2011年5月9日

ガタついてきたキウィセーバー

まだちょっと流動的なのでもう少し待とうかとも思いましたが、メモ程度にアップしておきます。

このブログで述べたとおり、ニュージーランド政府の国庫はかなり厳しくKiwisaver(キウィセーバー)のコントリビューションがいずれ見直されるので注意が必要だと提起しましたが、実はこれは2度目の地震が報告された直後すでに政権内部で指摘されていた案件で、いまもなお、政府がその多大な負債から立ち上がるには程遠い状況にあります。

ちなみに、国民党政権下において、雇用主に分配されていたコントリビューションが4%から2%へ、またデフォルトコントリビューションも4%から2%へ強制的に下げられています。

いま議題にあがっているのは、毎週$20の政府からの補助金(減税)で、これをやめることにより、$662ミリオンも節約できるようです。


で、注意するにしても、何に気をつければいいのか?

まず、このキウィセーバーはあくまで(元本を保証しない)投資であって貯蓄とは一線を画して加入するものであり、必要以上の依存は避けるべきです。ニュージーランド在住の人々が話している、日本の年金と比較した過大評価にも注意が必要です。日本の年金の破綻の可能性とキウィセーバーのそれを比べても無意味です(日本の年金はその性質上破綻しません)。ニュージーランドにはもともと公的年金があり(どちらかというとこれが日本の年金に近い)、キウィセーバーは投資です(しつこくてすみません)。なので、日本に今住んでいて将来ニュージーランドへ移住を考えている方、どうしても将来が不安であれば、そして日本の年金の支払いが負担なく継続できるのであれば、それを続けるに越したことはないです。日本の年金を取り崩してまで加入する価値がいまのキウィセーバーにはあるとは思えません。このキウィセーバーは、(いまのところ)収入に余裕があれば加入するにとどめるのが一番賢明な方法だと思います。ハイリスクは必ずしもハイリターンになるとは限りません。

政府がキウィセーバーの見直しの詳細を明らかにしたときに、再度とりあげたいと思います。

The Government has confirmed it will make changes to the KiwiSaver scheme in the May 19 Budget, sparking warnings that more uncertainty will undermine savings efforts. It was revealed yesterday that the Government was eyeing cuts to the $20-a-week government subsidy, which costs $662 million a year, as well as changes that would throw costs of employer payments for public servants back on state agencies. CTU economist Bill Rosenberg said the $20-a-week member tax credit was a vital part of the scheme, which had encouraged people to put their savings into KiwiSaver. Prime Minister John Key and Finance Minister Bill English both confirmed that changes would be made as the Government took steps to turn around the Budget deficit, but they refused to disclose details. Mr English said a change would not breach faith with the electorate, referring to pledges during the election campaign. "We are dealing with a series of events which have led to a very large deficit," he said. "There will be some changes announced in the Budget along with a lot of other steps" to get the Budget deficit under control and lift national savings. Asked if it would harm confidence to make more changes, he said that, if savers "are going to save, they will save and that is what they are doing". Changes to KiwiSaver and Working for Families would make them "sustainable". But Labour finance spokesman David Cunliffe said the Government had talked up the 2011 Budget as a boost to savings and investments. "Unfortunately for all Kiwis, the rhetoric doesn't match reality." National had already weakened incentives to save with KiwiSaver by cutting employer contributions from 4 per cent to 2 per cent and reducing the default contribution rate from 4 per cent to 2 per cent.

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/4968780/KiwiSaver-changes-raise-fear

0 件のコメント:

コメントを投稿