2011年5月17日

中国で裁かれるニュージー殺人

気になったところを簡単に。

ニュージーランドで殺人を犯した中国人がそのあと直ぐに中国へ帰国、その後中国当局がこの犯人と思われる男性を殺害事件として逮捕していた事件で、このほどこの男に対し中国で裁判が行われるようです。これはニュージーランドの裁判の歴史上初めてのケースになるようです。

Auckland taxi driver Hiren Mohini, 39, died when he was stabbed, allegedly by Zhen Xiao, in the Auckland suburb of Mt Eden in January last year.

去年の1月にオークランド郊外のマウントイーデンで、オークランドタクシードライバー、39歳のハイレン・モヒニ氏がゼン・シャオにより刺殺された。

Zhen, 24, left the country a week after the slaying. He was arrested in China four months later and charged with murder.

24歳のゼンは新聞で報道された次の週にニュージーランドを出国していた。彼は中国で4ヶ月後に逮捕され、殺人の罪で訴追されている。

It will be the first time a man has been tried in another country for a murder alleged to have been committed in New Zealand.

これは、ニュージーランド国内で起きた殺人事件を、もうひとつ別の国で裁く、初めての刑事裁判になる。

New Zealand does not have an extradition treaty with China and after discussions between authorities, it was agreed he would be tried in China.

ニュージーランドは中国とは犯罪者引渡し条約がなく、ふたつの国で話し合いをしたあと、この殺人事件において彼を中国国内で裁くことに(双方の国が)同意した。

The Chinese also agreed that if convicted, Zhen would not face the death penalty.

中国はもしゼンへ有罪の判決が下されたとしても、死刑の刑を適用しないことも同意している。

He would be sentenced to life in prison with a minimum non-parole period, likely to be higher than the mandatory, minimum 10 years which applied in New Zealand, said Detective Senior Sergeant Hywel Jones, who led the murder inquiry in Auckland and will travel to China for the trial.

彼はニュージーランド国内で適用される強制的な10年の刑期よりも重い、執行猶予のない終身刑が課せられるだろう、と、彼の殺害事件をオークランドで率い、裁判のため中国へ渡航する予定である、巡査刑事ハイウェル・ジョーンズ氏は述べた。


ちなみにニュージーランドには死刑がなく、かなり深刻な殺人事件でも数年で出てくることがあるので、くれぐれも事件には巻き込まれないよう注意してください(無駄死にしかなりません)。

ネタ元:http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=10726193

0 件のコメント:

コメントを投稿