2011年1月13日

救出できず封印されるパイクリバー


LATEST: Police have announced they are stopping the effort to recover the remains of 29 miners killed in the Pike River coal mine tragedy in November last year.

ニュージーランド警察は、昨年の11月にパイクリバーで起きた悲劇、29人の炭鉱作業員がいまだに眠る鉱内から彼らを救出することを断念することを公表した。

Police Commissioner Howard Broad this evening briefed families about the latest development at the Pike River mine where rescue staff have been battling  to stabilise dangerous gases and temperatures since the disaster.

ポリスコミッショナー、ホワード・ブロード(Howard Broad)は夕刻に、事故が起きてからレスキュー隊が危険なガスと温度を落ち着かせるために格闘していたパイクリバーについて最新の状況を家族へ説明した。

Broad told a media conference that he had little confidence that the bodies of the miners would ever be recovered.

ブロードはメディアコンファレンスへ、鉱内へ残された炭鉱作業員たちを救出することにほんの少しの自信しか持ち合わせていないことを述べた。

While it was technically possible, it was impractical and too unsafe, Broad said.

それは技術的に可能だとされていたが、それは非実務的で安全でない(ことがわかった)と、ブロードは述べた。

"Frankly, my confidence in terms of a recovery operation to bring the men out is quite low," he said.

率直にいえば、炭鉱作業員たちを鉱内から救出する作業ついて私の自信はとても低い(指揮できるだけの安全性が確保されない)、彼は述べた。

"The assessment is that the likelihood of getting into the mine safely is unrealistic."

調査報告書が安全に炭鉱内へ立ち入るのは非現実的であることを明らかにしている。

Experts from Australia and New Zealand agreed that any recovery effort was unrealistic, the commissioner said.

オーストラリアからの(炭鉱)専門家とニュージーランドは、救出作業は非現実的であることに同意した、コミッショナーは述べた。

"On this advice we do not hold out hope the men will be recovered.''

この勧告において私たちは炭鉱作業員たちを救出する望みを持たないことを明らかにした。

"It is time to focus on the living and memorialise those men who have died.''

それは私たちが生きることに目を向け亡くなった人々を記憶に残す時間となる。

Asked if the mine would now be sealed, Broad said: "I hesitate to use the word 'sealing'''

それは封印されるのか(または永遠に閉じられるのか)と聞かれると、私は封印という言葉を使うのに抵抗を感じる、とブロードは述べた。

Police were disappointed, he said.

警察は失望している、と彼は述べた。

Broad said responsibility for securing the mine had been handed to the receivers for Pike River Mine.

ブロードはパイクリバーをどうするのかどうかは管財人の手に委ねられていると述べた。

It was up to them to decide whether or not the mine was "commercially viable''.

鉱山を存続するかどうか、それは彼らの決断次第である。

Broad said families of the miners had mixed emotions about the news.

ブロードは、遺族と(生存している)炭鉱作業員はそのニュースで複雑な心境になっている。

"I think they were grateful for having been briefed on this. They have asked for additional briefings."

私は彼らがこの説明に感謝していると思う。(ただ)彼らはさらなる説明を求めていた(今後本当に救出作業をやらないのかどうか)

Family spokesman Bernie Monk has just told The Press he supported the police decision.

遺族のスポークスマン、バーニー・マンク(Bernie Monk)は、プレス紙へ彼は警察の決断を支持すると述べた。

Since the first explosion at the Pike River mine on November 19, 2010 the West Coast community has faced one heartache after another.

2010年11月19日にパイクリバーで最初の爆発のあと、もうひとつの爆発によってウエストコーストの住民たちは悲嘆にくれていた。

Originally the 29 faimilies had hoped the trapped miners' bodies would be returned home before Christmas, but continuous fluctuating gas levels at the mine made the recovery impossible.

当初は29人の家族たちはクリスマス前には彼らは救出されると望んでいたが、炭鉱内の有毒ガスの濃度が安全な水準に落ち着かないため救出作業が難航していた。

Four days before Christmas the rising gas levels inside the mine forced a temporary evacuation of staff at the site and the GAG (Gorniczy Agregat Gasniczy) machine, which was pumping water vapour into the mine, was shut down for repairs.

クリスマス4日前に炭鉱内の有毒ガスの濃度が上昇し作業員が一時避難を余儀なくされ、水蒸気を送り込んでいたGAGが修理により止められていた。


希望まで闇に葬られてしまった遺族の無念は筆舌に尽くします。ご冥福をお祈りします。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4536950/Major-Pike-River-announcement-due

0 件のコメント:

コメントを投稿