2011年3月22日

ガソリンの値段が世界不安で上昇

今回の値上げは日本の地震とリビアの空爆が主な要因のようです。



BP and Caltex petrol stations both increased prices at the pump today, citing uncertainty about supplies from Libya and the recovery of Japan.

BPとカルテックスは2つの会社は、日本の震災復興とリビアからの石油供給の不確定要素の高まりにより、今日ガソリンと軽油(ディーゼル)の小売値段を上げた。

At 80 of BP's forecourts the price of unleaded 91 went up three cents to $218.9.

BPのガソリンスタンドの80店舗が91オクタンを3セント上げ$2.189へ値上げした。

Ninety-five also went up three cents to $226.9, and diesel went up four cents to $168.9.

95オクタンも3セント上がり$2.269、そして軽油(ディーゼル)も4セント上がり$1.689へ値上がりした。

Caltex has increased the price of its diesel, up two cents to $165.9.

カルテックスは軽油(ディーゼル)において2セント上げ、$1.659へ値上げした。

Shell said there's been no changes to the prices at its pumps while Mobil were yet to respond to ONE News.

ONEニュースが他の業者へ問い合わせたところ、シェルは小売の値段はまだ変えていないとの回答があったが、モービルからはまだ返答が得られていない。


巷のうわさではこの燃料の値上げはまだ続くようです。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/petrol-prices-in-nz-rise-amid-global-uncertainty-4078446

0 件のコメント:

コメントを投稿