2011年4月6日

NZPAが閉鎖の危機へ

ニュージーランドで最も古い報道機関とのことです。

The New Zealand Press Association (NZPA) is to likely to close after over 130 years supplying news to the country's newspapers and other media.

130年以上もニュージーランドの新聞や他のメディアへニュースを供給していた、ニュージーランドプレスアソシエーション(NZPA)が閉鎖される可能性があることが明らかになった。

NZPA held a meeting at its Wellington officers today to inform staff the association was under review. A final decision is expected at the end of the month.

NZPAは今日ウェリントンでミーティングを開き、スタッフへアソシエーションがリビューにあることを告げた。今月末に最終的な判断が下される見込みになっている。

Around 40 people will lose their jobs as NZPA winds down in the next four to six months.

向こう4~6ヶ月の間にNZPAで働いていたおよそ従業員40人が失業の危機にさらされることになる。

It is owned by the publishers of New Zealand's daily newspapers, Australian companies APN (which holds a 40% stake) and Fairfax (60%).

NZPAはニュージーランドデイリー新聞の発行者、オーストラリアの会社であるAPN(40%の出資金)、そしてフェアファックス(60%の出資金)により所有されていた。

NBR's understanding is that Fairfax wanted to close the association.

NBRはフェアファックスがアソシエーションを終わらせたがっていたことを理解している。


このNZPAは警察などの政府関連の情報元になっていることが多く、今後どこのメディアがそのソースを取れるのかちょっと気になる。

ネタ元:http://nbr.co.nz/article/nzpa-likely-close-down-ne-90174

0 件のコメント:

コメントを投稿