2011年2月1日

経済不況がのしかかる建物業界

昨年の12月の新築の着工件数が歴史的に少なかったようです。

Building consent figures fell sharply in December, with one economist saying they probably cannot get any worse.

建物承認の統計データが12月に急激に落ちこんでいたが、建築業界はこれ以上の悪い数値を見ることはないだろう、とエコノミストは述べている。

Figures from Statistics New Zealand today show the 994 new dwellings, including apartments, authorised in December were the lowest in a December month since the series started in 1965.

今日ニュージーランド統計局から出されたデータは、12月のアパートを含む新築の着工が994件で、これは1965年から始まった調査において、最も低い12月の着工件数になったことを示している。

The number of consents was 27 per cent down from a year earlier, while the 909 dwelling units excluding apartments was down 28 per cent and the 85 new apartments was 8.6 per cent lower.

承認件数は去年の上旬よりも27%も減少し、アパートを除いた新築件数は909件で、28%減少し、アパートは85件で8.6%も減少している。

Seasonally adjusted new dwelling unit consents, including apartments, were down 19 per cent, while excluding apartments there was an 11 per cent decline, the sixth consecutive monthly fall.

季節によって調節された新規着工件数は19%下がり、アパートを除外すると11%下がり、毎月6ヶ月間連続して下がっている。

The value of residential building consents fell 26 per cent in December from a year earlier to $386 million, the lowest value since early 2009.

居住のための建物認証の価値は1年前の初旬から26%も減少し、$386ミリオンで2009年の初旬から最も低い価値になった。

For the 2010 calendar year the number of new dwelling units, excluding apartments, was 13 per cent higher than 2009 at 14,663, but 2010 was still the second-lowest annual total for a December year since the series began in 1990.

2010年度において、アパートを除いた新築着工数は2009年よりも13%も多い14,663件だったが、2010年の12月ははいまだに1990年から始まったデータでは2番目に低いものだった。

Non-residential building consents were worth $332m in December, 18 per cent lower than a year earlier, while for the year the non-residential consents value was $3.76 billion, down 17 per cent on 2009 which had the highest value on record for a December year.

12月の住宅以外の建物認証は$332ミリオンに相当するもので、昨年の初旬よりも18%も低く、住宅以外の建物認証の年間の価値は2009年には$3.76ビリオンで17%減少し、12月には最も高い価値だった。

While the fall in house sales during the middle of 2010 had foreshadowed a fall in consents, the plunge in December had been a surprise.

2010年の中期に住宅の値段が下がっているとき認証が減少することが予測されていたが、12月の急落は驚きであった。

Such weakness suggested there would not be much new dwelling construction activity during the first half of 2011, he said.

そのような弱さは2011年の最初には新築の着工はそれほど増える見込みはないことを提案している、彼は述べた。

"While we do not subscribe to the notion that there is a housing shortage at present ... we will start to very soon if consents continue to be weak."

私たちは現在住宅が不足していることにサインをすることはない、もし承認件数が弱いままでいるならば、私たちは間もなく(不足を埋め)始めるだろう。

Rebuilding after the Canterbury earthquake was expected to provide a boost to activity, but there were no signs of that in the consent data yet.

カンタベリー地震のあとの再建築が市場を活発化させるものと予測されていたが、承認のデータにおいてその兆候はまだ見られない。


一部でささやかれている、顕在化しつつある格差が家を建てられない人々を増やしているのと、(家を建てられるほどの資産を)持っている人々がオーストラリアへ渡っているのが原因だと聞いたことがあるが、もしこれが本当ならこの状況は長引くかもしれない。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/industries/4600359/Building-consents-can-t-get-any-worse

0 件のコメント:

コメントを投稿