2011年3月24日

頑張らなくていい

あちこちで被災者の方へ頑張れという無責任な放言が見られるのでひとこと。

被災者の方がもしそれを重荷に感じるのであれば聞かないふりをしてもかまわないと思う。運動会やテストで’頑張れ’というのは問題ない。本人の努力次第で結果を変えられる可能性がそこにあるから。

被災者はまったくそれに該当しないし、あまりに状況が違いすぎる。

被災者の方へ向かって’頑張れ’という言葉をかけたところで、被災者本人がいくら頑張っても結果はまったく別のところで大きく左右されているのが現実。変えられるものではない。

一部の地域では食料の供給が絶たたれ、ひもじい思いをしている彼らに対しなぜそんな無責任な言葉をかけることができるのか意味がわからない。

もっといえば、こんな無責任な言葉を言えるのは、衣食住に困ってない人たちだけで、実際、被災者の方々の苦労をどれだけ理解しているのか。知らないから、’頑張れ’と軽々しくいっているようにしか聞こえない。

身近なところで例えると、クライストチャーチで被災している人々で、まだ簡易トイレで苦労している人もたくさんいる。彼らに対して、’頑張れ’なんて声をかけることなんかできない。彼らはなぐさめなんて期待していない。一刻も早く下水道が修理されればそれでいい。彼らが頑張る必要なんてない。行政が早く解決するよう努力すればいい。

日本の惨状はその比ではないかもしれないが、被災者からの観点からみると、この気持ちは同じではないかと思う。行政が彼ら被災者のために精一杯頑張らないといけない。

被災者の方は(心身ともに疲れているのにそれ以上)頑張らなくてもいいはずで、ここしばらくは健康に留意するくらいで十分だと思う。

東電、政府、自衛隊の方にはぜひ頑張って頂きたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