2011年1月14日

マックがゲイのWEBをアク禁

McDonald's has begun allowing access to a number of gay-related websites from its free Wi-Fi service, but is sticking by its ban of a leading gay news website.

マクドナルドは、無料の無線ワイヤレスからいくつかのゲイ関連のウェブサイトのアクセスを許可し始めたが、有数のゲイニュースウェブサイトのアクセスを許可することには固執している(否定的である)。

The fast food chain faced the anger of the gay community after denying access to gay-related websites on a new free Wi-Fi service at its restaurants.

ファストフードチェーン店が店内に提供する新しい無料の無線ワイヤレスサービスにおいて、ゲイに関連するウェブサイトへのアクセスを禁止していることからゲイの人々の怒りを買っている。

The service, installed in branches nationwide in December, saw McDonald's claim it was now the largest free internet provider in New Zealand.

12月に全国の店舗に設置されたサービスは、ニュージーランドにおいて最大の無料インターネットプロバイダーだったとマクドナルドが主張していた(ことを目の当たりにした)。

But the service filtered a number of sites it deems to fall outside its "family friendly" policy. This saw access blocked to a number gay and lesbian-related sites.

しかしファミリーフレンドリーポリシー(家族にふさわしい適した方針)によっていくつかのサイトがフィルターされていた。これがいくつかのゲイやレズビアンに関連するウェブサイトへのアクセスがブロックされていたことを目の当たりにした。

The ban has sparked anger from a community who feel McDonald's are imposing a "censorship of gay-themed sites".

このゲイ関連のウェブサイトへのアクセス禁止はマクドナルドがそれを印象づけていた人々の間で瞬く間に広がった。

Last night McDonald's began opening up the service, removing blocks on a number of websites including Rainbow Youth and Agender websites, as well as the website for New Zealand Family Planning

昨夜マクドナルドはいくつかのウェブサイト、Rainbow YouthやAgender websites、New Zealand Family Planningのブロックを解除しはじめた。

However, so far it is sticking by a block on GayNZ.

しかしながら、GayNZはいまだにブロックされている。

"McDonald's is struggling with some of the content, for example some of third party advertising,'' communications manager Christine Dennis said in an email.

マクドナルドはサードパーティの広告などいくつかのコンテンツに手間取っている。コミュニケーションマネージャー、クリスティーン・デニス(Christine Dennis)はメールで述べた。

"Some advertisements are sexually explicit and they do not meet our 'family or child friendly' criteria.''

いくつかの広告は性的に不適切な表現があり、そしてそれは家庭や子供たちに適している内容(分類)に合致していない。

The company had offered to meet with the website's editor "to explore whether there is a mutually acceptable way to move forward''.

(マクドナルドの)会社はウェブサイトの全体を確認し相互に前へ進むために合意できるかどうかウェブサイトの編集者と会うことを提案した。

McDonald's apologised for any offence but said it would "actively discriminate" against access to sexually explicit or pornographic material in its restaurants.

マクドナルドはもし攻撃的な振る舞いが災いしたことに詫びたが、性的に不適切なもの、またはポルノをレストラン内でアクセスすることに対し常時識別しなければならないと述べた。

GayNZ is a news and information site for the gay, lesbian, bisexual and transgender community. It was a finalist in the "investigative journalism" section of the Qantas Media Awards last year, and was ranked the most popular Lifestyle-Gay and Lesbian site by Hitwise in its most recent survey.

GayNZはゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、トランスジェンダーの人々たちのためのニュースや情報を提供するウェブサイトである。それは昨年カンタスメディアアワードで調査能力の高いジャーナリズムとして最終選考に残ったサイトで、最近の調査ではHitwiseによりライフスタイルーゲイやレズビアンのための最も人気があるサイトであるとランクされている。

The website reported complaints pouring in from people unable to access certain sites, including the NZ Aids foundation site, Bro Online and the Family Planning web page.

ウェブサイトは人々からいくつかのウェブサイト、NZ Aids foundationやBro Online、Family Planningのウェブページがアクセスできない苦情を受けていたことを報告していた。

It quoted Wellingtonian Julz Darroch as saying the blocks "shocked" her.

それはウェリントンに住むJulz Darrochは、(それらのサイトへのアクセスの)ブロックは彼女にとって衝撃だったと述べた。

"Just when we think we can get used to being treated as equals in society, and in the main centres at least, something like this comes along," Darroch said.

社会の中での平等と扱われていると考えたとき、少なくとも主たる中心では、このような出来事が(沿うように)でてくる、とDarrochは述べた。

"Our being lesbian or gay, or wanting to be in contact with our friends and communities, should not be an issue for the likes of McDonald's."

私たちのレズビアンまたはゲイ、私たちの友人や人々と連絡をとることにおいて、マクドナルドで問題にすべきではない。

A check revealed a number of other gay-related sites such as graygay.com, lesbian.co.nz and daily.gay.com did not work.

そのチェックはいくつかの他のゲイ関連サイト、graygay.com、lesbian.co.nzとdaily.gay.comへは働かなかった。

However, Avert.org, a site for young gay people, and a number of sites with articles containing sex advice could be accessed.

しかしながら、若いゲイの人々を対象としたAvert.orgやいくつかの性的なアドバイスなどが含まれているウェブサイトはアクセスできる。

A Wikipedia article on the Karma Sutra could not, and neither did the men's magazine site Askmen.com.

ウキペディアにあるKarma Sutraの項目や男性雑誌のウェブサイトAskmen.comはアクセスできなかった。


これはGayNZが名指しでマクドナルドを非難している記事で、彼らのウェブサイトに マクドナルドが主張する不適切な広告があるのは事実なので、一般の公共の場所、または子供たちの目に触れても問題がないことを審査することは、十分に正当な理由であり、彼らの一方的な指摘はあたらないと思われる。ただ、マクドナルド側も関連するすべてのウェブサイトへのアクセスを禁止しなかった、その判断基準が一部不明瞭なので、そのあたりの説明責任はあるかもしれない。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/technology/digital-living/4530162/McDonalds-lifts-blocks-on-some-gay-websites

0 件のコメント:

コメントを投稿