2011年2月11日

泥棒に9回、拒否する保険会社

場所はハミルトンです。(もし本当の話なら)納得ができない点がいくつかあります。


Ruby Jackson, a solo mum of two toddlers, aged one and three, said insurance giant IAG now refuses to issue her contents insurance after she was burgled nine times in the past four years.

1歳と3歳の幼児を持つシングルマザーのルビー・ジャクソンは、過去4年間で9回も泥棒に入られたあと、保険会社の中でも大企業であるIAGが彼女のコンテンツ保険の支払いを拒否した、と述べた。

This is despite her moving four times in an effort to prevent further burglaries which police and the New Zealand Insurance Council describe as "freakish" and "frightening".

これは再犯を防ぐために彼女が4回も引越ししたのにも関わらず起こっている事件で、警察とニュージーランド保険カウンシルはそれは奇妙で恐ろしいと説明している。

But the Insurance Council says IAG is well within its rights to deny insurance cover.

しかし保険カウンシルは、IAGはその保険の適用を拒否する権利において十分な範囲内にあると述べた。

Miss Jackson, 24, is now about to move for the fifth time after the latest burglary of her rented Tainui St house about midnight last Friday, in which laptops were stolen and thieves rummaged through her drawers.

24歳のジャクソンは先週金曜日の夜にラップトップが盗まれタンスが荒らされたタイヌイ通り(Tainui St)の家から5回目の引越しの準備をしている。

(中略)

なにかおかしいように感じるのはここ。

IAG would not comment specifically about Miss Jackson's case.

IAGはジャクソンさんの件について明確なコメントを避けた。

But a spokesperson said if an existing customer had a theft or burglary claim within the last 12 months security must be upgraded as a condition of renewal, including the installation of double key deadlocks, window locks and monitored burglar alarm.

しかしスポークスマンは、もし(保険にすでに加入している)顧客が12ヶ月以内に泥棒の再犯に直面したとき、保険を更新するときに、ダブルキーデッドロック、ウィンドウロック、監視つきのバグラーアラームなどを設置しセキュリティを強化しなければならない、と述べた。

Insurance Council spokesman Terry Jordan was gobsmacked by Ms Jackson's predicament.

保険カウンシルのスポークスマン、テリー・ジョーダンはジャクソンさんの窮地にかなり驚かされていた。

"Nine burglaries, that is incredibly extreme. Most people have one burglary every 15 years or something like that or some don't have any at all ...That's quite frightening."

9回の泥棒はあまりに多すぎる。ほとんどの人々は15年に1回遭遇するか、まったく遭遇しないか。それはとても恐ろしい事態だ。

However, he said IAG had every right to refuse insurance cover.

しかしながら、彼はIAGは保険の適用範囲を拒否するすべての権利を持っている、と述べた。

"You don't have a right to insurance, you have to be responsible. No insurer would take that on. If you are getting burgled nine times there is something fundamentally wrong."

あなたが保険に正しいのではなくてあなたに責任がある。いかなる保険会社もそれに対し行動は起こさない。もしあなたが9回も泥棒に入られるのは何かが根本的間違っている。

Mr Jordan said Miss Jackson should "target harden" her home and make it too tough for burglars.

ジョーダンさんは、ジャクソンさんは泥棒の侵入を防ぐためにもっとセキュリティを強化すべきだ、と述べた。




もしこれが本当なら、もうこれはFairGoで採用されるのが一番の近道かもしれない。そもそも警察が泥棒を捕まえていれば彼女がセキュリティにお金を使う必要がないので本末転倒している。また、支払いがなされないまま被害者の負担が増えていく保険に加入する意味があるのかどうか(被害者が出費を続け泥棒が利益を得続けることが正当化されていいはずがない。途中のやりとりが記事にないので詳細は不明だが、もしIAGが9回目あとにこの意見を出しているのであればとても同意できるものではない)。

一度泥棒に入られると二度やられる可能性が高いので、過去に経験のある方は注意を。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/crime/4647093/Burgled-nine-times-refused-insurance

0 件のコメント:

コメントを投稿