2011年2月10日

ChChを2013年完全復旧へ

クライストチャーチのインフラの完全復旧の目標を2013年に設定しているようです。

Water, sewerage, stormwater, parks and sports fields – few services were spared from the Canterbury earthquake last September, and although progress has been made on repairs, the estimated $460 million fix will take years.

上水道、生活下水、自然(環境)排水、公園、そして運動公園 -  いくつかのサービスは9月のカンタベリー地震とは切り離されたが、修理はすでに始まっており、$460ミリオンの費用を見積もった修理を完結するのには数年かかるものとみられている。

The council is targeting a mid-2013 date to have all its infrastructure fixed.

カウンシルは2013年中期にはすべてのインフラストラクチャーの修繕を終えることを目標にしている。

One of the key figures responsible for planning and overseeing the repairs is Kevin Locke, the Christchurch City Council's capital works programme general manager.

計画と修理のための主要な人物として責任を負うのはケヴィン・ロック、(彼は)クライストチャーチシティカウンシルのキャピタルワークスプログラムのジェネラルマネージャである。

Locke said such a huge project would normally be researched, designed and debated for two to three years. All that work had been compressed into a programme that took just weeks to develop.

ロックはそのようは大規模なプロジェクトは普通2~3年ほど調査、設計や議論を必要とする、と述べた。(必要とする)すべての業務を一週間で開発するプログラムへ凝縮した。

Officials know there is mounting pressure and ongoing scrutiny about getting the infrastructure repaired quickly.

オフィシャルはそこに圧力やインフラストラクチャーを早く修理するためのすでに実行している詳細な調査があることを知っている。

"There is no doubt about this. It is a massive challenge," Locke said.

これには疑いの余地はない。それは大規模は挑戦だ、ロックは述べた。


このクライストチャーチのインフラについて思うのは、いまでもM4以上の余震がたびたび報道されていること。修繕した箇所が(軽度の余震によって)また損傷を受けることの可能性があるのかどうか気になる。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4638844/Christchurch-infrastructure-fix-has-2013-target

0 件のコメント:

コメントを投稿