2011年1月25日

NYよりも割高なオークランドの家

不動産の価格と収入の差が大きすぎることが深刻な問題になりつつあります。記事が大きすぎてちょっと適当すぎるかもしれませんが御了承を。

New Zealand houses are among the world's most expensive when incomes are taken into account - and Auckland and Tauranga homes are less affordable than those in New York, says a major survey released today.

ニュージーランドの家は、収入を考慮にいれると世界でも最も高い物件になることが明らかになった - オークランドやタウランガの家はニューヨークよりも無理のある買い物になっている、と主要な調査会社は述べた。

Low incomes and high house prices are leaving Kiwis badly off and preventing many from climbing onto the housing ladder.

低所得と高い家の値段は、たくさんの人々から家を購入する階段を上ることを遠ざけている。

The seventh annual Demographia International Housing Affordability Survey of 325 cities and regions has given us the thumbs down, putting New Zealand alongside Australia, Britain, the United States, Canada and Ireland as among the world's worst housing markets.

年に一度発行されている第7版の統計学データ、世界325の都市で住宅購入実態調査が行われ、オーストラリア、ブリテン、合衆国、カナダ、そしてアイルランドと並んでニュージーランドが世界でも最悪な住宅市場にあることが明らかになった。

Four of the eight New Zealand markets surveyed - Auckland, Tauranga, Christchurch and Wellington - were classed "severely unaffordable". The other four - Hamilton, Napier-Hastings, Palmerston North, and Dunedin - were "seriously unaffordable".

ニュージーランドの市場において、8都市のうち4都市 - オークランド、タウランガ、クライストチャーチ、そしてウェリントンが、家を購入するのが深刻で困難である、に分類され、他の4都市 - ハミルトン、ネイピア-ヘイスティングス、パーマストンノース、そしてダニーデン - が、家を購入するのが著しく困難である、に分類された。

Despite three years of a depressed economy, housing remains out of many Kiwis' reach. The situation has worsened because house prices fell only marginally yet job security lessened and wage rises dried up.

3年もの経済停滞があったにも関わらず、住宅市場は改善されていない。状況は悪化している、なぜなら家の値段が下がったのはごくわずかで、いまだに高い失業の危機にさらされ、賃金の上昇が得られないでいる。

Reserve Bank and Real Estate Institute data were used to measure affordability by taking median house prices and dividing those by gross annual median household income. This gave the house price-income median multiple measure.

準備銀行と不動産協会のデータにより、家の中間価格を計算することによって購入できる家の価格水準を導きだし、年間中間総収入(その地域で得られる年間総収入を平均し中間に位置する額)によってそれらを割って計算している。これにより、家の価格-収入中間多重測定を算定している。

The ideal income-to-loan ratio is around three times an annual salary. But in New Zealand it takes 5.3 times the average annual salary to pay for a house. In Tauranga it takes 6.5 times the average annual salary and in Auckland 6.4 times. In New York, it's 6.1.

購入する家の価格はだいたい年収の3倍が目安といわれている。しかし、ニュージーランドではそれが平均年収の5.3倍にもなっており、タウランガでは(タウランガの)平均年収の6.5倍、オークランドでは(オークランドの)平均年収の6.4倍になっている。ニューヨークではそれが6.1倍である。

Survey co-author Hugh Pavletich, of Christchurch, called for more land to be made available for housing.

調査の副編集長はクライストチャーチへもっとたくさんの土地を宅地にすべきだと述べている。

"The Government needs to recognise the importance of dealing with the housing supply issues with urgency, so that New Zealand is more affordable and competitive than Australia. This will encourage young New Zealanders to stay in their own country and contribute to its development.

政府は住宅供給が不足していることは重要かつ緊急の課題として認識する必要がある、それによってニュージーランドはオーストラリアと比較するともっと家を手に入れやすくなる。これはニュージーランドの若い世代へ、自分たちの国に居住することを推奨しその開発を促進させるだろう。

"There is much work to do so that New Zealanders do not have to pay any more than three times their annual household income to house themselves. New Zealanders are paying twice what they should be for housing and construction costs are currently twice per square metre what they should be, due to urban planning degrading the performance of the residential construction sector over recent decades," Mr Pavletich said.

ニュージーランドの人々が年収の3倍以上の資金を使ってまで家を購入しなければならない現実を変えることは難しい。ニュージーランドの人々は、ここ10年において居住区の都市計画が品質などを低下させていることにより、2倍以上も家のために多く支払っており、2倍の面積を作るコストで家を建てている。

Tauranga is our least affordable city, followed by Auckland, Christchurch, Wellington, Dunedin, Hamilton, Napier-Hastings and Palmerston North.

タウランガが最も家を購入が困難な都市で、次に、オークランド、クライストチャーチ、ウェリントン、ダニーデン、ハミルトン、ネイピア-ヘイスティングス、そしてパーマストンノースと続いている。

The survey has been criticised by some as pushing right-wing free-market theories and developers' interests. But Brendan O'Donovan, Westpac's chief economist, praised it as useful and said three possible solutions to high house prices included relaxing urban land limits, cutting building compliance costs and imposing a tax on under-used land to discourage developers from hoarding property.

調査は自由主義陣営と開発側の思惑により批判されている。しかし、ウェストパックチーフエコノミスト、ブレンドン・オドノヴァンは、それは役に立つものと賞賛しており、3つの可能性のある解決法、都市部の制限をゆるめること、建築申請コストの削減、不動産開発業者が不当に土地を所有できなくするために使われていない土地(または使用されている土地)へ資産課税を適用する、などがあると述べた。

"The Australian and New Zealand housing markets are so stretched, whichever way you cut it compared to most of the rest of the world. A lot of us are saying if you are trying to get more affordable housing, it's not done by first-home buyer grants but more flexible supply-side measures."

オーストラリアとニュージーランドの住宅市場はかなり伸びきっている、どちらを切り取って比較しても、そのどちらも、世界の他のどの都市よりも伸びきっている。私たちの多くは、もしもっと簡単に手に入れられる家を購入しようとしたら、それは初めて家を購入しようとしている人々によってなされるものではなく、供給側がもっとたくさんの対策によるものだ。

This month, Westpac senior economist Dominick Stephens warned home buyers that present below-average fixed term mortgage rates could start rising rapidly.

今月、ウエストパックのシニアエコノミスト、ドミニク・ステファンズは、家を購入しようとしている人々へ、現在平均以下にある固定金利のローンの金利がすぐに上がるかもしれないことを警告していた。

Atlanta is the most affordable major city and Hong Kong is the least affordable. Sydney has become less affordable than Vancouver.

アトランタは最も家が手に入れやすい主要な都市で、香港はもっとも困難な都市になった。シドニーはバンクーバーよりも困難になってしまった。

The Knight Frank Global House Price Index out late last year showed New Zealand had one of the world's smallest price falls.

ナイトフランクグローバルハウスプライスインデックスは、去年の後半にニュージーランドは世界でもっとも価格の減少が少なかったことを示していた。


この記事で一番気になるのは最後の文章で、これが今年どのように位置づけがなされるのかどうか。現在ほとんどの都市においてその価格は横ばいか若干下落基調にあるので、何かが起こる可能性も否定できない。ただ、それが6月以前なのか9月以降のなのか、いまだに判断を迷っている人々が多い。

以前当ブログでもモーゲージについて検証しています。興味のある方はこちらから。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10701626

0 件のコメント:

コメントを投稿