2011年1月31日

上級警察官の違法駐車

何度も指摘しているとおりニュージーランドの警察もあまり健全であるとは思えません。ここ数年で彼らは何度も自身の過ちをみ消そうとしていることが明るみにでており、今回もその偽装が告発されました。

One of the country's top policemen is being investigated over allegations of providing false information on a police letterhead to get a $200 parking ticket waived.

ニュージーランド警察のトップの一人が$200の駐車チケットを免れるために、警察のレターヘッドを使い間違った情報を提出した行為に対し調査が始まった。

The internal police investigation into Superintendent Bill Harrison, the national manager of youth services, began last month, two years after Wellington City Council waived the fine.

内部警察は、ウェリントンシティカウンシルが反則金を免除してから2年後、最高責任者ビル・ハリソン(Bill Harrison)、ユースサービスのナショナルマネージャー、彼へ2ヶ月前から調査を開始している。

A police vehicle was ticketed on Harris St, Wellington, on September 25, 2008, for not displaying a current registration label. The fine was for $200.

2008年9月25日、ウェリントンのハリス通りで警察の車両が有効なレジストレーションのラベルを車両に提示していなかったためチケットを切られた。そのチケットは$200だった。

Mr Harrison wrote to the council that day, using police national headquarters letterhead, asking for the ticket to be waived.

ハリソン氏は、ニュージーランド警察の本部のレターヘッドを使い、チケットを免除を要求する手紙をシティカウンシルへ送った。

"I attach a copy of the current label that, through an oversight, was incorrectly displayed (behind the old label)," he wrote.

有効なラベルの写しを同封します、それは不注意によって古いラベルの後ろに間違って表示していました、彼はそう書いた(法律では古いラベルは破棄し新しいラベルが常に見えるようにしていなければならない)。

But certified documents obtained by The Dominion Post show that the registration label Mr Harrison attached to his letter was issued one hour after the car was ticketed. The council waived the ticket on the basis that the registration was current, despite the time discrepancy.

しかしドミニオンポストが入手した認証された文章によると、彼の手紙に同封されたその新しいラベルはチケットを切られてから1時間後に発行されたものだった。シティカウンシルは、発行された時間に食い違いがあるのにもかかわらず、有効なラベルが提示されたため、そのチケットを免除した。

A council spokesman said yesterday the registration had been current, and the label supplied by Mr Harrison showed a later time because it was a replacement.

昨日シティカウンシルのスポークスマンは、その登録は最新のものだった、そしてハリソン氏が用意したラベルは取り替えられていて、のちに発行されたことを示していた。

It is understood police have obtained council documents relating to the infringement as part of their investigation.

警察がシティカウンシル自身の調査による罰金に関連する文書を手に入れていたことは理解されていた(すでに情報を手に入れていたのにも関わらず何もしなかった)。

Assistant Commissioner Grant Nicholls said in a statement yesterday that police became aware of "details of the allegation" in December and started an immediate investigation.

アシスタントコミッショナー、グラント・ニコラス(Grant Nicholls)は昨日の声明の中で、警察は12月に申し立ての詳細に気づき、早急な調査を始めた。

The case would be concluded "as quickly as possible", the statement said.

この件は可能な限り早く(調査するように)、と結ばれていた、と声明で述べた。

Mr Nicholls declined to respond to further questions.

ニコラス氏はそれ以上の質問に対し答えることを拒否した。

A woman who answered the phone at Mr Harrison's Churton Park home yesterday said he was at work. He is still based at police national headquarters.

ハリソン氏のChurton Parkにある家に電話を掛けたところ、女性が彼は仕事中だと答えた。彼はまだ警察の本部で働いている。

The only other infringement held by the council against the police car was in 2007 for an expired-meter offence, which was later paid.

警察に対しシティカウンシルによって発行された罰金は2007年のもので、それは駐車時間が失効したもので、それはのちに支払われた。

Last week, PricewaterhouseCoopers released a progress report on whether police were changing their culture after the 2007 commission of inquiry into police conduct, which was led by Dame Margaret Bazley.

PricewaterhouseCoopersは、Dame Margaret Bazleyによって指摘された警察の振る舞いについて、2007年から警察の文化が改善されているかどうかを示す報告書を公開した。

The report found there was little confidence among police that "concerning" staff behaviour would be detected, and no action was being taken over poor-performing senior staff at police headquarters.

報告書において、スタッフの振る舞いについての心配はそれほどないことに確信を持ち、警察本部の好ましくない行いをする年長のスタッフへ何のアクションもとられていない、ことを明らかにした。

"The commissioner and all his inspector mates in bullshit castle at headquarters should get back on the street and get a reality check," one officer told PricewaterhouseCoopers.

警察本部にいるコミッショナーと調査官はすべて公にしてチェックするべきだ、あるオフィサーはPricewaterhouseCoopersへ述べた。




スピード違反や酒気帯び運転は当たり前、呼んでもこない111、勤務時間に輪姦していたり、事故証明を偽装したり、どの国でも似たような警察の失態があるような気がする。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4596089/The-top-cop-and-the-parking-ticket

0 件のコメント:

コメントを投稿