2011年5月16日

守られるいくつかの中絶の秘密

ごく一般の人々でさえ知られていなかった事実のように思います。かなり重い記事なので全文です。かなり雑ですが(苦笑)、読むに値すると思います。

The Sunday Star-Times sparked the debate with a story of a shocked parent's outrage that her daughter had an abortion arranged by her school counsellor without the mother's knowledge.

サンデースタータイムズは、ある両親との議論であった、学校のカウンセラーによって、母親が知ることなく、彼らの娘が中絶をアレンジされていたことに彼らが衝撃を受けていた話を暴露した。

The 2004 Care of Children Act means girls under 16 can get an abortion without telling their parents.

2004ケアオブチルドレンアクトは、16歳の少女は彼らの両親へ告げることなく中絶ができることを意味している。

"When it comes to contraception and abortion, they [counsellors] would need the consent of the person before they could share information with a parent or the school," lawyer Kathryn Dalziel told the paper.

産児制限そして中絶の場合において、彼ら「カウンセラー」は両親や学校とその情報を共有する前に当事者の同意を必要としている、カサリン・ダルジール弁護士は記者へ話した。

Without that protection teenage girls would not tell counsellors a thing, Dalziel said.

10代の少女たちは保護されなければ、カウンセラーへ何も話さない、ダルジール氏は述べた。

Nearly 80 teenagers a week are getting terminations.

毎週80人近くの10代が妊娠中絶をしている。

A poll commissioned by lobby group Family First last year found four out of five parents think they should be told if their daughter is considering having an abortion.

去年ロビーグループであるファミリーファーストによって委託された投票によると、5組のうち4組の両親が、もし彼らの娘が中絶を考えているのならそれを伝えるべきだと考えていることを示している。

Abortion Law Reform Association past president Dame Margaret Sparrow said most children tell their parents there's no need to change the law.

アボーションロウリフォームアソシエーション前代表、デイム・マーガレット・スパロウは、ほとんどの子供たちは両親へそのことを告げているので法律を変える必要はないと述べた。

She said the Care of Children Act was supported by childcare agencies and the medical profession because they saw the danger in making it compulsory when some children come from dysfunctional families.

彼女は、ケアオブチルドレンアクトは、問題を抱えている家族から来ている幾人かの子供たちがそれに直面したとき、(情報開示を)強制的に実施することが危険であるため、チャイルドケアエージェンシーとメディカルプロフェッション(医療専門医)により支持されていると述べた。

She said the law is vital in protecting vulnerable teens from coercion and abuse, adding that is particularly true where there's incest or sexual abuse within a family, or where a child is not brought up in a supportive environment.

彼女は法律は極めて重要なもので、特に家族内での性的な虐待や近親相姦、またはその家族において子供が育つことができる支援環境にないなど、無理強いや虐待から救い、危機的な少女たちを保護している、と述べた。

"Clearly, it would be upsetting to discover your child had gone through a termination that you could have supported them through," said Mothers for Choice spokesperson Rebecca Matthews.

明らかに、もしあなたが支援できるはずの、あなたの子供が中絶をしてしまったことを発見することは、動揺させる出来事ではある。マザーズフォーチョイスのスポークスマン、レベッカ・マシューは述べた。

"But that upset cannot outweigh young women's access to the health services they need and their rights as patients."

しかし、その動揺が、若い女性たちが必要とする医療と、(彼女たちの)患者としての権利を上回ることがあってはならない。

But Family First calls for the vital role of parents to be respected when it comes to teen abortions.

しかし、ファミリーファーストは、10代の中絶の場合は、両親の極めて重要な役割が尊重されるべきだと訴えている。

Family First national director Bob McCoskrie said parents have to give permission for their child to go on a school trip to the zoo or even to wear different shoes.

ファミリーファーストナショナルディレクター、ボブ・マッコスクリー氏は、学校の道のりで動物園に行くことや、違った服を着るための許可を彼らの両親が与えるべきだと述べた。

He said if their child is pregnant and the school counsellor or Family Planning want to sneak them off for an abortion, the parents can be totally excluded from that decision.

彼は、もし彼らの子供たちが妊娠し、学校のカウンセラー、またはファミリープランニングが内緒で中絶をさせたとき、彼らの親たちは完全にその決定から除外されることになる、と話した。

McCoskrie said that is completely unacceptable.

マッコスクリー氏は、それはとてもではないが受け入れることができないと述べた。


もう少し視野を広げて問題を眺めると、当事者の精神状態も最大限考慮されるべきで、もし精神的に病んでいたり脆くなっている場合、(両親の許可や判断を必要としない)何か別のサポートは必要に感じられます。それがないと、彼らは自分を傷つけたり、自殺を試みたり、また、街角に立ち始めたりしないとも限らないので、その時々で正しい治療法や指導方法を選択する必要があるし、それらすべてにおいて誰が責任を負うことができるのか、深く考えるべき問題のように思います。

ネタ元:http://tvnz.co.nz/health-news/some-abortion-secrets-need-kept-say-advocates-4171748

0 件のコメント:

コメントを投稿