2011年2月4日

鹿と間違え射殺した事件

この記事の続きです。過失致死罪で訴追されていた事件で、加害者へ2年半の禁固刑と被害者のパートナーへ$10,000の支払いが言い渡された。

追加: 最新の記事では、他の容疑についても調査がされており更なる刑罰が課せられる可能性もあるようです。

被害者は25歳の女性で教師の職についていた。彼女は去年の勤労感謝の日にキャンプをしていて、たまたま野外で歯みがきをしていたところ、キャンプサイト周辺で鹿狩りをしていたハンターがその姿を鹿と間違え、彼女は猟銃でいきなり頭を撃たれ射殺されてしまった痛ましい事件で、ニュージーランドにおいて初めてハンターによる殺人事件として人々の関心を集めていた。

記事元のコメント欄で、この刑期(2年半の禁固刑)について意見を求めています。普通に考えるとその刑は軽いと思われがちですが、ここでのコメントでは意外にも妥当だと言う意見がちらほら見受けられます。覚書まで。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10703790

0 件のコメント:

コメントを投稿