2011年1月28日

国を切り売りし始めたNZ政府

おそらく今回の声明が11月の総選挙のカギになるはずで(日程訂正しました)、失策続きの国民党に対し、労働党が具体的に何を提示できるのか、これからが注目されると思います。

Prime Minister John Key believes the Government could free up as much as $10 billion from the partial sale of key assets including state owned power companies and a stake in Air New Zealand.

首相のジョン・キーは、政府が所有する電力会社やニュージーランド航空への出資を含む主な資産を一部を売却することで、$10ビリオンもの自由な資金が得られるものと信じている。

In a speech to an Auckland business audience today Key confirmed National was likely to campaign on partial sales of the three big energy generators and coal company Solid Energy in a bid to pay down Government debt a year earlier.

オークランドでビジネスの聴衆へのスピーチの中で、キー氏は(それは購入を聴衆へ勧めるキャンペーンのようでもあったが)国民党は3つの電力会社とソキッドエナジー石炭会社の一部を売却することで年初に計上した赤字の負担を下げることができると述べた。

It is also planning to cut its provision for new spending from the current $1.1 billion to between $800 million and $900m in this year's Budget with Key signalling potential savings in welfare reform and further public service cut backs to be announced over the next few weeks.

それは今年の新しい歳出費のための引き当てを現在の$1.1ビリオンから$800ミリオンから$900ミリオンまで削減することも計画されており、それは向こう数週間に公表される他の福祉の再構築や公共サービスのさらなる削減の可能性の前兆を示している。

In his first major speech of the year, Key said Treasury would be asked to advise on the merits of selling up to 49 per cent of Mighty River Power, Meridian Energy, Genesis and Solid Energy.

彼の今年最初の主要なスピーチの中で、国庫がマイティリバーパワー、メリディアンエナジー、ジェネシス、そしてソリッドエナジー各社の(株式の)49%までを売ることにおいてどれほどメリットがあるのか問われることになる。

It would also look at selling some of its existing shares in Air New Zealand, while maintaining a majority stake.

それはニュージーランド航空の(筆頭株主の)所有率を調整するために、現在所有している株のいくつかを売却することも視野に入れられている。

"No others SOEs are being considered and no decisions have been made," Key said.

他のSOEにおいて、考慮されることもなく、まったく何も決定もされていない、とキーは述べた(SOE、おそらくState Owned Equityだと思われる)。

The Government would consider Treasury's advice and make its plans clear well before the election.

政府は国庫の助言を考慮し選挙の前には計画を明確にする予定である。

It would also look at ways to borrow less for its capital spending programme over the next few years.

それは向こう数年間において資本の歳出プログラムのために少なく借りる方法をも検討している。

Key said as well as freeing up capital for other investments, the mixed ownership model, created by a partial float of shares in SOEs, would broaden investments available to New Zealanders.

キーは、他の投資のために資本を自由化すると同様に、SOEの中で株式を共有する一部によって作られた混在(または複数)の所有権(のモデル)をニュージーランドの投資家へ拡大する、と述べた。

It would only go ahead if the Government retained a majority stake and NZ investors would be in the front of the queue.

それは政府が多数を保ちニュージーランドの投資家がその最前列にいることによってのみ実施される。

The partial sales would have to provide good opportunities for investors, the freed-up capital would be used to fund new public assets and they would have to be satisfied that industry-specific regulations would protect consumers.

部分売却は投資家のために良い機会を用意しなければならず、自由化になった資本は新しい公共の資産として使われ、この資産は業界固有の規約によって消費者を保護することを満たさなければならない。

Speaking to reporters after the speech, Key said the measures outlined today could potentially slash billions from Government debt.

スピーチのあとにレポーターにキーが話したのは、今日の説明された方法によって政府の負債からビリオンもの額を帳消しにする可能性がある、と述べた。

"If we could do that with those five entities ... if we can make some savings in terms of what were looking at in the budget and maybe a little on the upside you're talking about somewhere in the order of $7 to $10 billion less borrowing that the Government could undertake."

もし私たちがそれら5つの会社を、もし私たちが予算の中でいくつかの貯蓄ができていたら、政府は$7ビリオンから$10ビリオンも少なくお金を借りることができていたかもしれない。

Asked what had changed since the budget policy statement in December, when none of the measures outlined today were signalled, Mr Key said the international environment was changing.

12月の予算ポリシーステートメントから何が変わったと聞かれれば、今日説明した方法において何も警告していない、キー氏は、国際環境は変わっていた、と述べた。

"And I think we saw that when Standard and Poors put New Zealand on negative outlook because of what was happening particularly in Spain.

そして、私はスタンダード・アンド・プアーズ(Standard and Poors)がニュージーランドをマイナスの予測に置いたとき私たちはその変化を見るだろう、なぜなら(特に)それはスペインで起こったことだから。

"The Government has to stop borrowing as much money; if we don't quite frankly New Zealand will be downgraded and interest rates will go up for all New Zealanders."

