2011年3月30日

地震による観光業界への影響

ゴールドマンサックスアンドパートナーズニュージーランドの調査によると、震災による観光業界への影響は軽微ではないが、長引くものではないと予測しています。

Updating its outlook for sector, economist Philip Borkin forecasts a 10 per cent drop in international arrivals in the second quarter of 2011, similar in magnitude to the reactions seen after the September 11 terrorism attacks in 2001 and the global SARS scare in 2003.

観光業界の展望を更新すると、エコノミストのフィリップ・ボーキンは、2001年の9月に起きたテロ攻撃と2003年のSARSの世界不安の後と同じように、2011年の第2四半期における海外からの来訪者は10%ほど減少すると予測している。

While there is no "template" for how tourism markets are affected by major natural disasters, the evidence from other countries tends to show a short, sharp reaction followed by a reasonably swift return to normal patterns.

観光業界がどのように自然災害から影響を受けているかテンプレート(型にはまったもの)はないが、他の国々の兆候では、普通のパターンに戻るまでごく短い急激な動きがあることを示している。

Accordingly, international visitor arrivals are forecast to rebound from July onwards, and be back at their pre-quake levels by the end of the year, while the anticipated 66,000 arrivals for the Rugby World Cup in September and October are expected to be unaffected.

海外からの来訪者は7月以降回復し、今年の最後には震災前の状態に戻ると予測されており、9月と10月に開催されるワールドラグビーカップに訪れる66,000人の来訪者への影響はないものと思われる。

However, the impact of the short-term downturn in arrivals would be made more severe by an expected 40 per cent drop in arrivals from Japan, in the aftermath of its massive earthquake and tsunami this month.

しかしながら、今月発生した大規模な地震と津波が、短期的には来訪者を深刻に減らしており、日本からの来訪者は40%程度減少すると予測されている。

Japanese visitor spending averages $4,500 per visitor, compared with a $2,300 spend averaged across all visitors.

日本人旅行者が1人あたり平均$4,500消費するのに対し、他の国々の旅行者は平均$2,300消費している。

Assisting a bounce-back will be average growth from in major source countries in line with the average annual growth rate of 3.4 per cent, weighted for visitor arrivals, since 1990.

回復の後押しは主要な国からの来訪者により平均的なものになり、1990年からの来訪者を重視していた、年間平均成長率は3.4%に落ち着くと予測されている。

Additional airline capacity would also both add seats and keep pressure on prices.

追加の航空機の投入はシート数と価格に圧力を与えることになる。

"We forecast visitor arrivals to contract 0.3 per cent in the 2011 financial year (to June 30), largely driven by the near-term disruption from the Christchurch earthquake," said Borkin.

私たちは2011年度(6月30日まで)の来訪者は、クライストチャーチ地震からの影響による半期に近い大きな中断によって0.3%へ縮小すると予測している。

Arrivals growth should then rebound solidly by 5.6 per cent over the 2012 financial year, compared with a previous forecast of 6.2 per cent for the period.

去年の年度予測の6.2%と比較したとき、2012年度には来訪者数の成長率は5.6%ほど回復するものと予測されている。

(残念ながら震災で壊れてしまった)数々のヨーロッパ建築の荘厳な景観はもとより、南半球で最も美しい街としてその名を世界に知られていたクライストチャーチがどのように復興するのか、その都市計画に注目が集まっています。歴史的な建造物を凌駕する近代的な建物がその計画にあるようですが、これにはかなり時間がかかるとみられています。この観点からみると、ラグビーワールドカップで来訪者は一時的に増えると思われますが、長期的かつ継続的な来訪者を見込んだとき、クライストチャーチの都市計画のその内容が将来において相当な重要性を持つように思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/industries/4826100/Quake-shock-to-tourism-sharp-but-short

0 件のコメント:

コメントを投稿