6%を占めており、フィレッチャービルディングLTDとコンタクトエナジーLTDが0.7%と0.5%で続いている。オーストラリアの有料道路会社、Transurban Holdingsは全体の1.6%で国際的な株式で最大で、Melbourne's EastLink motorwayの運営会社ConnectEast Groupに続き、全体に占める割合が10月の1.1%から1.2%に上昇している。

The fund also increased its holdings in Flughafen Zurich (Zurich airport), its third largest international equity investment, to $183 million or 1.1 per cent of total of fund value from 1 per cent previously.

ファンドはチューリッヒ航空の持ち株でも増加しており、それは世界から(チューリッヒ航空へ)投資されている3番目に大きな株主投資で、全体のファンドのうち、以前の1%から1.1%へ増加し$183mの投資額を誇っている。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4532599/Super-fund-earnings-soften-in-November

0 件のコメント:

コメントを投稿