2011年5月15日

クライストチャーチで3回連続の余震

15日朝早く、3つの余震がクライストチャーチで発生しました。

A magnitude 4.6 quake shook Canterbury at 2.25am, at a depth of 10km, 20km east of Christchurch.

朝2:25AMに、クライストチャーチから東へ20km、深さ10kmの地点で発生し、マグニチュード4.6の余震がカンタベリーを揺らしました。

That was followed by a magnitude 4 quake just 15 minutes later, recorded as 9km deep and also centred 20km east of Christchurch.

マグニチュード4.0が起きた15分後に、(また同じマグニチュード4.0の)余震がクライストチャーチから東へ20km、深さ9kmの地点で計測されました。

Earlier, a quake of magnitude 4 struck 30km southwest of Christchurch at a depth of 11km just after 1am.

それ以前に早く、朝1:00AMに、マグニチュード4.0の余震がクライストチャーチから南西に30km、深さ11kmの地点で計測されています。

GNS Science said the quakes would have been felt in Canterbury.

GNSサイエンスは、この地震はカンタベリー地域で揺れを感じるものだったと述べています。


毎日このページを確認していますが、一時期揺れる回数が減ったものの、なかなか余震が収まりそうにないように見受けられます。カンタベリーに住む一部の人々は、この地震の揺れに辟易し、またニュージーランド政府の対応にも失望して、そしていつまでたっても収入の見通しが立たないことから、オーストラリアへ向かっていると報道されていました。至極当然のように思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/5005907/Three-quakes-rattle-Canterbury-this-morning

0 件のコメント:

コメントを投稿