2011年3月8日

クライストチャーチでM4.3の余震

Christchurch has had another strong aftershock tonight, with a 4.3 magnitude earthquake shaking the city.

今晩(3月8日)、クライストチャーチで(街を揺らす)M4.3の強い余震が発生した。

The quake struck at 10.03pm within 5 kilometres of Christchurch at a depth of 9km, the GeoNet website reported.

発生時刻は10:03PMで、クライストチャーチから5km以内、深さが9kmの地点で計測された。

The quake was felt strongly in Christchurch, GeoNet said.

GeoNetはこの地震はクライストチャーチで体感できるほど強いものだったと述べた。

Ten earthquakes of magnitude 3 or higher have shaken Christchurch today.

クライストチャーチに発生したM3以上の余震は3月8日に10回記録されている。


どこかの予報士が3月20日にクライストチャーチで大きな地震があると予測しているが、これに対しニュージーランドのシヴィルディフェンスはコメントを拒否している。去年の9月から続くこの余震は以前止まる気配をみせておらず、もし今週または来週にM5あたりを記録するようになると彼の予測が当たる可能性は高まる可能性はある。いずれにせよ、(グランドチャンセラーを含む)倒壊の危険がある建物に対し早めに対応することが直近の2次災害を防ぐ最善の方法なのに、歴史的建造物は除外しろ(じっくりと検査してから解体する)、等という意見も出されており、いまだその判断に混乱がみられる。カセドラルが倒壊した時点で、カウンシルは考え方を変えるべき時にきていると思う。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/4745913/4-3-earthquake-aftershock-shakes-Christchurch

0 件のコメント:

コメントを投稿