2011年3月23日

潮干狩りが15ヶ月ぶり解禁

毒性のある貝類による健康被害が報告されていたコロマンデルとベイオブプレンティの海浜において、15ヶ月ぶりにその警告が解除されました。警告は2009年12月から、神経麻痺を引き起こす毒を持つ貝類が東コロマンデル沿岸のタリルアからファカタネ河口で発見されたのち発動されていました。今回定期検査により安全であることが確認されたようです。ちなみに、クライストチャーチ河口周辺はいまだに警告が発動されています(下水により汚染されているため潮干狩り等、入水は不可)。

After 15 months, a toxic shellfish health warning for the wider Coromandel and Bay of Plenty coastline has been lifted.

The warning was put in place in December 2009 after paralytic toxin was found in shellfish from Tairua on the eastern Coromandel coast, through to the mouth of the Whakatane river.

Routine tests have indicated the levels of shellfish toxin are now within safe limits.

ネタ元:http://www.radionz.co.nz/news/regional/71030/toxic-shellfish-warning-lifted

0 件のコメント:

コメントを投稿