政府はたくさんのお金を借りることをやめなけらばならない; もし私たちが借りるのをやめなければ、ニュージーランドの評価は下がり、ニュージーランドに住むすべての人々のために金利が上昇することになる。

On the plan to cut new Government spending, Key said Government ministers had "kicked the tyres" over the summer break and identified areas where savings could be made in the upcoming budget.

政府の新しい歳出の削減において、キーは、政府の大臣たちへ夏の休暇中にタイヤを蹴っていた、そして次の予算で削減できるであろうエリアを特定できた、と述べた。

The Government had already reprioritised around $4 billion in spending over the last couple of years and had reduced the size of the core bureaucracy in Wellington with "more to come in the next few weeks detailing where other changes will happen".

政府はすでに過去2~3年間において$4ビリオンの歳出の優先順位を考え直し、ウェリントンの官僚機構(お役所仕事)の中心部のサイズを減少しており、他の変更が起きるところを向こう数週間で明らかにしていくことになる。

He said this year's Budget would focus on savings and investments.

彼は今年の予算は貯蓄と投資に焦点を合わせている、と述べた。

"New Zealand as a whole needs to save more, spend less and reduce our reliance on foreign debt."

ニュージーランド全体において貯蓄がもっと必要で、消費を少なくし、外貨負債の依存を減らす必要がある。

The Government would consider further changes to the tax system, to KiwiSaver and investment products suggested by the Savings Working Group.

政府は、セービングスワーキンググループによって提案されている、キウイセーバー(KiwiSaver)や投資商品などの、さらなる税金システムの変更を考慮している。

Effective tax rates on some forms of saving remained very high, he said.

貯蓄におけるいくつかのフォームにおける実行税率は、いまだにとても高いところにとどまっている、と彼は述べた(貯蓄に適用されている税率がいまだに高すぎる)。

''The Government is also interested in ideas that increase participation in KiwiSaver and raise national savings, but which don't result in an ongoing and unaffordable fiscal cost, which again would have to be borrowed,'' Key said.

政府はキウイセーバー(KiwiSaver)への参加を増やす考えに興味を持っている、そして国の貯蓄を上げること、しかし、それは進行していることで結果が得られることなく、負担しきれない財政コスト、それは再度借り入れなければならない、キーは述べた。

'HOCKING OFF ASSETS'

質入する資産

Labour's SOEs spokesman Clayton Cosgrove said National's plan lacked vision.

労働党のSOEsスポークスマン、Clayton Cosgroveは国民党の計画は洞察力に欠けていると述べた。

''They've done it before. It didn't work then though we were promised we would be better off. And it won't work now. It's a dumb idea.''

彼らは以前に同じことをやっている。それが機能しなかった、私たちはうまくできると約束していたにもかかわらず。そしてそれは今も機能しないだろう。それはばかげた考えだ。

The three big state-owned generators had a combined value of $11.75 billion, and earned $700 million a year.

3つの大きな政府所有の電力会社をまとめると$11.75ビリオンの価値があり、毎年$700ミリオンもの利益を出している。

''If John Key's economic plan consists of hocking off the family silver to the foreign pixies from whom he's also borrowing $120 million a week to give tax cuts to the rich, then he's living in a fantasy land.''

もしジョン・キーの経済計画が国の資産を海外の妖精へ売却することによって成り立っていて、彼がその妖精たちから毎週$120ミリオンを借金して裕福になるために減税している、それが可能なら、彼は幻想の世界に住んでいる。

NZ First leader Winston Peters said National's plan to sell off state assets was disastrous. It meant half New Zealand's state assets would soon be owned by Chinese interests because China was one of the few countries with ready cash to invest in countries like New Zealand.

NZファーストリーダー、ウィンストン・ピーターズ(Winston Peters)は、政府の資産を売る国民党の計画は悲惨な結果をもたらした。それが意味するのは、政府が持つ半分の資産は中国の利益によって所有される、なぜなら中国はニュージーランドのような国へ投資できる現金を持つ少ない国のひとつだった。

"Selling state assets represents a fraud on the people. It is nonsense to suggest that New Zealand will retain control of companies that are 49 percent privately owned.

政府の試算を売るのは国民に対して詐欺を象徴している。個人が49%を所有している会社をニュージーランドが保有しコントロールするのを提案するのはナンセンスだ。

"Why would any country sell off key assets that cannot be replaced? The taxpayers own these assets - not a bunch of National Party cabinet ministers."

どこの国が置き換えることのできない主要な資産を売らなければならないのか?納税者がそれらの資産を所有している - それは国民党議会の大臣たちではない。

TAX WARS

税金戦争

Yesterday Key slammed Labour's plan, which would create a tax-free band up to $5000 and put in a new top tax rate on income ''well into six figures''.

