2011年5月12日

最初の簡易住宅20件が完成

クライストチャーチ地震の被災者のための簡易住宅が20棟完成したようです。


施行者はジェニアンホームズで、政府からコントラクトを受け、64平米の土地に、家族4人が住むことができる2ベッドルームの家を建てています。

他にも、200以上の事業者がこの簡易住宅に参入しており、なかには、船舶で使用していた輸送用のコンテナを中国で改装したものを$100,000で販売しようとしている業者もいるようです。

今回建設されたジェニアンホームズの簡易住宅は、GST、輸送費、建設費込みで$90,000で(政府がジェニアンホームズへ支払っており)、もし需要があるようであれば継続して建設されるようです。

コンテナよりも数倍住みやすそうです。

Jennian Homes, which won the Government contract for emergency housing, is finishing the first 64sq m two-bedroom, relocatable, double-glazed places designed to accommodate a family of four. The project was led by Jennian's mid-Canterbury director Nigel Smith and Canterbury director Bruce Maetzig.

More than 200 businesses tendered for the work, some offering re-birthed steel shipping containers as houses, built in China, shipped out ready to move into, all for about $100,000.

The department is paying Jennian $90,000 for each house including GST, site works and delivery, said a Jennian spokeswoman. The spokeswoman said once demand was established, construction would continue to supply further homes.

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/property/news/article.cfm?c_id=8&objectid=10725007

0 件のコメント:

コメントを投稿