2011年1月14日

もっとも小さい惑星がみつかる

日本語で書かれた記事で説明がなかった、住めそうもない惑星として紹介しています、ちょっと気になったのでメモ程度に。


A NASA telescope has found the smallest planet outside our solar system and it is rocky just like Earth.

NASAの天体望遠鏡は私たちの太陽系外で地球のように岩で構成されている最小の天体を見つけた。

But it is way too hot for any life. One side of the planet is about 2,700 degrees Fahrenheit. The planet is called Kepler 10-b after the telescope that found it.

しかしそれは住むにはとても熱すぎる。惑星の片側の温度はだいたい2,700F°。この惑星は天体望遠鏡がそれを見つけたあとケプラー10-bと呼ばれている。

NASA scientist Natalie Batalha said the planet is about 1.4 times the size of Earth and has a mass about 4 1/2 times our planet's. Astronomers have found other planets outside our solar system that are closer in mass to Earth, but none this small in width.

NASAの科学者ナタリー・バタリャ(Natalie Batalha)は、この惑星は地球よりも1.4倍ほどの大きさで4 1/2倍もの質量がある(4.5倍の密度)。天文学者が太陽系外で見つけた惑星は地球と同じ質量で、今回発見された惑星ほどの大きさでこの質量のものは見つかっていない。

The reason it's so hot is that it is 20 times closer to its star than Mercury is to our sun.

惑星の温度が高いのは、(太陽系に置き換えて考えると)水星への距離の20倍も太陽に近いためである。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/technology/gadgets/4530796/Telescope-finds-small-rocky-planet

0 件のコメント:

コメントを投稿