2011年5月5日

ポーカーマシンへ向かう震災一時金

最初は笑える話なのかと思っていたらそうでもなさそうです。赤十字から支給された震災一時金が(つのるストレスを解消するため)ギャンブルで遊ぶお金になっているのではないかと指摘されています。

Inquiries by The Star have revealed that the $500 and $1000 pay outs given to people affected by the earthquake have helped fuel a surge in poker machine use since the February and September earthquakes.

9月と2月の地震が起きて以来、震災で被災した人々が得た$500と$1000の支払いが、ポーカーマシンの利益の増加を助けていることがスターによって暴露された。

Between January and March $19 million was spent on the pokies in Christchurch- up $600,000 from the same period in 2010.

1月から3月の間で$19ミリオンもクライストチャーチのポーカーマシンに費やされている - 2010年の同じ時期から$600,000も増えている。

The increase has happened despite the closure of a quarter of pokie outlets following the February 22 earthquake, and up to 10,000 people left the city immediately after the quake.

2月22日の地震により4分の1のポーカーマシンが閉鎖され、地震直後には10,000人の人々が街から去ったにもかかわらず増加が発生した。

After the September earthquake expenditure increased by over $800,000, from the July quarter to the quarter ending December 31.

7月四半期から12月31日に終わる四半期において、9月の地震のあと出費は$800,00以上増加した。

Christchurch Oasis Centre spokesman Peter Jamieson said he was aware that some people had used Red Cross grants to gamble.

クライストチャーチオアシスセンターのスポークスマン、ピーター・ジェイミーソンは、何人かの人々は赤十字の補助金をギャンブルに使っているのに気づいていた、と述べた。

(中略)

The Red Cross has paid out more than $43 million for emergency and hardship grant.

赤十字はエマージェンシーとハードシップグラントのために$43ミリオン以上の支払いをしている。

Problem Gambling Foundation national pubic health practice leader Tony Milne said: "Our research shows that when people receive a large grant, such as the Red Cross grant, gambling increases.

プロブレムギャンブリングファンデーションナショナルパブリックヘルスプラクティスリーダー(ギャンブル問題基金全国公共保険実務リーダー)、トイニー・ミルンは、私たちの調査において、赤十字などから支払われる多額の補助金を人々が受け取るとギャンブルが増加することが示されている、と述べた。


家を追い出され、職を失った人々に、貯蓄に充てられそうに無い現金を渡せば、このような結果もあるかもしれない。おろかな行為ではあるが、本当にお金のない人々からみれば千ドル少々のお金では何の希望も見出せないので楽しく使ってしまおうと考えるのも無理はないように思う。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10723370

0 件のコメント:

コメントを投稿