2011年3月11日

ニュージーランド航空が再度値上げへ

ニュージーランド航空がジェット燃料の高騰により航空運賃を平均8%値上げするようです。

From March 18, domestic airfares will increase by an average of 7 per cent, fares to Australia and the Pacific Islands will increase by an average of 8 per cent and long haul fares will increase by an average of 7 per cent.

3月18日から、国内線は平均7%、オーストラリアとパシフィック諸島は平均8%、航続距離が長い国際線では平均7%の航空運賃の値上げが実施される。

The airline said that in the past month jet fuel has increased from $US114 ($NZ155) per barrel to $US130 per barrel, adding almost $US10 million per month to the airline's operating costs.

ニュージーランド航空は先月のジェット燃料はバレルあたり$US114 ($NZ155)だったのが今月は$US130まで値上がりしており、運営費用へおよそ$US10ミリオンも加算されていると述べた。

Earlier today, Qantas said it would again increase fuel surcharges on international flights on tickets issued on or after March 17.

今日早く、カンタス航空は3月17日以降に発行された国際線のチケットの燃料追加料金を再度値上げすることを公表している。


$50の国内線だと$3.50、$2000の国際線だと$140。この程度の増額だと、ま、しょうがないか、と思わなくはない(来年までに数回繰り返される予感が少しだけする)。ただ、(客席が多く燃費のいい)エアバス社のジャンボ(A320)が日本行きに就航すれば、もしかすると値段が下がるかもしれない。なので、それほど悲観しなくてもいいかもしれない。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/4754171/Air-New-Zealand-fare-hike-to-cover-fuel-costs

0 件のコメント:

コメントを投稿