2011年2月5日

タラナキでグリーンピース逮捕

追加: 後に5名全員が逮捕されました。

ニュープリマウスのタラナキ港でグリーンピースの活動家1名が不法行為により逮捕されました。他の容疑でも訴追されるようです。

その現場の写真をNZヘラルドで見つけました。



そもそも彼らが何をやっているのか?

このタラナキ港に到着した船には10,000トンものパームカーネルが積載され、酪農大手のフォンテラが飼料用に輸入しているものです。グリーンピースは、このパームカーネルはインドネシアの熱帯雨林から伐採されたもので環境保護の観点から輸入を禁止すべきだと主張、意見書をオークランドにあるフォンテラ本部とニュージーランド政府へ送付しています。フォンテラはこのパームカーネルは環境破壊とはまったく関連がないと主張しており、双方の主張は平行線のままで、時折グリーンピースがフォンテラに対し抗議活動を起こしています。

ひとつだけ気になるのは、この輸入はニュージーランドのクリーンなイメージが傷つけられるのでやめるべきだと主張していること。以前は森林の伐採は環境破壊を促進させているのでやめるべきだ、と主張していたが、政府の介入が必要だとの妄想から、自分たちの都合のいいようにその矛先を変えている。もしまじめに議論をするなら、具体的な代替案などを提示しながら話を進めないと、破壊活動だけではそこに何の生産性もないことに気づくべきだと思う。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4621818/Greenpeace-activist-arrested-in-New-Plymouth

0 件のコメント:

コメントを投稿