2011年5月12日

浜岡原発に関するメディアについて

止めたのが正しいのかどうか、かなり多くの識者が意見を述べているが、これはどう考えても答えはひとつしかない。

福島原発があのような状況になった以上、浜岡原発を止めるのは今しかない。だから、今それを実施したのは(国民の安全を守る国のトップとして)それほど悪い判断ではないように思う。なぜなら、原発で何かが起きた場合の対応ができない、または十分ではないことが今回の事故で明らかになっているため。

もし将来的に浜岡原発を止める可能性があるとすれば、それは次の事故が起こった後でしか考えられない。なぜなら、彼らは原発を止めるための超法規的かつ正当な理由がなければ、絶対に止める事ができない。幸運にも、今ならそれができる。

忘れてならないのは、(再度)事故が起こってからでは遅いということ。

法的におかしくても、経済に悪影響を与えようとも、福島が放射能であれだけ汚染され混乱しているのを最初で最後の災害としてとらえることなく、安全性を見直すために他の原発を止めることを考えるのは至極当然で、それを非難しているメディアがあることに違和感を感じる。

残念ながら現存する原発は生身の人間が完全にコントロールできないことが十分に露呈されている。被爆することがない、高度に制御できるロボットなどがないと、(高い放射線が現場に蔓延していた)今回のような事故が起きた場合、まったく何もできない。

もし浜岡を止めないというなら、福島の、放射線まみれの土地をすぐに改善できる(科学的な根拠に基づいた最も安全な)代替案が直ぐに提出されるべきで、それができないなら、意見する資格はない。

なぜこんなにも、日本のメディアや識者がわけのわからない的外れな意見を、さも専門家のように堂々と公共の場で発言しているのは、明らかに問題があるように思う。


0 件のコメント:

コメントを投稿