2011年2月2日

家主にかかるレントの負担

レントの未払いが増えているようです。

Evidence of a likely $100 million-plus mountain of overdue rent nationwide has prompted a leading real estate agency to start a recovery company for landlords.

全国で$100ミリオン以上もの未払いのレントの証拠があげられ、主要な不動産エージェンシーが家主のために手助けをする会社を起業したことを促進した。

Called Rentfix, the company is a cross between a debt collection agency and a traditional rental management firm.

レントフィックス(Rentfix)と呼ばれるこの会社は、債権回収会社と従来のレンタルを管理する業者との間に介在する企業である。

Founder Graham Viall owns six Harcourts branches in Auckland and the property management arm of his business handles about 1200 residential properties.

設立者グラハム・ヴィオールはオークランドで6つのハーコーツ不動産を持ち、彼の手腕である不動産マネージメントは約1200もの住宅物件を扱っている。

Viall said the idea for Rentfix grew out of his market research last year. His Official Information Act request on applications to the Tenancy Tribunal in the previous 12 months produced some surprising figures.

ヴィオールは、レントフィックス(設立の)のアイデアは去年の彼の市場調査によって得られたものだと述べた。彼の公的情報公開法は、過去12ヶ月のテナンシートリビューナルの申請によりいくつかの驚かされるデータが得られた(テナンシートリビューナルとは、レントにおける争議で(レントを払わない人々など)と法廷で話し合いをするために申請する簡易裁判)。

In the year to September 2010, three-quarters of the 47,837 applications came from landlords seeking to recover unpaid rent.

2010年9月から過去1年間に47,837件のうち4分の3の申請は家主からの申請で未払いのレントの請求だった。


ヴィオールによると、平均的な家主は$2500の未払いがあり、そのうち多くは$7000までの未払いがあると述べている。これから家主をやろうとしている方には一考の余地がありそうです。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4597490/Landlords-owed-rent-fortune

0 件のコメント:

コメントを投稿