2011年3月26日

震災建物から物を盗む解体業者

追加: 該当する業者が永久追放されたようです。詳細はこちらから。

*******
クライストチャーチのCBDにある震災被害で倒壊または損害を受けている建物を解体する業者が、彼らが解体しようとしているその建物から物を盗み取った疑惑が警察へ報告されているようです。


Police are dealing with complaints of demolition firms taking goods from earthquake-damaged central Christchurch businesses.

警察は、クライストチャーチ中心部にある震災で損傷を受けた建物から物を盗んでいる解体業者の苦情の調査に取り掛かっている。

Canterbury area commander Superintendent Dave Cliff said yesterday police had been contacted about property being stolen. He would not talk about specific cases.

カンタベリー地区コマンダー指導監督者、デイヴ・クリフは昨日、警察は盗難が報告されている店舗について接触があったと述べた。

"It's not a very large number of issues I'm aware of."

私が知る限り、それはそんなにたくさんの問題が絡んでいるとは思っていない。

Cliff said it was illegal for demolition companies to take goods from demolished buildings.

クリフ氏は、解体された建物から物を持ち出すことは、解体業者がやってはならない違法行為であると述べた。

"The accredited demolition companies have no rights to charge to salvage property from the buildings they are working on," he said.

認可された解体業者は、彼らが(解体の仕事で)働いている建物から財貨の救出から逃れられる法的なものはない、彼は述べた。

"Firms being employed to demolish cannot take property and retain it. It belongs to the owner."

解体のために働く作業員はそれを持ち出すことも保持することもできない。

Cliff said Civil Defence had given assurances that goods taken from buildings would be returned to the owners or tenants.

クリフ氏は、シヴィルディフェンスへ、その盗まれたものを店舗のオーナーや店主へ返却することが確実に実施されるよう監視することを要請された、と述べた。


特別な権利を与えられて立ち入り禁止区域内で作業をしているのは十分理解しているはずなので、厳罰で罰するべきだと思います(一般の人々からの目撃による被害報告の可能性が低いので確信犯の可能性が非常に高い)。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4812119/Thefts-from-demolition-sites-alleged

0 件のコメント:

コメントを投稿