2011年2月7日

景気低迷を危惧する首相

首相のジョン・キーがニュージーランドの経済についてテレビで述べています。

Prime Minister John Key says New Zealand may be in a "technical" recession.

首相ジョン・キーは、ニュージーランドは技術的な景気低迷の最中かもしれないと述べた。

Key was asked on TV ONE's Breakfast for his reaction to the suggestion from some economists that New Zealand's economy may have contracted at the end of last year.

キーはTVONEのブレックファストで、複数のエコノミストからニュージーランド経済は昨年の終わりに縮小したのではないかという意見に対し、どのような考えを持っているか尋ねられた。

"The third quarter was slightly negative, so it's possible we have a technical recession. I think the consensus is that we won't, but it's always possible," he said.

第3四半期においてわずかに下がっている(ネガティブ)ため、私たちは技術的な景気低迷に直面している可能性がある。私たちの総意はそうはならないと考えているが、その可能性はいつもある、と述べた。

A technical recession is two consecutive three-month periods of negative economic growth as measured by Gross Domestic Product (GDP).

技術的な景気低迷は2つの連続した3ヶ月間のGDPが共にマイナス成長しているため、そう考えることができる。

Key pointed out that the United Kingdom and Australia both recorded periods of poor economic growth towards the end of 2010.

キーはUK(イギリス)とオーストラリア、2010年最後に向かっていた経済において、そのどちらの国も共に低調な経済成長を記録していたことを挙げた。

And last week the Treasury said it thinks a technical recession was avoided.

先週国庫は技術的な景気低迷(2番底)の懸念は回避されたと述べていた。

"We expect that recession was avoided in 2010 with positive growth in real GDP during the December 2010 quarter, although it will likely be lower than the half-year update's 0.9%," it said in a statement.

私たちは2010年12月度四半期の実質GDPは経済成長とともに2010年の景気低迷は回避されたと予測している、しかしそれは半期に更新された0.9%よりも低いものになるだろう、と声明の中で述べた。

The GDP figure for the December 2010 quarter is due to be published on March 24.

2010年12月度四半期のGDPの統計は3月24日に公表される。


2011年の上半期は予測よりも(GDPなどが)下がる可能性が高くなっているように思えます。覚書まで。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/business-news/recession-possible-admits-pm-4014651

0 件のコメント:

コメントを投稿