2011年3月29日

首相がいじめ問題に介入

ジョン・キー首相が教育省へ、すべての学校がいじめの問題に取り組むことを再認識させるよう要請しました。

以前から校内暴力やいじめが頻発しており、その現場の動画もいくつか報道されています。そのうちのひとつを載せておきます。



Key says there will be checks in place to ensure schools have anti-bullying strategies in place.

キー氏は、この通達により学校においていじめをなくす努力がなされてるかどうか確認されることなる、と述べた。

"It's my expectation that the boards will meet with their school principals to ensure that they have in place a solid and workable plan for combating bullying," he said.

ボードが校長と面会し、学校がしっかりとした計画のもとにいじめに対し適切に対応しているかどうか、再確認することを私は期待している、彼は述べた。

"It's also my expectation that ERO [Education Review Office] audits will reflect the adequacy of those anti-bullying plans."

私は、教育審議会の監査もこのいじめ撲滅の計画に同調することも期待している。


想像している以上に問題は深刻化しており、政府は状況を変えるべく声明をだしたようですが、今回のように動画が証拠として提出されるか、または被害者が名乗りをあげるか助けを請わない限り発覚が難しいようです。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/pm-orders-crackdown-bullies-4091007

0 件のコメント:

コメントを投稿