2011年5月31日

煙草の代わりにニンジン2本を受刑者へ

悪い冗談にしか聞こえませんが、本当にニンジンを禁煙のために支給するようです。ちなみに刑務所で働く人々も禁煙をしなければならないようです。

Prisoners are being given carrot sticks to give up cigarettes ahead of a smoking ban.

間近に迫る禁煙条例の施行により、受刑者たちはタバコをやめるためニンジンスティックを与えられようとしている。

From June 1 no tobacco will be allowed into prisons ahead of the start of the ban a month later.

1ヵ月後に禁煙条例が始まるため、6月1日から刑務所でのタバコの喫煙が禁止される(または許可されなくなる)。

Ahead of the ban, a national directive is in place for prisoners to be given two carrot sticks a day with Invercargill Prison and Otago Corrections Facility among those participating, The Southland Times reported.

禁煙条例に向けて、国の命令が受刑者のために、インヴァーカーギル刑務所とオタゴ矯正施設にいる受刑者たちへ、一日あたり2本のニンジンスティックを与えることを通達している、とサウスランドタイムズは報じている。

In an Invercargill Prison internal communication supplied to the newspaper, one jumbo carrot provided 16 carrot sticks which would be cut into uniform sizes "to the best of our ability".

インヴァーカーギル刑務所では、ひとつの用意された大きなニンジンを、(私たちができる)最善の均一な大きさで16本分に切られる。

The president of the Corrections Association of New Zealand said when he first heard about the move he thought it was a joke.

コレクションアソシエーションオブニュージーランドの代表は、最初彼がこのことについて聞いたとき、それは冗談だと思った、と述べた。

Beven Hanlon said he would be surprised if the month's trial of supplying carrot sticks lasted long.

ベヴン・ハンロンは、もしニンジンスティックの供給が一ヶ月にも及ぶことに驚かされた、と述べた。

"I don't think it is one of [the Department of Corrections'] best ideas but it is worth a try," he said.

私はそれがひとつの刑務所の最善のアイデアだとは思わないが、試すことにおいて価値はあるだろう、と彼は述べた。

(中略)

"Our members believe the additional stress of quitting smoking will result in more new inmates being deemed "at risk" by prison staff.

私たちのメンバーは禁煙が結果的にさらなるストレスを生み、新しい受刑者へ看守のリスクとしてもたらされると信じている。

"This will in turn put more staff at risk - especially if more resources are not brought in to deal with the increased risk."

これは回りまわってスタッフをさらなるリスクに晒すことになる - 特に、十分なリソースが持ち込まれぬまま、増大したリスクと取引することにおいてリスクが生じることになる。


World No Tobacco Day
世界ノータバコデイ

Associate Minister of Health Tariana Turia says New Zealanders have much to be proud of in removing tobacco from their lives.

アソシエート保健大臣タリアナ・トゥリアは、自分たちの社会からタバコを取り除いていることに、ニュージーランドの人々はとても誇りに思うだろう、と述べた。

Turia has recently returned from Moscow where she was a keynote speaker at the World Health Organisation Global Forum: Addressing the Challenges of Non-communicable Diseases.

トゥリアはモスクワで世界保健機関グローバルフォーラム: 非感染症の挑戦演説の基調演説者で最近戻ってきた。

Talking on World No Tobacco Day, which is organised by the World Health Organisation, Turia said today was "a great day to celebrate all those who have taken a major step forward in their life".

世界保健機関によって推進されているノータバコデイについて話すと、トゥリアは、今日はすべての人々、彼らの生活の中で大きな一歩を踏み出したことを祝うとても偉大な日だ、と述べた。

"I am also really proud that this Government has had the courage to consider many strategies and proactive interventions to make progress in making New Zealand a smoke-free nation by 2025," she said.

私はこの政府がたくさんの戦略を考える勇気と積極的な介入により、ニュージーランドが2025年までに禁煙国になるために邁進していることを誇りに思う、と彼女は述べた。


もしかするとこのニンジンの支給は危険だという指摘は的を得ているかもしれません。受刑者の視点でこれを捉えると、(ニンジンで喫煙をやめろというストレス)それが看守に向けられる可能性は否定できないように思います。

いずれにせよ、(2025年までに)ニュージーランドで喫煙ができなくなる日が確実に近づいていることは間違いなさそうです。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/national-news/carrot-sticks-prisoners-ahead-tobacco-ban-4199783

0 件のコメント:

コメントを投稿