2011年3月5日

NZヘラルドの小粋な画像集 3

NZヘラルドに掲載されていた面白画像を適当に集めてみました。

第3弾です。

さわやかに精子の寄付を呼びかけています。実在します。



こちらニュージーランドのスーパーで箱で売られている缶入り清涼飲料を安く購入してバラで転売する人々があとを絶たないのでコカ・コーラがNot For Individual Sale(バラ売り禁止)と印刷しています。これかなり昔から書いてあるのでなぜ記事になっていたのか忘れましたが、もしこの法規を破ると$300の罰金だそうです。



そうだ、お婆さんを海へ連れて行こう!



なぜ休む? (注)


注: ちょっと補足が必要です。2月6日のワイタンギデイ、今年は日曜日で振り替え休日はありませんでした。なぜか、オーストラリア領事館(だけ)が2月7日の月曜日休館していたようです。


どっちにいけば幸せになれるのか?



発音は正しいかもしれません。



南オタゴ周辺が洪水になったときの写真です。看板がそれを予言していた貴重な一枚です。



これを笑える人は何かを知っている。


 
それは犯罪です(一番右)。



たまにみかけるバカです。捕まると罰金です。



やっぱりスリムなのかという議論を巻き起こした一枚。ペプシはそんなつもりで作ったわけではないと弁明していましたが、(やせ細った人が美しいという描写は)もう時代に合わなくなっているのは間違いありません。



今回一番笑ったのがこれ。辞書引いてみてください。とんでもない人材を募集しています。



事故の背景はこんな事情が。


頭なんか傾けちゃって参加してます。しかもカメラ目線です。みんな幸せそうです。




0 件のコメント:

コメントを投稿