2011年3月4日

ウェリントンでM4.7の地震が発生

散発的に地震の頻度が増えているように思います。

A magnitude 4.7 earthquake rattled Wellington early this morning, the second quake to hit the capital in less than a week.

今朝マグニチュードM4.7の地震がウェリントンを揺らしました。今回の首都を直撃した地震は一週間以内に起こった2回目の地震です。

The quake struck at 2.19am, at a depth of 30km, 10km north-east of Upper Hutt.

地震が発生したのは2:19AM、深さが30km、アッパーハットから北東へ10kmの地点で計測されています。

GNS Science said it was widely felt in the lower North Island and upper South Island.

GNSサイエンスはこの地震は北島の南部の広い地域と南島の北部で揺れを感じるものだったと述べています。

Police said there were no reports of damage.

警察はこの地震により損傷などは報告されていないと述べています。

On Tuesday, a quake measuring magnitude 4.5 hit at 10.07pm, 20km northwest of Wellington, at a depth of 40km.

今週の火曜日に地震が10:07PMに発生し、ウェリントンから北西へ20km、深さ40kmの地点でM4.5が計測されました。



世界の地震発生頻度を見てみると環太平洋の地震が増えているように見えます。これでみるとニュージーランドにはそれほど地震が発生していないようにみえ、日本と東南アジアが圧倒的に多いように思います。大きな地震がいつ来るかわからないので震災に備えることをお勧めします。


ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/4730722/Quake-shakes-Wellington

0 件のコメント:

コメントを投稿