2011年5月23日

テリー・セレピソス氏が破産申請へ

詳細は過去記事(11月16日11月20日2月8日)を参照ください。


今日のヒアリング(前)で担当弁護士が辞退したようです。

Wellington property developer Terry Serepisos has effectively abandoned an application to set aside bankruptcy notices claiming more than $5 million.

ウェリントンの不動産開発者、テリー・セレピソス氏は事実上見捨てられ、$5ミリオン以上もの破産宣告の手続きが突きつけられることになった。

Instead of a hearing in the High Court this afternoon to try to knock out the bankruptcy notices, Mr Serepisos' lawyer, Justin Toebes, withdrew from the case without a replacement being hired.

今日の午後、高等裁判所で破産宣告の手続きを排除するヒアリングをする代わりに、セレピソス氏の弁護士ジャスティン・トーベス氏は代わりの弁護人が手続きされないまま、彼の弁護から辞退した。

Mr Toebes said Mr Serepisos had been told the consequences of not getting a new lawyer for the hearing.

トーベス氏は、結果的にセレピソス氏はヒアリングのための新しい弁護士を得ることがないと話されていた、と述べた。


出資者を求めてスイスへ飛んだとき、何かが起こるかもしれないと期待した人々は多かったかもしれませんが、残念ながら、ヨーロッパの経済不況にあえぐ富豪たちさえも、彼へ手助けするほどの金銭的な余裕がないことが明らかになったような気がします。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/business/money/5040294/Terry-Serepisos-bankruptcy-case-to-proceed

0 件のコメント:

コメントを投稿