2011年3月10日

クライストチャーチで稼ぐセックスワーカー

クライストチャーチで働く人々を相手にしているようです。


Sex worker Candice, 24, said she had been busier than ever servicing search-and-rescue staff, builders, and even two New South Wales police officers, The Press reported.

24歳のセックスワーカー、Candiceはいまだかつてないほど忙しく、捜索・救助隊やビルダー、そしてオーストラリアのニューサウスウェールズから来ている2人の警官を相手にしたと話していた。

She had made an average of $700 a night since returning two nights after the February 22 quake and on her best night she had made $1400, she said.

彼女は2月22日に起きた地震後、2晩ほど仕事に戻り、一晩に平均$700を稼いでいて、最も忙しかった夜は$1400も稼いだ、と彼女は述べた。

"In three years, I've never made this much before. The foreign ones are the best - they pay the most."

過去3年間で、私はこんなに稼いだことがなかった。外国から来た男たちがよかった - 彼らが(いまの稼ぎの)ほとんどを支払ってくれている。

Another sex worker, Mary, who lost her house in the quake, said she had also been very busy.

もうひとりのセックスワーカー、Maryは震災で家をなくしてしまったが、彼女もずっと仕事に忙しくしている。

"It's their way of dealing with it. If they can get some relief, I think there's nothing wrong with that."

それは任務をこなす彼らの方法(のひとつ)。もし彼らがしっかりと休息を得ることができるなら、私は(それについて)何も間違ってはいないと思う。


個人の自由なので何もいうことはないが、なぜNZヘラルドが彼女たちへこのような取材をしたのかそれが気になる。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10711287

0 件のコメント:

コメントを投稿