昨日キーは、労働党が提案した、$5000までの無税と収入において6つの新しい税率の計画を激しく非難した。

Phil Goff said Labour would not borrow to pay for the tax free band, and the new top tax rate and a clamp down on tax avoidance and loopholes would help cover the cost.

フィル・ゴフは労働党は無税に対して借金をすることはなく、新しい高額の税率と税金の抜け穴と税金逃れとを捕らえることによってそのコストを拠出することができる、と述べた。

But he is yet to release details of how he plans to fund the full $1.3 billion cost, which comes on top of a pledge to take GST off fresh fruit and vegetables at a cost of $250m a year.

しかし彼は$1.3ビリオン全額をまかなう資金の詳細の計画を公表していない、その計画には年間に$250ミリオンを要する新鮮な果物と野菜からGSTを取り除く公約もトップに置かれている。

Key said the Labour plan left a shortfall of $1.1 billion.

キーは、労働党の計画は不足分の$1.1ビリオンが計上されていない、と述べた。

That would push up borrowing from foreign lenders, increase interest rates and prompt a rating downgrade.

それは海外からの貸付が増え、金利の支払いが増大し評価は下がることになる。

''There's no magical fairy with a printing press at the end of the NZ garden.''

NZガーデンの最後に札を印刷する魅惑的な妖精はいない。

Goff had signalled Labour would look at ring-fencing losses on investment property so they could not be offset against other income tax.

ゴフは労働党へ、輪の囲いは投資物件の売買において、投資家の他の所得税が得られないことを警告した。

Key said National had considered and rejected it. At most it would raise $260m a year, but once sophisticated investors restructured their financial affairs ''you might raise $130m if you are lucky''.

キーは国民党はそれを考慮し拒否した、と述べた。それは年間$260ミリオンの支出が増えるが、投資家の再構築が洗練されれば、運がよければ$130ミリオンだけ増加させる。

He said the Government was borrowing $300m a week.

彼は、政府が毎週$300ミリオンも借りていると述べた。

If Labour borrowed the full $1.1 billion that could rise to about $320m a week.

もし労働党が$1.1ビリオンを借りると、毎週の返済は$320ミリオンへ増加することになる。

''Exactly which little pixie is going to deliver that? The answer is a foreign pixie that we have to borrow from.''

どの小さな妖精がそれを持ってくるのか確実にいえるのかどうか?答えは、その海外の妖精は、私たちがお金を借りている相手だ。

Labour countered today, saying Key was planning to ''sell the family silver to foreign pixies''.

労働党は今日反論し、キーは家族の財宝を海外の妖精へ売ろうと計画していた、と述べた。


他のメディアの記事と参照したところ、これをやらないと政府が(あるところから)貸付が受けられない逼迫した状況が背景にあるようです。審議のほどは不明です。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/politics/4582922/Key-reveals-plan-for-asset-sales



追加: 記事の内容を簡潔にまとめると、国の歳入が危機的な状況に陥っており、政府が所有する企業や建物を切り売りして現金を得ようとしている話。別な観点からこれを考察したい。

本来ならこの政府が持つ資産を売却するのは時と場合において有効な手段になりえるが、今回の動きにはかなり違和感を感じる。

まずタイミングが最悪で、好景気のときであればもっと高値で売れるはずの資産が足元を見られて叩き売りになる可能性が高い。つまり現在の(下がりきった)定価が売買の基準になる。その駆け引きを誰がやるのか?(最近新しい買い手がついたものの)政府はクレイファーの売買で買い手の選定を含めすでに取引に失敗している。そして、すべての物件において政府が最低でも51%の所有権を持つという。誰が(定価で)買うのか?

首相のジョン・キーが説明しているとおり、もし何もしないと国庫は底をつき国が破産する。現時点では第2のアイルランドになる可能性が高い。現政権はあとに引けない切羽詰った状態で、今回切り売りしようとしている株式もある程度で売れなければその損失を埋める収入にはならない。しかも何度も使える切り札ではない。売り切ったその時から別な収入先を確保しなければならず、また新たな赤字が発生する状況に陥る。目先の利益に踊っているだけで、根本的な解決策にはならない。

投資を考えられている方は、これは明らかにチャンスになる。なので、まとまった資金を最初に一括で集中投資し、そのあとしばらくして売り抜けるとそこそこの利益は得られるはずである。エコノミストが勧めているエアニュージーランドの株式も一考に値すると思うが、ちょっと疑問符がつく((借金の返済で)一時大きく下がるかもしれない。ちなみに筆頭株主はNZ政府で現在76.5%のシェアを持っている)。

この資産の切り売りのどさくさで大逆転になる可能性を秘めたものがたったひとつだけある。それは地下資源でこれは今回も対象にはなってはいない。金やオイルが眠る政府所有の土地にもしメスが入るようなことになると状況は一変する可能性が高い。なので、今回の切り売りが将来の地下資源の採掘につながるようなそんな気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