2011年5月29日

専門家もびっくりの解体作業の遅さ

それなりの事情があるようです。

An international expert in disaster recovery is shocked at the slow pace of deconstruction work in Christchurch's quake-damaged central city and is questioning why demolition crews are not working weekends.

災害復興の世界的な専門家がクライストチャーチ地震で損傷している中心街で行われているゆっくりとした解体作業に衝撃を受け、なぜ解体作業員が週末も働かないのか疑問に思っている。

"Teams should be working seven days a week," Cameron Sinclair, chief executive of the international agency Architecture for Humanity told the Sunday Star-Times during a whistle-stop visit to Christchurch.

(解体作業)チームは7日間働くべきだ、インターナショナルエージェンシーアーキテクチュアーフォヒューマニティのチーフエグゼクティブ、キャメロン・シンクレアーは短時間でクライストチャーチに訪れた際にサンデースタータイムズへ話した。

When the Star-Times visited the red-zone last weekend, machinery was sitting idle and there was no demolition work under way despite the perfect weather conditions. The explanation given for the lack of activity was that by the weekend workers were so tired it became "almost dangerous" to continue.

スタータイムズがレッドゾーンを週末に訪れたとき、天候は快晴だったにもかかわらず建設機械は運転しておらず解体作業は行われていなかった。なぜ作業が行われていないのかを問うと、現場で働く人々は週末には休まないと非常に疲れており、継続するには危険すぎると説明を受けていた。

But Sinclair, who helped with the rebuild of New Orleans after Hurricane Katrina, said the city could not afford to take weekends off when there were so many buildings that needed to come down before any reconstruction work could begin.

しかし、ハリケーンカトリーナのあとニューオーリンズの再建を手伝ったシンクレアーは、再建の仕事が始まる前にたくさんの建物の解体が必要なとき、市のために働く人々は週末を休む余裕などない、と述べた。

The Canterbury Earthquake Recovery Authority (Cera) has identified around 1000 buildings in Christchurch's CBD which need to be demolished.

カンタベリーアースクエィクリカヴァリーオーソリティ(CERA)はクライストチャーチCBD内で解体が必要な建物1000棟を特定している。

Sinclair said Cera should be negotiating with contractors that they worked seven days a week – even if it meant having to take on more staff.

シンクレアーは、CERAはそれがスタッフを増やす意味となったとしても、コントラクターズが7日間働くよう彼らと交渉すべきだ、と述べた。

"It's almost like putting on a world cup right? You have a deadline and you hit it. People get bonuses if they make a deadline and they get fired if they don't. Think of this like putting on a huge event, but the event is the rebirth of the city," he said.

それはワールドカップにぎりぎり間に合わせたいわけでしょう?あなたは目標とする期限がある。人々はもし期限内に仕事を終わらせればボーナスを与えられ、もしダメならクビになる。とても大きなイヴェントにおいてもこのように考えられるが、このイヴェントは街の復興だ。

A spokeswoman for Cera said as an increasing number of buildings were signed off for demolition, the authority expected to see contractors working longer hours and over the weekends.

CERAのスポークスマンはサインされた解体する建物の数は増えており、当局も現場で働く人々が長時間そして週末も働くだろうと予期していた。

Asked if the authority was happy with the current pace of the deconstruction work, the spokeswoman said: "The assessment of each building is determined between the building owner, insurance company and Cera. However, ultimately the decision for demolition lies with the building owner. The work could always be faster, however we appreciate the complexity of making such decisions."

現在の現場作業のスピードで当局が満足しているのかどうか尋ねたところ、スポークスマンは: それぞれの建物において解体されるかどうかを評価するさい、CERA、保険会社、そして建物のオーナー立会いのもと決定されている。しかしながら、解体は究極的には建物のオーナーの決定に委ねられている。解体作業は早めることはいつでもできるかもしれない、しかしながら、私たちはそれらの決定が複雑であることに感謝している。


誰が悪いわけではなさそうです(ただしサンデースタータイムズが受けた言い訳と、CERAが言っている言い訳に違いはありそうです)。なので、以前このブログでも当局のおかしな対応の記事を取り上げましたがそれとはちょっと赴きが違うようです。ビルのオーナーがこの解体を決定する前に、必ず保険会社の支払いを確約する必要があるようで、相応の資金が準備されていない限り、即答は難しいようです。もしかすると9月のWRCに(解体作業の完了が)間に合わないかもしれませんが、クライストチャーチで行われる試合はすべてキャンセルされているので、それほどの影響もないように思います。

ネタ元:http://www.stuff.co.nz/national/christchurch-earthquake/5069848/Slow-Christchurch-demolition-shocks-expert

0 件のコメント:

コメントを投稿